精神疾患, 精神安定、リラックス, 十三鬼穴(多動性精神疾患)

保護中: -こころの病とツボのはなし-【鬼穴】と【経別】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
督脈, 陽維脈, 陽蹻脈, 頭街/髄海, 足太陽経筋, 十三鬼穴(多動性精神疾患)

風府(ふうふ)

GV16)風府(feng1fu3)(ふうふ)・鬼枕(gui3zhen3)(きちん)・舌本・鬼穴・曹渓・髄空

【取穴】後頚部、後正中線上、外後頭隆起の直下、左右の僧帽筋間の陥凹部。

※頚部を軽く後屈させた状態で、僧帽筋の緊張を緩め、後髪際中点から後頭骨に向かって擦上したところの陥凹部にある。

※後頭部圧診点(頭痛・脳炎の診断点)に近い。

【名の由来】「風=風邪」「府=集まる処」。本穴が項にあり、陽邪である風が集う場所である事から。

※「髄空」という別名は、風府のほか、腰兪、陽輔にもある。

【交会】

・経絡(4):督脈-足太陽-陽維脈(-陽蹻脈)

※一説には陽蹻の会とも。

・経筋:足太陽経筋の結す処(枕骨)

・経別:第一合(項/足太陽の出る処・足少陰の出る処)

【作用】

〔補〕『髄海(頭街)之兪/補髄益脳』

〔瀉〕清熱散風・化痰開竅・清熱四肢

【弁証主治】

◆督脈/陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

てんかん・チック・※脳風・脳性マヒ、半身不随・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症、自殺企図・不眠・めまい、メニエル病・頭痛〔金鍼。痒麻が主ならば補、疼痛が主ならば瀉〕・視力の低下、眼疾患〔繆刺〕・眼瞼痙攣・鼻血・部位がはっきりしない疼痛・パーキンソン症候など

◆足太陽経(筋)病

風邪初期、1日目・発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・肩背部痛・腰背部痛、坐骨神経痛、下肢外側のこわばり・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

往来寒熱・髄膜炎症状・リンパ節腫・四肢の冷え・胸苦しさなど

◆膀胱-腎病

成長発育不全、代謝不全・脱毛・耳鳴、難聴・歯槽膿漏・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患〔金鍼〕・下痢〔灸100壮〕・脈沈遅など

【主症配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』 〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕


+上脘…発熱

+風池…悪寒発熱

+陽谷…注意欠陥多動性障害・統合失調症 〔瀉法〕

+齦交…項頚部のこわばり〔瀉法〕

+足三里…排尿障害〔風府は深度をよく考慮して。風府一穴でなお改善がなければ+足三里〕

+腰兪…足がうまく動かない

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会には「禁灸穴」とある。要注意。

・十三鬼穴の第六穴。精神疾患に著効。

・陽が病むと寒を生ず。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
督脈, 経外奇穴, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 三叉神経痛, 任脈

承漿/鬼市(しょうしょう/きし) ※金津(きんしん)・玉液(ぎょくえき) ※海泉/鬼封(かいせん/きふう)

CV24)承漿(cheng2jiang1)(しょうしょう)・鬼市(gui3shi4)(きし)・天池・懸漿・垂漿

【取穴】顔面部、オトガイ唇溝中央の陥凹部。

【名の由来】「承=受ける」「漿=涎」。本穴の部位が、涎を受ける器のようである事から。

【交会】・経絡(4):任脈-督脈-手足陽明経

【作用】〔瀉〕清熱散風・開竅醒神

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆督脈病

半身不随・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆手陽明経病

歯痛・歯槽膿漏〔灸7壮〕・頚部の腫脹など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

【主症主治】鼻づまり・顔のむくみ・顔面神経マヒ・三叉神経痛

【配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+頬車…新生児の破傷風〔瀉法〕

+委中…鼻血が止まらない〔瀉法〕

+齦交…口臭〔瀉法〕

+労宮…歯槽膿漏〔灸1壮づつ〕

+風府…失語症・ねちがい・歯痛〔先ず承漿、その後風府を取穴〕

【症例/個人的見解】

・十三鬼穴の第七穴。精神疾患に著効〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕。

 

―――――――――――――――――

※金津・玉液(jin1jin1・yu4ye4)(きんしん・ぎょくえき)・廉泉・舌下穴

※経外奇穴

【取穴】

金津:口腔内、舌下小帯左側の静脈上。

玉液:口腔内、舌下小帯右側の静脈上。

【名の由来】「金・玉=高価貴重なもの・宝」「津・液=津液」。この部位が舌下腺管の開口部で、唾液が溢れ出る場所である事から。古代では唾液を腎水と捉えていた為、腎気を巡らせる貴重なものと考えていた。

【要穴】『標本:足少陰之標(舌下両脈)』

【弁証主治】〔基本、瀉血〕

◆足少陰経病

貧血、血液疾患・痴呆・視力の低下・耳鳴、難聴・毛細気管支炎、肺炎・喘息・萎縮性胃炎・更年期障害・糖尿病など

【主症主治】半身不随・急性食中毒・潰瘍性口内炎、舌腫・扁桃腺炎・顔面神経マヒ

【配穴】+少商…扁桃腺炎(左右とも)〔瀉血〕

 

―――――――――――――――――

※海泉(hai3quan2)(かいせん)・鬼封(gui3feng1)(きふう)

※経外奇穴-鍼灸大全-

【取穴】口腔内、舌下小帯の中点。

【由来】古代ではこの部位に唾液(腎水)が溜まり、枯れることがないと考えていた事から。

【要穴】『標本:足少陰之標(舌下両脈)』

【主治】精神疾患・しゃっくり・舌炎・糖尿病〔基本、瀉血〕

【配穴】

【十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

【症例/個人的見解】

・十三鬼穴の第十三穴。精神疾患に著効〔瀉血〕。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
督脈, ED、男性不妊、泌尿器疾患, 致命三十六穴, 衝脈, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 意識障害, 任脈

会陰(えいん)

CV1)会陰(hui4yin1)(えいん)・屏翳(ping2iyi4)(へいえい)・鬼蔵(gui3cang2)(きぞう)・下極・金門・海底・下陰別

【取穴】会陰部、男性は陰嚢根部と肛門を結ぶ線の中点、女性は後陰唇交連と肛門を結ぶ線の中点。

※側臥位あるいは膝胸位で、肛門と外生殖器の中央にある。

【名の由来】「陰=二陰(ここでは生殖器と肛門)」。本穴がその間にある事から。

【交会】

・経絡(3):任脈-督脈-衝脈(一源三岐)

・経別:第一合(肛門/足太陽の別れ入る処・足少陰の別れ合する処)

【作用】〔瀉〕醒神鎮驚・通調二陰

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・慢性の痔、脱肛・下痢、ひどい血便・糖尿病など

◆督脈病/膀胱-腎病

溺水窒息、意識障害・※脳風、痴呆・てんかん・痙攣、チック・シェーグレン症候群、膠原病・顔色が黒い・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる〔補〕

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

自律神経失調、更年期障害・内眼眦痛・喘息・股関節痛・筋力低下・皮膚静脈炎など

【配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+三陰交…突発性の卒倒・意識障害〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・溺水窒息の場合以外は禁鍼とある。溺水窒息の場合、「人を逆さにしてを吐水し、会陰に鍼して之を補い、屎尿が出れば活く」とある。

・十三鬼穴の第十一穴。この場合は精神疾患というより、意識障害に対して。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・EDに対する新穴として、睾丸の下正中線上に「陽萎穴Ⅵ号」がある。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675