督脈, 頭痛, 鼻疾患, 十三鬼穴(統合失調症、双極性障害), 治熱五十九兪

保護中: 上星(じょうせい)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
めまい、気象病, 眼疾患, 禁灸穴, 陽維脈, 足少陽胆経, 鼻疾患, 治熱五十九兪

頭臨泣(あたまりんきゅう)

GV15)頭臨泣(tou2lin2qi4)(あたまりんきゅう)

【取穴】頭部、前髪際から入ること五分、瞳孔線上。

※正視して、瞳孔中央の上方、GV24)神庭とST8)頭維を結ぶ(前髪際に沿った)曲線状の中点。

【名の由来】本穴が上液之道を臨み、涕涙が下る場所である事から。

【交会】・経絡(3):足少陽経-足太陽経-陽維脈

【作用】〔瀉〕『頭上行五/清熱散風・清瀉熱逆』

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆足太陽経病

発熱による疼痛など

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節腫・てんかん、意識障害・四肢の冷え・めまい・胸苦しさ・腰痛など

【主症主治】眼疾患 ・鼻づまり・副鼻腔炎・涎が出る

【配穴】+肝兪…白内障

【症例/個人的見解】

・足太陽経との交会とあるが・・・?

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・陽を病むと寒を生ず。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
絡穴〔去痰化瘀〕, 腰背部痛, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 鼻疾患

飛揚(ひよう) ※蹻五(きょうご/伍行庵オリジナル)

BL58)飛揚(fei1yang2)(ひよう)・厥陽・飛陽・厥揚

【取穴】下腿後外側、腓腹筋外側頭下縁とアキレス腱の間、BL60)崑崙の上方七寸。

※BL60)崑崙の上方、BL57)承山の外下方一寸にある。

【名の由来】「飛揚=高く飛ぶ」。本穴の位置が跳躍時に膨隆する事から。また「飛=突然」。本穴より足少陰経に突然別れ出る処からとも。

【要穴】

『足太陽経絡穴/踝の上七寸、別れて少陰へいく

『根結:足太陽之入』

【作用】

〔補〕止血

〔瀉〕舒筋活絡

【絡脈主治】表裏にまたがる症状・足太陽絡脈の瘀血痰飲証 

〔補〕鼻血 

〔瀉〕頭痛・鼻づまり・項頚部痛・腰背部痛

【弁証主治】

◆足太陽経(筋)病

風邪・発熱による疼痛・鎖骨窩痛・脇痛・坐骨神経痛・膝の炎症・こむら返り〔鍼7分+灸5壮〕・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】痔・下肢のムクミ

【弁証配穴】

『原絡配穴(腎⇒膀胱):太渓+飛揚』…腎の所生病

+申脈〔繆刺法…反対側を瀉血〕+患部周囲の夾脊穴…足太陽絡脈の実証

【主症配穴】

+上星…鼻水

+印堂…鼻づまり

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・絡脈としての飛揚は鼻に関する主治が多い。花粉症などに応用できるかと思う。

 

―――――――――――――――――

※蹻五(qiao2wu3)(きょうご)

※伍行庵オリジナル。

【取穴】下腿後外側、腓腹筋外側頭下縁とアキレス腱の間、BL60)崑崙の上方五寸。

【名の由来】本穴が踵(蹻)の上五寸にある事から。

【要穴】『標本:足太陽之本(踵上五寸)』

※原文には「足太阳之本、在跟以上五寸中」とある。

【弁証主治】◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛・※会陰之脈腰痛など

【症例/個人的見解】

・『足太陽之本』である「跟上五寸」には該当する経穴がないが、『素問刺腰痛篇第四十一』にも治療のポイントとしての記載がある。飛揚~附陽の変化(筋硬結・静脈の浮沈・色など)は、眼疾患(足太陽之標)・腰痛の診断・治療に役立つと考えられる。

 

※会陰之脈腰痛…痛む部位に流れるように汗が出て、咽が渇き、水を飲むと動きたがる。

※会陰之脈…八髎穴から会陽に至るライン。巨陽之中絡。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
アーユルヴェーダ・マルマ, 禁灸穴, 経外奇穴, 足陽明経筋, 足太陽経筋, 鼻疾患, 手陽明大腸経, 三叉神経痛

迎香(げいこう) ※内迎香(うちげいこう、ないげいこう)

LI20)迎香(ying2xiang1)(げいこう)・衝陽

【取穴】顔面部、鼻唇溝中、鼻翼外縁中点と同じ高さ。(顔面部、鼻唇溝中、鼻翼下縁の高さとも)

【名の由来】本穴に鼻竅宣通の作用があり、嗅覚を回復させる作用がある事から。

【要穴】『足陽明之標(頏顙/副鼻腔)』

【交会】

・経絡(2):手足陽明経 …鍼灸大成・鍼灸聚英

・経筋(2):足陽明-足太陽経筋の結する処(鼻)

【作用】

〔補〕壮筋補虚

〔瀉〕鼻竅宣通・清瀉鬱熱

【弁証主治】

◆手陽明経病

歯痛・頚部の腫脹・上肢のマヒ、悪寒、炎症など

◆足陽明経(筋)病

不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・耳疾患・唇の炎症・三叉神経痛、感覚異常・顔面神経マヒ、痙攣・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

◆足太陽経筋病

項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】鼻疾患〔透口禾髎/先補後瀉。得気をしっかり〕

【配穴】

+聴会…難聴〔瀉法〕

+合谷…顔の腫れ・痒み

【症例/個人的見解】

・「禁灸穴」とある。

・検証:得気は、同側の「攅竹」と「素髎」、「顴髎」と、上顎神経エリア広範囲に響く。

 

―――――――――――――――――

内迎香(nei4 ying2xiang1)(うちげいこう)

※経外奇穴-肘後備急方--扁鵲神應鍼灸玉龍経-

【取穴】鼻腔内。鼻翼軟骨と鼻甲介の交点にある粘膜。

【名の由来】本穴が迎香と鼻翼を隔てて対峙している事から。

【主治】〔基本、瀉血〕頭痛・急性結膜炎・熱中症・めまい・失神・嗅覚異常・鼻炎・慢性鼻洞炎・慢性咽頭炎・顔面神経マヒ

【症例/個人的見解】

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「phana(鼻腔/脈管のマルマ)」と呼ばれ、嗅覚異常に治効があるとされる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】