督脈, 経外奇穴, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 三叉神経痛, 任脈

承漿/鬼市(しょうしょう/きし) ※金津(きんしん)・玉液(ぎょくえき) ※海泉/鬼封(かいせん/きふう)

CV24)承漿(cheng2jiang1)(しょうしょう)・鬼市(gui3shi4)(きし)・天池・懸漿・垂漿

【取穴】顔面部、オトガイ唇溝中央の陥凹部。

【名の由来】「承=受ける」「漿=涎」。本穴の部位が、涎を受ける器のようである事から。

【交会】・経絡(4):任脈-督脈-手足陽明経

【作用】〔瀉〕清熱散風・開竅醒神

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆督脈病

半身不随・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆手陽明経病

歯痛・歯槽膿漏〔灸7壮〕・頚部の腫脹など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

【主症主治】鼻づまり・顔のむくみ・顔面神経マヒ・三叉神経痛

【配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+頬車…新生児の破傷風〔瀉法〕

+委中…鼻血が止まらない〔瀉法〕

+齦交…口臭〔瀉法〕

+労宮…歯槽膿漏〔灸1壮づつ〕

+風府…失語症・ねちがい・歯痛〔先ず承漿、その後風府を取穴〕

【症例/個人的見解】

・十三鬼穴の第七穴。精神疾患に著効〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕。

 

―――――――――――――――――

※金津・玉液(jin1jin1・yu4ye4)(きんしん・ぎょくえき)・廉泉・舌下穴

※経外奇穴

【取穴】

金津:口腔内、舌下小帯左側の静脈上。

玉液:口腔内、舌下小帯右側の静脈上。

【名の由来】「金・玉=高価貴重なもの・宝」「津・液=津液」。この部位が舌下腺管の開口部で、唾液が溢れ出る場所である事から。古代では唾液を腎水と捉えていた為、腎気を巡らせる貴重なものと考えていた。

【要穴】『標本:足少陰之標(舌下両脈)』

【弁証主治】〔基本、瀉血〕

◆足少陰経病

貧血、血液疾患・痴呆・視力の低下・耳鳴、難聴・毛細気管支炎、肺炎・喘息・萎縮性胃炎・更年期障害・糖尿病など

【主症主治】半身不随・急性食中毒・潰瘍性口内炎、舌腫・扁桃腺炎・顔面神経マヒ

【配穴】+少商…扁桃腺炎(左右とも)〔瀉血〕

 

―――――――――――――――――

※海泉(hai3quan2)(かいせん)・鬼封(gui3feng1)(きふう)

※経外奇穴-鍼灸大全-

【取穴】口腔内、舌下小帯の中点。

【由来】古代ではこの部位に唾液(腎水)が溜まり、枯れることがないと考えていた事から。

【要穴】『標本:足少陰之標(舌下両脈)』

【主治】精神疾患・しゃっくり・舌炎・糖尿病〔基本、瀉血〕

【配穴】

【十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

【症例/個人的見解】

・十三鬼穴の第十三穴。精神疾患に著効〔瀉血〕。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
ストレス/不安障害、パニック障害, バランス向上, 神経変性疾患, 致命三十六穴, 陰維脈, 足太陽経筋, 足少陰経筋, 手少陽経筋, 任脈

廉泉(れんせん)/舌本(ぜつほん)

CV23)廉泉(lian2quan2)(れんせん)・舌本(she2ben3)(ぜっぽん)・ 本池

【取穴】前頚部、前正中線上、喉頭隆起上方、舌骨の上方陥凹部。

※頚部を軽く屈曲すると、下顎骨と甲状軟骨の間に舌骨隆起を触れる。

【名の由来】「廉=辺り」。本穴内部に舌根があり、此所が津液が泉の様に溢れ出る場所である事から。

【要穴】

『標本:足太陰之標』

『根結:足少陰之結』

【交会】

・経絡(2):任脈-陰維脈

・経筋:足太陽経筋-手少陽経筋の結す処(舌本)

【作用】

〔補〕補益舌本・生津潤燥

〔瀉〕舌絡通調・壅腫消散・清熱化痰・通利咽膈

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛、心窩部痛・激しい動悸、胸苦しさ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・梅核気〔刺鍼1分・灸3壮〕・しゃっくり・脇下のつかえ・腰背部痛など

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・胃腸虚弱・婦人科疾患・萎縮性舌炎、舌のこわばり・嚥下困難・脈浮緩など

◆足少陰経筋病

てんかん発作・下肢~足底のひきつれ・錐体外路系障害など

◆足太陽経筋病

項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆手少陽経筋病

上肢痛、ひきつれなど

【主症主治】流行性耳下腺炎・扁桃腺炎・咽頭炎

【主症配穴】

+中衝…舌下の炎症・舌瘡

【症例/個人的見解】

・足陰経における根結では、『結』は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足少陰)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

・梅核気の治療で著効があったことがある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。気道の損傷。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
任脈

璇璣(せんき)

CV21)璇璣(xuan2ji1)(せんき)

【取穴】前胸部、前正中線上、胸骨上窩の下方一寸。

※CV22)天突の下方一寸にある。

【名の由来】「璇=北斗七星の第二星」「璣=北斗七星の第三星」。古来「天は斗を以て機を為す」と言われ、北斗七星が天の中心とされていた。本穴が胸骨柄中央に位置し、天(胸部)の中心たる北斗七星を思わせる事から。

【作用】〔瀉〕寛胸理肺・止咳平喘

【弁証主治】◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】胸痛

【配穴】

+気海〔補〕…※肺労〔璇璣は瀉〕

+神蔵…胸のむかつき・項のこわばり

 

※肺労潮熱…肺気虚損から発展する。発熱・咳嗽・喉の乾燥と痛み・しわがれ声・嗅覚マヒ・顔の炎症・息苦しさ・吐血・食欲不振・痩せなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
任脈

華蓋(かがい)

CV20)華蓋(hua2gai4)(かがい)

【取穴】前胸部、前正中線上、第一肋間と同じ高さ。

【名の由来】「華蓋=皇帝の乗る車に付いている天蓋」。転じて肺を指す。本穴が肺の高さにある事から。

※同名の古代の星座(七星)がある。

【作用】〔瀉〕寛胸理気・止咳平喘

【弁証主治】◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】喉痛・咳嗽・喘息

【配穴】

+膻中…息切れ〔瀉法〕

+気戸…慢性の胸脇痛

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
バランス向上, 精神疾患, 足厥陰経筋, 任脈

玉堂(ぎょくどう)

CV18)玉堂(yu4tang2)(ぎょくどう)・玉英

【取穴】前胸部、前正中線上、第三肋間と同じ高さ。

※小野寺胸骨点(気管支リンパ節の診断点)に近い。

【名の由来】「玉=尊貴なモノ」。ここでは心を表す。本穴内部に心が納められている事から。

【要穴】『根結:足厥陰之結』

【作用】〔瀉〕寛胸理気・止咳平喘

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆足厥陰経筋病

インポテンツあるいは勃起の異常継続・下腿内側~内股の痛み、ひきつれ・内踝痛・足母指痛など

【主症主治】胸が張る・胸脇部痛

【主症配穴】

百会⇒膻中⇒玉堂…注意欠陥多動性障害、統合失調症など(熱い精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。百会⇒膻中⇒玉堂の順に施灸していく。順番が大切らしい〕

+幽門…胸焼け・嘔吐

+太渓…咳逆・胸焼け〔玉堂は瀉〕

【症例検証/個人的見解】

・足陰経における根結では、【結】は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足衝ン)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675