アレルギー疾患, 皮膚疾患, 眼疾患, 精神疾患, 絡穴〔去痰化瘀〕, 耳疾患, , 脳、神経症状, 自己免疫疾患, 足陽明胃経, 合(水/土)穴(下合穴)〔逆気而泄を治す〕, 心包, 慢性疲労、虚弱体質, 手厥陰心包経, 抜け毛、円形脱毛症, 消化器疾患, 代謝障害

保護中: 配穴の陰陽-【足陽明胃経】-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
むくみ、冷え症, 皮膚疾患, 精神疾患, 経外奇穴, 足陽明経筋, 足陽明胃経, 榮(火/水)穴〔身熱を治す〕, 消化器疾患

内庭(ないてい) ※裏内庭(うらないてい)

ST44)内庭(nei4ting2)(ないてい)

【取穴】足背、第2・第3足指間、みずかきの後縁、赤白肉際。

【名の由来】「庭=居住地」。本穴の効能が内証を主治とする事から。子宮を内庭と称する事もあり、下腹部の疾患に著効があるからとも。

【要穴】『足陽明経榮水穴(土経水穴/土克水)』

【作用】〔瀉〕裏熱泄瀉・清胃湿熱・理気鎮痛・養筋活絡

【弁証主治】

◆胃実証「身熱を治す/土克水」

発熱・アレルギー疾患・自己免疫疾患・黄疸・鼻血・チック・頚部リンパ節腫・消化器症状・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経(経筋)病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/胃腸系の感染症・聴覚過敏・歯痛・よくあくびする・喉痛・四肢の冷え・蕁麻疹、帯状疱疹など』】

【主症配穴】

+上星…眼痛

+合谷…鼻血

+太渓…上歯痛

+通里…あくび

+太衝…喘息

+懸鐘…心窩部からお腹の張り〔瀉法〕

+足臨泣…下腹部の張り〔気滞性なら内庭に、水湿が診られる様なら臨泣を〕〔瀉〕

+僕参…踵の問題?〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会に「吐腹の病の妙灸の穴」とある。細菌性の下痢に効果が高い。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

―――――――――――――――――

裏内庭(li3nei4ting2)(うらないてい)  ※経外奇穴…日本由来と思われる。

【取穴】足底、第2・第3足指間。

【名の由来】本穴が内庭の裏面(足底面)にある事から。

【主治】急性胃腸炎・小児の消化不良・足指の痛み・小児のひきつけ

【症例/個人的見解】

・日本では消化器系へ用いる事が多く〔灸法〕、中国ではひきつけやてんかんに用いる事が多い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048‐851-9675

経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 足陽明胃経

解渓(かいけい)

ST41)解渓(jie3xi1)(かいけい)・鞋帯

【取穴】足関節前面、足関節前面中央の陥凹部、長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間。

※足関節を背屈させたときに足背に明瞭に現れる2つの腱の間で、内果尖、外果尖を結ぶ線上の中点にある。

【名の由来】「解=緩める」「渓=凹み」。本穴が下脛腓関節の陥凹部にあり、靴紐を解く処にある事から。

【要穴】『足陽明経経火穴(土経火穴/火生土/自経母穴)』

【作用】

〔補〕火生土

〔瀉〕胃火清降・清宣陽明・気血宣通・疏筋利節

【弁証主治】

◆胃陰虚証「喘咳寒熱を治す/虚すれば其の母を補う」

アレルギー疾患・自己免疫疾患・発熱・多汗・黄疸・鼻血・チック・頚部リンパ節腫・喉の炎症、咳嗽・消化器症状・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・※鵝口瘡・足陽明経上の熱感など

【配穴】

+百会…発作性の痙攣・ひきつけ

+通里…頭痛・眼の充血

+合谷〔灸〕…眉陵の強い痛み・めまい

+陽交…強い動悸、心痛

 

※鵝口瘡(雪口)…小児に多く、心脾二経の積熱による。猩紅熱に近いか?口中の糜爛・舌の表面に白屑の様な苔が大量に覆っている・口舌の痛み・身体が熱い・胸苦しさなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675