疼痛, 各種依存症, 標準耳穴, 不眠

神門(しんもん)

TF4) 神門(shen2men2)(しんもん)(shenmen)

【取穴】三角窩の後1/3の上部。

【主治】全身疼痛・不眠・多夢・各種依存症

【症例/個人的見解】

・『Battlefield Acupuncture』の基準点の一つ。疼痛管理に。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
自律神経失調, 標準耳穴

交感(こうかん)

 

AH6a) 交感(jiao1gan3)(こうかん)(sympathesis)

【取穴】

対耳輪下脚と耳輪内縁が交わる部位。

【主治】

胃腸痙攣・心部の絞扼痛・胆痛・尿管結石・自律神経失調症

【症例/個人的見解】

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

督脈, 禁灸穴, 耳鳴、難聴, 胸街/気海, 致命三十六穴, 回陽九針, 失語症

瘂門(あもん)

 

GV15)瘂門(ya1men2)(あもん)・舌横・舌厭

【取穴】後頚部、後正中線上、第2頚椎棘突起上方の陥凹部。

※GV16)風府の下方五分にある。

【名の由来】「瘂=しゃべれない」「門=出入口」。古来、本穴に灸をしたところ瘂となり、鍼にて治ったという逸話がある事から。

【交会】・経絡(2):督脈-陽維脈

【作用】

〔補〕益脳増音

〔瀉〕『気海(胸街)之兪/通督解痙・醒脳開竅』

【弁証主治】

◆督脈病

てんかん、意識障害・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛みなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・髄膜炎症状・リンパ節腫・四肢の冷え・胸苦しさなど

【主症主治】失語症

【配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+関衝…失語症(聾唖)

【症例/個人的見解】

・一寸五分以上は刺入しないように(瘂門-耳孔-眼を結ぶ角度で刺入しない事)。

・甲乙経・和漢三才図会には「禁灸穴」とある。また武術的な「致命三十六穴」の一つ。頚椎損傷。要注意。

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
督脈, 胸街/気海, 自律神経失調, 免疫力、抵抗力向上, 中風七穴

大椎(だいつい)

 

GV14)大椎(da4zhui1)(だいつい)・百労

【取穴】

後頚部、後正中線上、第7頚椎棘突起下方の陥凹部。

※坐位で頚部を中間位に保ったとき、後頚部で最も突出しているのが第7頚椎棘突起である。頚部の前屈により、第7頸椎棘突起を触知しやすい。

※頚部を軽く前屈し、頭部を回旋すると、第7頚椎のわずかな回旋を触れる。

【名の由来】

第七頚椎が脊柱中、一番大きく目立つ事から。

【交会】

・経絡(7):督脈-手足三陽経…「諸陽之会」

・経別:第六合(柱骨之会)(手陽明の入る処)

※原文の「柱骨之会」を、大椎ととるか缺盆ととるかは、判断が難しい。

【作用】

〔補〕益陽固表・安神健脳

〔瀉〕『気海(胸街)之兪/理気降逆・寛胸宣陽・解表散寒・駆除蒸熱・清脳醒志・活絡止痛』

【弁証主治】

◆督脈病

急性の小児のひきつけ・意識混濁・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・耳鳴、難聴・聾唖・四肢の痛み、マヒ、火照り、冷え・・サルコペニア(加齢による筋力低下)など

◆陽病

悪寒戦慄・悪風発熱・黄疸・多汗・出血傾向・発熱による疼痛・歯痛・口苦、口渇・顔色が黒い・皮膚の乾燥・蕁麻疹、発疹〔瀉血〕・※副腎皮質機能亢進症状など

◆大腸-肺病

風邪をひきやすい・嗅覚マヒ・咳嗽、喘息・喉痛、しわがれ声・排便異常〔金鍼〕・尿色の異常・頻尿・排尿障害・アレルギー疾患・脈浮など

【主症配穴】

『中風七穴:百会+風池(曲鬢)+肩井+大椎(風市)+足三里+間使(懸鐘)+曲池/半身不随』

+中脘…熱中症

+後渓…寝汗

+長強…※疝気〔瀉法〕

+中渚…椎間板ヘルニア

【症例/個人的見解】

・一寸五分以上は刺入しないように。

・第7頚椎は構造的に、以下の胸椎にくらべて安定性が低い。そのため屈曲時に負荷がかかりやすい。

・-美容と健康の鍼灸(張仁編著・浅野周訳/三和書籍)-によれば、「本穴への電気刺激や灸刺激は、抗体の産生が増し、細網内皮系のマクロファージが活性化する」とある。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

※疝気・疝…元来は腹痛を指したが、現在は色々な意味をもたせている。体腔内容物が外に突出する事の総称。ヘルニア。生殖器・睾丸・陰嚢部の病証。腹部激痛に二便不通が伴う病証。腸閉塞・腹膜炎の類etc。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675