疼痛, , 脳、神経症状, 脳力・認知機能向上, 足少陽胆経

保護中: -頭蓋と脳と【胆】について-【足少陽胆経】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
足少陽経筋, 足少陽胆経, 井(木/金)穴〔心下満を治す〕

足竅陰(あしきょういん)

GB44)足竅陰(zu2qiao4yin1)(あしきょういん)

【取穴】足の第4指、末節骨外側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

【名の由来】本穴の主治が頭竅陰と同様である事から。

【要穴】

『足少陽経井金穴(木経金穴/金克木)』

『根結:足少陽之根』

『標本:足少陽之本』

【作用】〔補瀉〕清熱養陰

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱、炎症 〔巨刺瀉血〕、往来寒熱・リンパ節腫・多汗・意識障害・萎縮性舌炎〔金針で瀉血〕・萎縮性胃炎・出血傾向・脈弦急~洪数・※癰疽など

◆胆鬱証 「心下満を治す」

几帳面な性格、イライラして怒りやすい・強迫観念・悪夢・呼吸困難・胸苦しさ・瘕聚・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・急性の難聴、耳鳴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・足第4指の痛み、マヒ

【弁証配穴】+光明+環跳…足少陽絡脈の実証〔繆刺法…反対側を瀉血〕

【主症配穴】

+手三里…上肢痛・手指のこわばり〔瀉法〕

+強間…頭痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高い。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

 

※癰疽・瘍疽…癤が一カ所に群生し、互いに癒合して大きな硬結を作るもの。潰瘍の大きいもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 榮(火/水)穴〔身熱を治す〕

侠渓(きょうけい)

GB43)侠渓(xia2xi1)(きょうけい)・夾渓

【取穴】足背、第4・第5指間、みずかきの近位、赤白肉際。

【名の由来】「侠渓=細い溝」。本穴の位置から。

【要穴】『足少陽経榮水穴(木経水穴/水生木/自経母穴)』

【作用】

〔補〕補胆

〔瀉〕疏肝清熱・舒筋活絡

【弁証主治】

◆胆(虚)熱証「身熱を治す/虚すれば其の母を補う」

悪寒戦慄をともなう高熱、往来寒熱・多汗・耳下腺炎・貧血、血液疾患・乳腺炎・几帳面な性格、イライラして怒りやすいなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・耳鳴、難聴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・足第4指の痛み、マヒ

【配穴】

+陽谷…顎下リンパ節腫

+足陽関…膝股痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
禁灸穴, 足首、足、踵痛, 足少陽胆経

地五会(ちごえ)

GB42)地五会(di4wu3hui4)(ちごえ)・地五

【取穴】足背、第4・第5中足骨間、第4中足指節関節近位の陥凹部。

【名の由来】本穴が、足が腫れて五趾が地につかない状態を治す事から。

【作用】〔瀉〕利胆疏肝

【弁証主治】◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・足の炎症・足第4指の痛み、マヒ

【配穴】

+光明…眼の痛痒〔瀉法〕

+梁丘…乳腺炎〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・甲乙経に「禁灸穴」とある。何故か?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
めまい、気象病, 眼疾患, 腰背部痛, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 兪(土/木)穴〔体重節痛を治す〕, 八宗穴(八脈交会穴), 婦人科疾患, 帯脈, 消化器疾患

足臨泣(あしりんきゅう)

GB41)足臨泣(zu2lin2qi4)(あしりんきゅう)

【取穴】足背、第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部。

【名の由来】本穴の効能が頭臨泣と相対し、眼病諸症を治す事から。

【要穴】

『足少陽経兪木穴(木経木穴/木気の強い穴)』

『八宗穴/八脈交会穴(×帯脈)』

【交会】※一説には足太陽経との交会とも。

【作用】〔瀉〕利胆疏肝・利胸膈・清頭目・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

過敏性腸症候群・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・痔、脱肛・泌尿器、婦人科疾患、生理不順〔灸1壮〕など

◆足少陽経(筋)病「体重節痛を治す」

黄疸・半身不随、運動機能障・頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・乳腺炎・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など


◆膀胱実証「木経木穴/水生木/実すれば其の子を瀉す」

風邪・発熱による疼痛・顔色が黒い・自律神経失調など

【主症主治】めまい眼疾患・足首痛・足第4指痛

【弁証配穴】『八脈交会配穴:臨泣+外関』…上焦熱証

【主症配穴】

+中渚…めまい〔瀉法〕

+率谷…偏頭痛

+合谷…顔の諸症

+通天…鼻づまり〔瀉法〕

+陽交…胸苦しさ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木陽経の木穴は全経穴中、最も木陽性が強い。そういう意味では水性(腎/膀胱・骨髄・耳/二陰など)に対する瀉法にも応用できるのではないだろうか?

