疼痛, 標準耳穴, 消化器疾患, 不眠

胃(い) 

CO4)(wei4)(い)(stomach)・幽門・下垂点

【取穴】耳輪脚の消失部。

【主治】不眠・歯痛・胃痙攣・胃炎・胃潰瘍・消化不良

【症例/個人的見解】

 

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

広告
めまい、気象病, 眼精疲労、眼裏痛, 頭痛, 標準耳穴, 不眠

額(がく)

AT1)(e2)(がく/ひたい)(forehead)

【取穴】対耳屏部の外側面前部。

【主治】頭痛・眩暈・不眠・多夢

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

疼痛, 各種依存症, 標準耳穴, 不眠

神門(しんもん)

TF4) 神門(shen2men2)(しんもん)(shenmen)

【取穴】三角窩の後1/3の上部。

【主治】全身疼痛・不眠・多夢・各種依存症

【症例/個人的見解】

・『Battlefield Acupuncture』の基準点の一つ。疼痛管理に。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ストレス/不安障害、パニック障害, 眼疾患, 絡穴「去痰化瘀」, 手少陰心経, 不眠

通里(つうり)

HT5)通里(tong1li3)(つうり)・通理

【取穴】前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方一寸。

※HT7)神門の上方一寸、HT4)霊道は尺骨頭の根部、HT5)通里は体部、HT6)陰郄は底部にある。

※豆状骨の上縁橈側の上方一寸にある。

【名の由来】「通=通路」「里=裏(心臓=虚里)」。本穴が手少陰経絡穴であり、表裏を成す手太陽経への通路である事から。

【要穴】『手少陰経絡穴/手首の一寸半から別れて上り、経を巡りて心中に入り、舌本に系し目系に属す。また別れて太陽経にいく』

【作用】

〔補〕舌絡補益・心神安定・心気補益・心血補養

〔瀉〕心竅開竅・舌絡調節・行気和血・心火清熱・寧心醒神

【絡脈主治:『馬丹陽天星十二穴』】表裏(手太陽経)にまたがる症状・手少陰絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕急性の失語症・不安障害・食欲不振など 

〔瀉〕心窩部のつかえ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・暴妄言、見境なく人を罵る・慢性の顔の火照り、化粧したような頬の赤み ・四肢の重だるさ・※疔・睡眠障害など

 

【弁証主治】◆手少陰経病

上肢前内側の冷え・静脈瘤など

【弁証配穴】『原絡配穴(小腸⇒心):腕骨+通里』…小腸所生病/液病

【主症配穴】

+解渓…頭痛・眼の充血

+中極…排尿障害

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・本穴は『馬丹陽天星十二穴』の一つに数えられる。しかし絡穴の性質(瀉法向き)から考えて、本穴において補法(虚証)で記載される主治に関しては、本穴よりも先の霊道の方がふさわしいように思う。 また霊道において瀉法とされる主治については、霊道よりも本穴がふさわしいと考える。

・手少陰絡脈は「舌本につながり、目系に属す」。ストレスに由来する眼裏痛や失語のほか、睡眠障害や心療内科的疾患も本穴の適応かと考える。

・本穴の主治まとめていて、個人的には※SLE(全身性エリテマトーデス)を連想した。応用の価値はあるかと。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

 

※疔…初期は粟粒様で上に白膿頭があり、堅・根深・釘様。激痛があり、急激に拡がり黄色くなる。

※SLE(全身性エリテマトーデス)…全身各種臓器の結合組織の慢性炎症性疾患。自己免疫疾患と考えられる。男女比1:7で10~20代が過半数。発熱・胃腸症状・体重減少・顔面の蝶形紅斑・指先、上半身の色素沈着・脱毛・鼻血・口内炎などを生じる。ほか運動器症状(関節痛など)・腎症状(浮腫・吐き気など)・神経症状(失語症・幻視・妄想など)・呼吸器症状(呼吸困難など)・心血管症状(動悸・レイノー症など)・消化器症状(食欲不振・黄疸など)も。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
陽蹻脈, 足陽明胃経, 三叉神経痛, 不眠

巨髎(こりょう)

ST3)(ju4liao2)(こりょう)

【取穴】顔面部、瞳孔線上、鼻翼下縁と同じ高さ。

※正視し、瞳孔の垂線と鼻翼下縁の水平線の交点にある。

【名の由来】「巨=大きい」「髎=骨孔」。本穴が頬骨と上顎骨の接合部にある事から。

【交会】・経絡(3):手足陽明経-陽蹻脈 「鍼灸大成」

【作用】〔瀉〕明目散風・疏経鎮痛

【弁証主治】

◆陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・歯痛・頚部の腫脹など

◆陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

てんかん・悪風発熱・半身不随・睡眠障害・下肢外側のこわばり、外反足・腰背部痛・部位がはっきりしない疼痛など

【主症主治】眼疾患・鼻疾患・顔面神経マヒ・顔の痙攣・三叉神経痛

【主症配穴】+天窓…頬痛・唇の炎症

【症例/個人的見解】

・刺入角度を考慮すれば、三叉神経へのアプローチも可能。また翼突筋への関与も可能なので、「裏頄(りきゅう/伍行庵オリジナル)」同様、脳内分泌異常による疾患(精神疾患、パーキンソンなどの神経伝達障害)にも応用可能かと考える。

・陽が病むと寒を生ず。

・検証:得気は同側の「顴髎」の裏側の歯茎に響く感じ。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675