督脈, 禁灸穴, 耳鳴、難聴, 胸街/気海, 致命三十六穴, 回陽九針, 失語症

瘂門(あもん)

GV15)瘂門(ya1men2)(あもん)・舌横・舌厭

【取穴】後頚部、後正中線上、第2頚椎棘突起上方の陥凹部。

※GV16)風府の下方五分にある。

【名の由来】「瘂=しゃべれない」「門=出入口」。古来、本穴に灸をしたところ瘂となり、鍼にて治ったという逸話がある事から。

【交会】・経絡(2):督脈-陽維脈

【作用】

〔補〕益脳増音

〔瀉〕『気海(胸街)之兪/通督解痙・醒脳開竅』

【弁証主治】

◆督脈病

てんかん、意識障害・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛みなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・髄膜炎症状・リンパ節腫・四肢の冷え・胸苦しさなど

【主症主治】失語症

【配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+関衝…失語症(聾唖)

【症例/個人的見解】

・一寸五分以上は刺入しないように(瘂門-耳孔-眼を結ぶ角度で刺入しない事)。

・甲乙経・和漢三才図会には「禁灸穴」とある。また武術的な「致命三十六穴」の一つ。頚椎損傷。要注意。

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
バランス向上, , 足太陰経筋, 八会穴, 募穴〔瀉実〕, 各種依存症, 回陽九針, 消化器疾患, 任脈

中脘(ちゅうかん)

CV12)(zhong1wan3)(ちゅうかん)・太倉・中管・胃募・上紀

【取穴】上腹部、前正中線上、臍中央の上方四寸。

【名の由来】「脘=胃」。本穴が胃の中央に位置する事から。

【要穴】

『胃募穴』

『八会穴:腑会』

『根結:足太陰之結』

『前三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。関元・中脘・膻中とする説と、関元・膻中・印堂とする説あり。

【交会】

・経絡(4~6):任脈-手太陽経-手少陽経-足陽明経(-手太陰経-足厥陰経)

※”中焦”を中脘と同義とするなら、足厥陰経-手太陰経とも交会する事となるが… 

【作用】

〔補〕補中健胃・温陽益胃・暖胃散寒

〔瀉〕和胃導滞・去痰消積・暖胃遂邪・腑気温通・清胃散邪

【弁証主治】

◆胃病/血病/腑病全般

※疳証・腹痛、腹張、腹水などの消化器症状・黄疸・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆心包病

胸苦しさ・心痛、激しい動悸・掌の火照り・※副腎髄質機能亢進症など

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患 〔灸300壮〕・下腹部のしこり、※伏梁、※奔豚、※痃癖・痔・糖尿病など

◆手太陽経病

悪寒発熱・リンパ節腫・項頚部痛・肩痛・上肢の痛み、ひきつれ、マヒ、火照りなど

◆手少陽経病

多汗・耳鳴、急性の強い難聴・歯痛・喉痛・胸脇痛など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

◆手太陰経病

呼吸器の虚弱・咳嗽、喘息・自律神経失調・鎖骨窩痛・肘痛・両手を交えてもだえるなど

◆足厥陰経病

性欲の異常・更年期障害など

◆足太陰経筋病

脇腹~臍の引きつれ・下腹部~陰部のひきつれと鋭い痛み・股関節痛・陰部痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・腰痛、背深部の痛みなど

【弁証配穴】

『郄会配穴(腑):中脘+温溜・筑賓』…腑病

『兪募配穴(胃):中脘+胃兪』…胃病

『募合配穴(胃):中脘+足三里』…食積胃脘証・胃寒証

『原募配穴(足陽明経):衝陽+中脘』…足陽明経病

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+大椎…※霍乱

+腰兪…発熱〔瀉法〕

+心兪〔灸〕…不安障害

+頭維…前頭部痛

+肺兪…慢性の咳嗽〔喀痰が多い時には+豊隆〕

+上脘…心痛・脾痛

+腕骨…黄疸 〔中脘は金鍼〕

+豊隆…蕁麻疹〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち胃募穴である中脘は、心包の病も主治とする。

・個人的には、副腎髄質ホルモンの亢進症状が心包の病をイメージさせる。

・古典には「和して之を消す」とある。三脘の中でも胃の機能そのものを高める。

・和漢三才図会に「妊婦禁灸」とある。要注意。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・足陰経における根結では、『結』は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足少陰)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

 

※疳証…慢性的な疾患によって痩せ衰え、津液が枯渇するもの。古代小児四大証(痘・麻・驚・疳)の一つ。顔色が黄色く肌に艶がない・毛髪が焦げたように細い・腹大静脈怒張・精神衰弱など。

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

※痃癖…脇肋部にある癖塊。痃:臍の両側が筋張り盛り上がっているもの。痛みは無い事もある。癖:両脇にあり、痛む時だけ触知できるもの。

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ED、男性不妊、泌尿器疾患, 股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 腰背部痛, 致残十八穴, 陽維脈, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 回陽九針, 坐骨神経痛

環跳(かんちょう)

GB30)環跳(huan2tiao4)(かんちょう)・髀厭(bi4yan4)(びえん)・ 環谷・臗骨・髀枢・分中・臏骨・枢中・枢合中

【取穴】臀部、大転子の頂点と仙骨裂孔を結ぶ線上、大転子の頂点から1/3。

(大腿部、大転子の頂点と上前腸骨棘の間、大転子の頂点から1/3とも)

※側臥し、股関節を屈曲すると取穴しやすい。

【名の由来】「環=骨盤」。 本穴の治効が筋骨風痺を取り、再び飛び跳ねる事ができるようになる事から。跳躍した時に本穴の位置に半環状の窪みが出来るからとも。

【交会】

・経絡(3):足少陽経-足太陽経-(陽維脈)

