督脈, 禁灸穴, 耳鳴、難聴, 胸街/気海, 致命三十六穴, 回陽九針, 失語症

瘂門(あもん)

GV15)瘂門(ya1men2)(あもん)・舌横・舌厭

【取穴】後頚部、後正中線上、第2頚椎棘突起上方の陥凹部。

※GV16)風府の下方五分にある。

【名の由来】「瘂=しゃべれない」「門=出入口」。古来、本穴に灸をしたところ瘂となり、鍼にて治ったという逸話がある事から。

【交会】・経絡(2):督脈-陽維脈

【作用】

〔補〕益脳増音

〔瀉〕『気海(胸街)之兪/通督解痙・醒脳開竅』

【弁証主治】

◆督脈病

てんかん、意識障害・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛みなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・髄膜炎症状・リンパ節腫・四肢の冷え・胸苦しさなど

【主症主治】失語症

【配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+関衝…失語症(聾唖)

【症例/個人的見解】

・一寸五分以上は刺入しないように(瘂門-耳孔-眼を結ぶ角度で刺入しない事)。

・甲乙経・和漢三才図会には「禁灸穴」とある。また武術的な「致命三十六穴」の一つ。頚椎損傷。要注意。

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告