妊婦禁灸, 妊婦禁鍼, 婦人科疾患, 手厥陰心包経

保護中: 妊娠中の経絡は? -景岳全書より-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
精神疾患, ED、男性不妊、泌尿器疾患, 膀胱, 致命三十六穴, 足厥陰肝経, 足太陰脾経, 足少陰腎経, 募穴〔瀉実〕, 妊婦禁鍼, 任脈

中極(ちゅうきょく)

CV3)中極(zhong1ji2)(ちゅうきょく)・気原(qi4yuan2)(きげん)・玉泉・膀胱募・気魚

【取穴】下腹部、前正中線上、臍中央の下方四寸。

【名の由来】「極=端」。本穴が正中線上の下端にある事から。星の名に由来するとも。

【要穴】『膀胱募穴』

【交会】・経絡(4):任脈-足三陰経

【作用】

〔補〕化気行水・膀胱約束・温補腎陽・補腎培元

〔瀉〕尿竅開通・小便通利・清瀉膀胱湿熱・通経活血・温経散結・活血去瘀

【弁証主治】

◆膀胱病

泌尿器疾患・痔・顔色が黒いなど

◆肺虚証

呼吸器の虚弱・咳嗽、喘息・自律神経失調など

◆任脈病

婦人科疾患・下腹部のしこり・糖尿病など

◆足太陰経病

※尸厥・貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・出血傾向など

◆足少陰経病

痴呆・視力の低下・耳鳴、難聴など

◆足厥陰経病

腰痛・性欲の異常・更年期障害など

【弁証配穴】

『兪募配穴(膀胱):中極+膀胱兪』…膀胱病

『募合配穴(膀胱):中極+委中』…膀胱湿熱証

『原募配穴(足太陽経):中極+京骨』…足太陽経病

【主症配穴】

+委中…腰痛

+照海…陰部の痒み〔瀉法〕

+太渓…頻尿

+曲泉…排尿痛

+商丘…不妊

+外陵… 男性不妊〔瀉法〕

+肩井…胎盤がでない〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち膀胱募穴である中極は、肺の病も主治とする。

・古典には「妊婦禁鍼」とある。要注意。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・チベット医学では性欲の過剰亢進や異常性癖など(性の精神異常)に本穴を用いるらしい。灸法。

 

※尸厥…突発性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

陽維脈, 足少陽胆経, 妊婦禁鍼, 中風七穴

肩井(けんせい)

GB21)肩井(jian1jing3)(けんせい)・膊井

【取穴】後頚部、第7頚椎棘突起と肩峰外縁を結ぶ線上の中点。

【名の由来】「井=陥凹」。本穴の位置から。

【交会】・経絡(4):手足少陽経-足陽明経-陽維脈

※-鍼灸甲乙経-には「手少陽、陽維之会」、-鍼灸大成・聚英-には「手足少陽、足陽明、陽維之会。連入五臓」とある。

【作用】〔補多瀉少〕通経活絡・割痰開竅

【弁証主治】

◆少陽経病

多汗・偏頭痛・耳鳴、難聴・聾唖・口苦・溜息・肩、肩胛骨痛・上肢痛、マヒ、火照り・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節腫・てんかん、意識障害・産後の手足の冷え・めまい・胸苦しさ・腰痛など

【主症配穴】

『中風七穴:百会+風池(曲鬢)+肩井+大椎(風市)+足三里+間使(懸鐘)+曲池/半身不随』

+中極…胎盤がうまくでない〔瀉法〕

【症例】

・深刺は危険。もし深刺により悶倒した際は急ぎ「足三里」を補すること。

・-玉竜歌-に、「肩井は真気の集まる処なので、補多瀉少が良い」とある。要注意。

・妊娠初期は禁忌。

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

 

※副腎皮質機能亢進症

・クッシング症候群…糖質コルチコイドの過剰分泌によって生じる。満月様顔貌・体内の蛋白質減少・高血糖・高血圧・精神異常など。

・コン症候群…電解質コルチコイドの過剰分泌によって生じる。Na⁺貯留・K⁺消失・多尿・多飲・高血圧・虚弱など。

・副腎性器症候群…副腎アンドロゲンの過剰分泌によって生じる。女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 腰背部痛, 致残十八穴, 風邪、呼吸器疾患, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 妊婦禁鍼

