ED、男性不妊、泌尿器疾患, 能力開発, 致命三十六穴, 足厥陰肝経, 足太陰脾経, 足少陰腎経, 募穴〔瀉実〕, 婦人科疾患, 小腸, 慢性疲労、虚弱体質, 任脈

関元(かんげん)/丹田(たんでん)/下丹田

CV4)関元(guan1yuan2)(かんげん)・丹田(dan1tian2)(たんでん)・下丹田・胞門・子宮・血海・次門・下紀・大中極・子戸・子腸・産門・三結交・子処・肓原・小腸募

【取穴】下腹部、前正中線上、臍中央の下方三寸。

【名の由来】「関=関所」「元=元気」。本穴が臍下丹田に位置し、元気が生じる要である事から。

【要穴】

『小腸募穴』

『前三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。

【交会】・経絡(4):任脈-足三陰経

【作用】

〔補〕補益腎陽・回陽固脱・引火帰元・陽気温通

〔瀉〕導赤通淋・消積散滞・通経行血・遂寒散血

【弁証主治】

◆小腸病/液病

黄疸・躁鬱、統合失調症・顔が赤い・リンパ節腫・口渇・便秘・過敏性腸症候群、下痢・脈浮洪・13:00~15:00あるいは01:00~03:00の異常など

◆肝病

貧血、血液疾患・急性のめまい・吐き気・脇肋の不快感・腰背から睾丸にひきつれる痛み・臍左の強い拍動・四肢が重だるい、冷える、むくむ・筋肉がつりやすいなど

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・つわり〔灸27壮〕・尿管結石・下腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆足太陰経病

嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱、萎縮性胃炎など

◆足少陰経病

痴呆・視力の低下・耳鳴、難聴・萎縮性舌炎・毛細気管支炎、肺炎など

◆足厥陰経病

腰痛・性欲の異常・更年期障害など

【主症主治】※脱証・諸虚百損、強い冷え性

【弁証配穴】

『兪募配穴(小腸):関元+小腸兪』…小腸病

『募合配穴(小腸):関元+下巨虚』…小腸実熱証〔瀉法〕

『原募配穴(手太陽経):関元+腕骨』…手太陽経病

【主症配穴】

+上巨虚〔瀉〕…口内炎

+帯脈…※奔豚〔金鍼〕

+大敦…※腎疝

+腎兪…慢性腎炎 〔関元は灸〕

+大腸兪…※霍乱・便漏れ〔関元は補〕

+長強…下痢 〔火鍼〕

+太衝〔瀉〕…虫下し

+大陵…血尿

※無症性血尿は膀胱腫瘍(膀胱癌)の可能性もある。要注意。

+陰陵泉〔瀉〕…尿が濁る

+三陰交〔瀉〕…生理痛

【症例/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち小腸募穴である関元は、肝の病も主治とする。

・個人的には、「関」の付く経穴は、筋骨格系の疼痛に有効なように感じる。本穴に関しては、得気が「期門」周辺に走る感じがするが・・・。

・経絡理論的には、妊娠悪阻に対して最も有効と考えられるが・・・現実的には難がある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・EDに対する新穴として、神闕~曲骨を3等分した時の2点と、神闕~曲骨の中点から左右外方へ一寸の計4穴を「陽萎穴Ⅲ号」とする。

 

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。パニック症候群に類する。

※腎疝…臍下が急に疼痛し、小便頻清。五脈全てが洪緩渋沈急、皆虚しており、腎脈のみ急していないもの。

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
精神疾患, ED、男性不妊、泌尿器疾患, 膀胱, 致命三十六穴, 足厥陰肝経, 足太陰脾経, 足少陰腎経, 募穴〔瀉実〕, 妊婦禁鍼, 任脈

中極(ちゅうきょく)

CV3)中極(zhong1ji2)(ちゅうきょく)・気原(qi4yuan2)(きげん)・玉泉・膀胱募・気魚

【取穴】下腹部、前正中線上、臍中央の下方四寸。

【名の由来】「極=端」。本穴が正中線上の下端にある事から。星の名に由来するとも。

【要穴】『膀胱募穴』

【交会】・経絡(4):任脈-足三陰経

【作用】

〔補〕化気行水・膀胱約束・温補腎陽・補腎培元

〔瀉〕尿竅開通・小便通利・清瀉膀胱湿熱・通経活血・温経散結・活血去瘀

【弁証主治】

◆膀胱病

泌尿器疾患・痔・顔色が黒いなど

◆肺虚証

呼吸器の虚弱・咳嗽、喘息・自律神経失調など

◆任脈病

婦人科疾患・下腹部のしこり・糖尿病など

◆足太陰経病

※尸厥・貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・出血傾向など

◆足少陰経病

痴呆・視力の低下・耳鳴、難聴など

◆足厥陰経病

腰痛・性欲の異常・更年期障害など

【弁証配穴】

『兪募配穴(膀胱):中極+膀胱兪』…膀胱病

『募合配穴(膀胱):中極+委中』…膀胱湿熱証

『原募配穴(足太陽経):中極+京骨』…足太陽経病

【主症配穴】

+委中…腰痛

+照海…陰部の痒み〔瀉法〕

+太渓…頻尿

+曲泉…排尿痛

+商丘…不妊

+外陵… 男性不妊〔瀉法〕

+肩井…胎盤がでない〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち膀胱募穴である中極は、肺の病も主治とする。