※奇経八脈考には「阳维起於诸阳之会~循膝外廉、上髀厌、抵少腹侧~」とある。

・経筋:足少陽経筋の結する処(尻)

【作用】

〔補〕補益虚欠

〔瀉〕通経活絡・鬱熱消散・温通経脈

【弁証主治】

◆足少陽経(筋)病

半身不随・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥など



◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節腫・てんかん、意識障害・躁鬱・四肢の冷え・めまい・胸苦しさなど

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/腰背部痛・坐骨神経痛、マヒ』】

【弁証配穴】+光明+足竅陰〔繆刺法…反対側を瀉血〕…足少陽絡脈の実証

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+天枢…半身不随〔虚証が強い場合は+天枢〕

+陽陵泉…脇腋部~脚まで連なる痛み

+後渓…下肢痛

+懸鐘…脛のマヒ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・中国では、「回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・『馬丹陽天星十二穴』にあるように、坐骨神経痛には必須の穴。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により坐骨神経マヒを招く。

・EDに対する新穴として、秩辺~環跳の中点を「陽萎穴Ⅳ号」とする。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
神経変性疾患, 能力開発, 腰背部痛, 陰蹻脈, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 回陽九針, 井(木/金)穴〔心下満を治す〕

湧泉(ゆうせん)

KI1)湧泉(yong3quan2)(ゆうせん)・地衝・蹶心・地衢

【取穴】足底、足指屈曲時、足底の最陥凹部。

※足指屈曲時、足底部で第2・3指の間のみずかきと踵を結ぶ線上、みずかきから1/3にある。

【名の由来】本穴が足少陰経の最初の穴であり、腎の脈気が湧き出る場所である事から。

【要穴】

『足少陰経井木穴(水経木穴/自経子穴/水生木)』

『根結:足少陰之根』

【交会】・経絡(2):足少陰経-陰蹻脈 ※一説には陰蹻脈の交会とも

【作用】

〔補灸〕『回陽九針穴/蘇生・降火潜陽・導邪(導痰・導熱・引血)下降』 

〔瀉〕醒脳開竅・引火下行・平衝降逆・安神鎮静・催産引産

【弁証主治】

◆気滞証「心下満を治す/実すれば其の子を瀉す」

※奔豚、更年期障害など

◆足少陰経(筋)病

てんかん発作・貧血、血液疾患・痴呆・喘息・※昌陽脈腰痛 ・O脚・下半身の冷え、痛み、ひきつれ・老化症状など

◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

悪風発熱〔瀉血〕・自律神経失調・視力低下、眼裏痛・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

【弁証配穴】+大鐘…足少陰絡脈の実証〔繆刺法…反対側の湧泉を瀉血〕

【主症配穴】

『三才穴:湧泉+百会+水溝/意識障害・昏睡』〔瀉法〕

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+陰交〔速瀉〕…発熱 〔湧泉は久補〕

+行間…糖尿病

+崑崙…慢性の深部の痛み〔瀉法〕

+太渓…耳痛

+労宮…手汗・足汗

+至陽…急性肝炎〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高い。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強いが、本穴は例外的に補陽の役割の方が高い。経絡的に、足少陰経の始穴は至陰であるためか?

・本穴に生附子・生半夏・呉茱萸・大蒜・大葱・白芥子・南星・生香附子などを貼付する療法もある。補陽に効果的。

・中国では『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・陰を病むと熱を生ず。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※-素問刺腰痛篇第四十一-に記載の『昌陽之脈』を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
, 致命三十六穴, 致残十八穴, 足太陰経筋, 足太陰脾経, 足少陰経筋, 回陽九針, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 手厥陰経筋, 更年期障害

三陰交(さんいんこう)

SP6)三陰交(san1yin1jiao1)(さんいんこう)・太陰・下三里・承命・手一束

【取穴】下腿内側(脛側)、脛骨内縁の後側、内果尖の上方三寸。

※KI8)交信の上方一寸にある。

【名の由来】本穴にて足三陰経が全て交会する事から。

【要穴】『標本:足太陰之本(中封の前上四寸之中)/足少陰之本?(内踝下の上三寸中)』

【交会】・経絡(3):足三陰経

※三陰交は元来、足厥陰肝経の穴であったとする説もあり。

【作用】

〔補〕健脾摂血・補血育陰・調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・活血化瘀・疏肝涼血』

【弁証主治】◆三陰経(筋)病/血病(虚実とも)

貧血、血液疾患(出血傾向、萎縮性舌炎、萎縮性胃炎)・自律神経失調症(下半身の冷え、痛み)・肝機能障害・性欲の異常、泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・老化症状など

心窩部痛・脇腹~臍の引きつれ・背深部の痛み・腰痛・股関節痛・内股のひきつれ・O脚・下腿内側痛・内踝痛・母趾痛・足底痛・歩行困難など

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+気門+血海…機能性子宮出血〔三陰交-血海をパルス通電〕

+会陰…昏倒〔瀉法〕

+懸鐘…高血圧〔瀉法〕

+腎兪…腎・尿路結石

+神闕〔灸〕…排尿障害〔三陰交は瀉〕

+商丘…便秘 〔三陰交は灸30壮〕

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処の“太衝”』に数えられる。中でも本穴は「血の要穴(全身)」であることから、その主治もほぼ無限に近い。そのため弁証にて用いることが大切である。

・特に婦人科疾患に対して必須。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・武術的な「致残十八穴」「致命三十六穴」の一つ。長期的な血流の阻害を生じる?

・個人的には足三陰経のみならず、足三陰経筋の治療にも使えるのではないかと考える。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048‐851-9675

 

【おまけ】