昆侖(こんろん)

BL60)昆侖(kun1lun2)(こんろん)・崑崙・下崑崙・厥陽

【取穴】足関節後外側、外果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

【名の由来】神山の名。本穴が頭部の諸疾患(特に水病)を主治する事から。

【要穴】

『足太陽経経火穴(水経火穴/水克火)』

『根結:足太陽之注』

【交会】・経筋:足太陽経筋の結す処(踵外、外踝)

【作用】〔瀉〕鬱熱清降・泄血去瘀・寒湿温散・通絡散滞・清利頭目・舒筋活絡

【弁証主治】

◆傷寒太陽病「喘咳寒熱を治す/水克火」

急性の悪寒発熱、咳嗽・小児のひきつけ〔灸〕など

◆足太陽経(経筋)病

発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛〔瀉血+局所灸〕・身体を揺すれないなど

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/急性の喘息発作、強い胸苦しさ・腰、臀部のひきつれ〔鍼7分+灸5壮〕』】

【配穴】

+犢鼻…風邪

+湧泉…身体の奥の鈍痛

+承山…眼痛・こむらがえり

+中封…急性腰痛〔瀉法〕

+養老…腰椎椎間板ヘルニア〔慢性化したものには+伏兎〕

+委中…手足の重怠さ

+太渓…慢性の膝痛・踵痛〔補法〕

【症例/個人的見解】

・古典には、「妊婦刺之落胎」とある。要注意。

・本穴が足太陽経の経穴であること、また馬丹陽天星十二穴にも喘息の記述があることなどから、呼吸器疾患にはぜひ試したい。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。捻挫、打突により足に力が入らなくなる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
陰蹻脈, 衝脈, 足陽明経筋, 足陽明胃経, 足少陽経筋, 妊婦禁鍼, 手太陰経筋, 治熱五十九兪

缺盆(けつぼん)

ST12)缺盆(que1pen2)(けつぼん) ・天蓋・尺蓋

【取穴】前頚部、大鎖骨上窩、前正中線の外方四寸、鎖骨上方の陥凹部。

※シュミット点(肺結核等の診断点)に近い。

【名の由来】「缺=欠けた」。鎖骨上窩の形状が、欠けた盆を思わせる事から。

【交会※古典には缺盆を交会とする記述は無い。しかし霊枢経脈第十に拠れば、膀胱経以外の陽経は、皆、缺盆より体内に入る。

・経絡(7):手足陽明経-手足少陽経-手太陽経-衝脈-陰蹻脈…「(五臓)六腑之道」

・経筋(3):手太陰・足陽明・足少陽経筋の結する処

・経別(2):第五合(手少陽の入る処)・第六合(手太陰・手陽明の出る処)

【作用】

〔補〕温補肌肉(補陽)

〔通〕通経緩脈

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清熱胸中・理気化痰』

【弁証主治】

◆肺-大腸病

躁鬱、不安障害・アレルギー疾患・自律神経失調・呼吸器の虚弱・排便異常・脈浮・臍右の強い拍動など

◆三焦病/少陽経病

多汗・耳鳴、難聴・口苦・喉痛・溜息・上肢痛、マヒ・脇肋痛・皮膚の乾燥など

◆陽明経病

注意欠陥多動性障害、統合失調症・歯痛・頚部の腫脹など

◆手太陽経病

下顎痛・項頚部痛・肩痛、火照りなど

◆衝脈/足陽明経筋/足少陽経筋病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

身体が縮んだように感じる〔補〕

痴呆・更年期障害・泌尿器、婦人科疾患・皮膚静脈炎・半身不随・顔面神経マヒ・斜頚、チック・腹筋の緊張・股関節痛・下肢痛、こわばり、マヒ・こむら返り・筋力低下など

◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

てんかん・眼裏痛・視力低下・腰痛・下半身の冷えと痛み・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路障害など

◆手太陰経筋病

吐血・母指痛など

【主症配穴】

+期門…胸脇痛〔瀉法〕

+肺兪…肺結核〔按摩も良し〕

【症例/個人的見解】

・経絡的には気衝と並ぶ要衝であるが、和漢三才図会に「妊婦禁鍼」とある。要注意。

・実際に臨床上では、刺鍼は危険。灸法や推拿での施術が妥当かと。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・陰を病むと熱を生ず。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】