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高いが、足臨泣にはあまり精神疾患への主治がない。帯脈の性質が強いためか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
筋の過緊張、こわばり, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 原穴, 柔軟性向上・ストレッチ

丘墟(きゅうきょ)

GB40)丘墟(qiu1xu1)(きゅうきょ)

【取穴】足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方。

※抵抗に抗して足の第2指から第5指を伸展させると、長指伸筋腱が明瞭に現れる。

【名の由来】「丘=小さい隆起」「墟=大きい隆起」。本穴が外果の際にある事から。

【要穴】

『胆原穴(木性)』

『根結:足少陽之溜』

【作用】

〔補〕補益原気・扶正袪邪・疏肝健脾

〔瀉〕利胆疏肝・駆邪散滞・清宣少陽・鬱熱消散

【弁証主治】

◆胆病

悪寒戦慄をともなう高熱、往来寒熱・リンパ節腫・胆石〔透照海〕・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆心病

健忘・睡眠障害・貧血、血液疾患・喉渇・心痛・動悸、胸苦しさ・掌の火照り・臍上の強い拍動、※癥積・静脈瘤・冷えのぼせなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・耳鳴・難聴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・肩痛・脇肋、側腹部痛・鼠径部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・外踝痛・足甲痛・足第4指の痛み、マヒ・ガングリオン

【弁証配穴】

『原絡配穴(胆⇒肝):丘墟+蠡溝』…胆病/筋病
『原募配穴(足少陽経):日月+丘墟』…足少陽経病
『原合配穴(少陽経):丘墟+陽陵泉』…足少陽経(筋)病

【主症配穴】

+曲池…胆嚢炎・肝炎〔丘墟透照海〕〔黄疸が強い場合は腕骨・至陽を追加〕

+金門…こむら返り

+竜眼〔瀉血〕…帯状疱疹〔丘墟透照海〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち胆原穴である丘墟は、手少陰心経の病(主に所生病)も主治とする。

・丘墟を打つ際は、照海の方へ向けて刺鍼することが基本。

 

※癥積…腹内に明確なしこりがあって、痛みや張りが強く、固定して移動しないもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 脳、神経症状, 膝痛, 足首、足、踵痛, 足少陽胆経, 八会穴, 中風七穴

懸鐘(けんしょう)/絶骨(ぜつこつ)

GB39)懸鐘(xuan2zhong1)(けんしょう)/絶骨(jue2gu3)(ぜっこつ)・髄会・維会

【取穴】下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方三寸。

【名の由来】

懸鐘:「懸鐘=釣鐘」。本穴の位置で筋肉に覆われていた腓骨が現れる様を釣鐘に喩えて。「鐘=種(精)」の意味もあり、本穴が髄会である事からとも。

※余談ではあるが、古代日本の銅鐸(鐘)も、一説には蛇の蛋を模したとされる。蛇は不死再生の象徴であったことなどから、「鐘=精」を結び付ける発想は古代の共通意識にあったかもしれない。

絶骨:本穴の位置で腓骨が肉に覆われ、触れなくなる事から。

【要穴】『八会穴:髄会』

【交会】・経絡(3):足三陽之大絡』

【作用】

〔補〕補髄壮骨

〔瀉〕通暢経気・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆髄/腎(骨・筋・血)病〔寒証ならば補、熱証ならば瀉〕

下垂体の機能障害・※尸厥・悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・黄疸・多汗・リンパ節腫・出血傾向、貧血、血液疾患・運動機能障害、チック・痴呆・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・不眠・視力の低下・回転性めまい・耳鳴、難聴・顔色が黒い・喘息・萎縮性胃炎・腰痛・泌尿器、婦人科疾患疾患・下痢・痔・更年期障害・アレルギー疾患・自己免疫疾患・四肢が重だるい、冷える、筋力低下・※脳疽など

◆足少陽経病

片頭痛・口苦・溜息・脇肋痛・皮膚の乾燥など

【主症主治:『脚気八処之穴の八/脚気・股関節痛・下肢痛・足首痛』】 

【弁証配穴】『郄会配穴(髄):懸鐘+交信・跗陽・水泉』…髄病

【主症配穴】

『中風七穴:百会+風池(曲鬢)+肩井+大椎(風市)+足三里+懸鐘(間使)+曲池/半身不随』

『八会配穴(筋髄):陽陵泉+懸鐘/変形性腰椎症・腱鞘炎・捻挫』

+風池〔補〕…猫背〔懸鐘は瀉〕

+上星〔灸27壮〕…鼻血

+内庭…心窩部からお腹の張り〔瀉法〕

+風市…腰椎すべり症

【症例/個人的見解】

・足三陽経はそれぞれ血病・筋病・骨病に関係する。懸鐘は足三陽之大絡であることから、血・筋・骨の本である「髄」の治療に適している。故に髄海と呼ばれる。

・脚気には、先ずビタミンB1の摂取と吸収率の改善を。

 

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など

※脳疽・脳疽・脳後発・項中疽・対口(人面疽的な呼称)…後頭部、瘂門~大椎の間に生じる癰疽。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675