めまい、気象病, 頭痛, 血流不全、血圧異常, 標準耳穴

保護中: 結節(けっせつ)/肝陽(かんよう)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
くらしの東洋医学, はり師の四コマ, めまい、気象病, 自律神経失調, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

春の『吸玉』ーカラダの芽吹きをたすけますー

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

昨日は冷たい雨でしたねぇ・・・ 今日は一転、桜の開花も進む春の陽気。

こういう気圧、気温、湿度の急変は、ヒトの自律神経に強い負荷をかけます。

増して春は、カラダの代謝もどんどん活発になっていく時期。

日々エネルギーを増していく内側と、寒さに備えて防御を固める外側のせめぎあいは、めまいやのぼせ、ムカつきや吐き気、湿疹や吹き出物、変にイライラしたり、反面ひどく眠かったり・・・と、時に体調の不良を引き起こします。

季節としてはこれから暑さへと傾いていく訳ですし、春の養生は天候を見定めながら、適度な発散が大事。

こんな時には『吸玉』がオススメ。

エネルギーの逃げ道をつくってあげることで体内の圧力を下げ、内外のバランスを調整してくれる優れものです。

『吸玉』といえば、昨年のリオ五輪での水泳の覇者、マイケル・フェルプス選手が体調管理の一環としてコレを取り入れていた事は記憶に新しいところ。

彼らのようなアスリートは、筋膜の調整や乳酸の代謝促進の意味で『吸玉』を用いますが・・・

運動不足で肌感覚が鈍くなりがちな一般の私たちは、春こそ『吸玉』を。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

めまい、気象病, 項頚部痛, 患者さまの声

40代 女性 頚の痛み、めまい、しびれほか

感想文25 40代女性 頚の痛みほか

首の痛み、めまい、しびれに悩まされ来院しました。

初めての鍼でした。

接骨院に通ってもたいした変化がなく毎日辛かったのですが、こちらで治療していただいた後は、1回目は2~3日楽になり、2回目は終わると1週間くらい劇的に楽になりました。

しばらく通院しながら家でもなるべくストレッチをして早く治したいです。

めまい、気象病, 眼疾患, 腰背部痛, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 兪(土/木)穴〔体重節痛を治す〕, 八宗穴/八脈交会穴, 婦人科疾患, 帯脈, 消化器疾患

足臨泣(あしりんきゅう)

GB41)足臨泣(zu2lin2qi4)(あしりんきゅう)

【取穴】足背、第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部。

【名の由来】本穴の効能が頭臨泣と相対し、眼病諸症を治す事から。

【要穴】

『足少陽経兪木穴(木経木穴/木気の強い穴)』

『八宗穴/八脈交会穴(×帯脈)』

【交会】※一説には足太陽経との交会とも。

【作用】〔瀉〕利胆疏肝・利胸膈・清頭目・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

過敏性腸症候群・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・痔、脱肛・泌尿器、婦人科疾患、生理不順〔灸1壮〕など

◆足少陽経(筋)病「体重節痛を治す」

黄疸・半身不随、運動機能障・頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・乳腺炎・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など


◆膀胱実証「木経木穴/水生木/実すれば其の子を瀉す」

風邪・発熱による疼痛・顔色が黒い・自律神経失調など

【主症主治】めまい眼疾患・足首痛・足第4指痛

【弁証配穴】『八脈交会配穴:臨泣+外関』…上焦熱証

【主症配穴】

+中渚…めまい〔瀉法〕

+率谷…偏頭痛

+合谷…顔の諸症

+通天…鼻づまり〔瀉法〕

+陽交…胸苦しさ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木陽経の木穴は全経穴中、最も木陽性が強い。そういう意味では水性(腎/膀胱・骨髄・耳/二陰など)に対する瀉法にも応用できるのではないだろうか?

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高いが、足臨泣にはあまり精神疾患への主治がない。帯脈の性質が強いためか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
めまい、気象病, 眼疾患, 禁灸穴, 陽維脈, 足少陽胆経, 鼻疾患, 治熱五十九兪

頭臨泣(あたまりんきゅう)

GV15)頭臨泣(tou2lin2qi4)(あたまりんきゅう)

【取穴】頭部、前髪際から入ること五分、瞳孔線上。

※正視して、瞳孔中央の上方、GV24)神庭とST8)頭維を結ぶ(前髪際に沿った)曲線状の中点。

【名の由来】本穴が上液之道を臨み、涕涙が下る場所である事から。

【交会】・経絡(3):足少陽経-足太陽経-陽維脈

【作用】〔瀉〕『頭上行五/清熱散風・清瀉熱逆』

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆足太陽経病

発熱による疼痛など

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節腫・てんかん、意識障害・四肢の冷え・めまい・胸苦しさ・腰痛など

【主症主治】眼疾患 ・鼻づまり・副鼻腔炎・涎が出る

【配穴】+肝兪…白内障

【症例/個人的見解】

・足太陽経との交会とあるが・・・?

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・陽を病むと寒を生ず。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675