・古典には「妊婦禁鍼」とある。要注意。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・チベット医学では性欲の過剰亢進や異常性癖など(性の精神異常)に本穴を用いるらしい。灸法。

 

※尸厥…突発性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, バランス向上, 疼痛, 発汗調整, 絡穴〔去痰化瘀〕, 足太陰経筋, 足太陰脾経

大包(だいほう)

SP21)大包(da4bao1)(だいほう)

【取穴】側胸部、第6肋間、中腋窩線上。

※側臥して上腕を外転したとき、中腋窩線と第6肋間の交点にある。

【名の由来】「包=統括」。本穴が「脾之大絡」であり、陰陽諸経を統括し、臓腑四肢を滋養する働きがある事から。

【要穴】『脾之大絡/淵腋の下三寸から出て、胸脇に分布する』

【作用】〔瀉〕理気活絡

【絡脈主治】脾之大絡脈の問題

〔補〕全身の関節の不和・不随意運動(ジストニアなど?) 

〔瀉〕全身の痛み(線維性筋痛症など?)

【弁証主治】

◆足太陰経(筋)病

貧血、血液疾患・動悸、心窩部痛、胸苦しさ・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・出血傾向・萎縮性舌炎、嚥下困難・脇腹~臍の引きつれ・背深部の痛み・婦人科疾患・更年期障害・股関節痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・脈浮緩など

【主症主治】顔の多汗

【症例/個人的見解】

・『脾之大絡』という点で言えば、大包は全経絡に交会しているとも言えるのだろうか?

・本穴が具体的にどういう機能を有するかはハッキリしない(臨床でも使いづらい場所なので)。古典には「実すると全身が尽く痛み、虚すると全身の関節に問題が生じる」とあるので、線維性筋痛症やリウマチなどへの応用は可能か?

脾之大絡脈の病の記述や、足太陰経筋のラインを考えるに、胸裏に入る経筋は大包と関係するのでは?

 

・橋本敬三氏著『からだの設計にミスはない』の中で、乳幼児の発育向上と疾病予防に対し、「脇腹を軽くくすぐってやると、その刺激に反応して手足をキクキク動かして勝手に運動系を調節する。万事それでOKである」とある。大包の絡脈主治に対してとても興味深い示唆であると感じる。

・首から上の汗を抑える方法として「舞妓の高帯」と呼ばれる方法がある。皮膚圧反射を利用するもので、胸郭上部を帯などで圧迫することで、帯より上の発汗を抑制し、代わりに帯より下の発汗が増す。ツボとしては本穴と大包を挙げるものが多いが、あまりツボに拘る必要はないかも。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】

足太陰脾経

周栄(しゅうえい)

SP20)周栄(zhou1rong2)(しゅうえい)・周営

【取穴】前胸部、第2肋間、前正中線の外方六寸。

※SP20)周栄、ST15)屋翳、KI25)神蔵は、第2肋間の曲線に沿って並ぶ。

【名の由来】「周=全身」「栄=栄養」。脾気が本穴より出て全身を巡り栄養する事から。

【作用】〔瀉〕寛胸理脾

【弁証主治】◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】

足太陰脾経

胸郷(きょうきょう)

SP19)胸郷(xiong1xiang1)(きょうきょう)

【取穴】前胸部、第3肋間、前正中線の外方六寸。

※SP19)胸郷、ST16)膺窓、KI24)霊墟は、第3肋間の曲線に沿って並ぶ。

【名の由来】「郷=病の在処」。本穴が胸部疾患を主治する事から。

【作用】〔瀉〕理気寛胸

【弁証主治】◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

【主症主治】胸肋のつかえ・胸背痛

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】

アレルギー疾患, 足太陰脾経

天渓(てんけい)

SP18)天渓(tian1xi1)(てんけい)

【取穴】前胸部、第4肋間、前正中線の外方六寸。

※SP18)天渓、ST17)乳中、KI23)神封は、第4肋間の曲線に沿って並ぶ。

【名の由来】「天=胸腔」「渓=渓流」。本穴が乳首の脇に在り、乳汁分泌の効がある事から。

【作用】〔瀉〕疏肝理気

【弁証主治】

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

【主症主治】アレルギー疾患・母乳が出にくい・乳腺炎

【症例/個人的見解】

・「天」の字がつくツボは、リンパ系の走行に多く分布している。免疫系への治療効果を期待できるかも。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】

足太陰脾経

食竇(しょくとく)

SP17)(shi2dou4)(しょくとく)・命関

【取穴】前胸部、第5肋間、前正中線の外方六寸。

※SP17) 食竇、ST18)乳根、KI22)歩廊は、第5肋間の曲線に沿って並ぶ。

【名の由来】「食竇=食道」。本穴が食道疾患を主治する事から。

【作用】〔瀉〕理気寛胸

【弁証主治】◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】