うつ病, くらしのワンポイント, 精神安定、リラックス, 免疫力、抵抗力向上

なぜ「笑う門には福来る」のか?ー脳も笑顔にだまされる-

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、2017年の第1回目のブログですから・・・今日はおめでたく、「笑う門には福来る」の医学的根拠について。

「笑いが健康に良い」というのは、どなたもなんとなく実感があると思いますが・・・皆さんは、どんな時に笑いますか?

あたりまえですが、「楽しい時」ですよね。

ただ、逆もまた然り。

「つくり笑い」でも楽しい気分を生み出すんです。

%e8%84%b3%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%83%a0%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%b9ヒトの脳は、顔(特に口まわり)と手から入ってくる感覚を、非常に敏感にとらえる傾向があります。

脳の感受する割合をビジュアル化した【ホムンクルス】は、皆さんもどこかで一度は見たことあるんじゃないでしょうか?

たとえ「つくり笑い」でも、表情筋の収縮が脳へ送る信号は一緒。

脳は、「あ、顔が笑ってる。じゃあ今楽しいのかな?」となって、ホルモンや自律神経への働きかけをはじめ・・・リラックスした副交感神経優位の状態をつくってくれます。%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%8a%b9%e8%83%bd

脳は意外と騙されやすいんです。

また、以前のブログでも書きましたが、口や顎の筋肉は、深いところで下垂体(ホルモン中枢)や視床下部(自律神経と情動の中枢)を納める蝶形骨とつながっているので、物理的刺激としても効果を発揮。

こうして脳が「笑い」を認識すれば、免疫力も高まります。

体内には、がん細胞やウイルスに感染した細胞など、「異常な細胞」を倒すナチュラルキラー(NK)細胞というものがあるんですが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることが医学的に証明されています。

つまり、これから要注意のインフルエンザにも笑いは有効だということ。

最後に。

ヒトにとって表情とは、重要なコミュニケーションツールです。

笑顔を向けられた相手は、あなたへの警戒を解き、副交感神経が優位・・・つまりリラックス状態が伝染していきます。

笑顔は自分も、まわりの人も健康にする何物にも勝る良薬です。

今年はいつでも「破顔一笑!」といきましょう!!

鍼灸もまた、副交感神経を優位にする効果が高い治療法です。 新しい年の健康管理に、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

広告
うつ病, 督脈

陶道(とうどう)

GV13)陶道(tao2dao4)(とうどう)・一椎

【取穴】上背部、後正中線上、第1胸椎棘突起下方の陥凹部。

※Th2~9は心肺の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】「陶=陶磁」「道=通路」。督脈は陽気の通路であり、陽気の立ち上る様が窯元の煙を思わせる事から。

【交会】・経絡(2):督脈-足太陽経

【作用】〔瀉〕清熱散風・扶正去邪

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど
◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症配穴】

+肺兪…発作性の発熱

⇒神道⇒霊台…うつ病(冷たい精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。陶道⇒神道⇒霊台の順に一週間の間をおきながら施灸するという〕

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
うつ病, 督脈, 経外奇穴

霊台(れいだい) ※張介賓四華穴(ちょうかいひんしかけつ)

GV10)霊台(ling2tai2)(れいだい)・六椎

【取穴】上背部、後正中線上、第6胸椎棘突起下方の陥凹部。

※マッケンジー胸椎圧診点(胆石疝痛・胆道疾患の診断点)に近い。

※Th7~11は、肝臓・胆嚢の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】「霊=心」「台=台座」。本穴内部に心-横隔膜の接点がある事から。

※同名の古代の星座(三星)からとも。

【作用】〔瀉〕清熱化痰

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【主症主治】肺結核・肋間神経痛・肋膜炎・腹痛

【主症配穴】

+身柱…小児喘息〔灸法〕

陶道⇒神道⇒霊台…うつ病(冷たい精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。陶道⇒神道⇒霊台の順に一週間の間をおきながら施灸するという〕

【症例/個人的見解】

・古典には「禁鍼穴」とある。気胸の不安からか?

 

―――――――――――――――

※張介賓四華穴(zhang1jie4bin1si4hua2xue2)(ちょうかいひんしかのけつ):ほぼ霊台・膈兪×2・筋縮

【取穴】

乙紐:患者の口を閉じさせ、右口角~鼻中隔下端~左口角までの長さの紐。

丙紐:紐の中点を大椎に当てて頚に掛け、紐の両端をそろえて前胸部に下垂し、鳩尾穴にいたるまでの長さの紐。

丙紐の中点を甲状軟骨の上に当てて背部に回し、脊柱上の紐の尽きる所に仮点Bとする。仮点Bに乙紐の中央を当てて、上下左右に計4穴、十字型に取穴する。

【主治】呼吸器・心疾患

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
うつ病, 経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 足太陰経筋, 足太陰脾経

商丘(しょうきゅう)

SP5)商丘(shang1qiu1)(しょうきゅう)・商坵

【取穴】足内側、内果の前下方、舟状骨粗面と内果尖の中央陥凹部。

※内果前縁の垂線と内果下縁の水平線の交点にある。

※LR4)中封の後、KI6)照海の前にある。

【名の由来】「商=金(五音)」「丘=盛り上がった場所」。本穴が内果の際に位置し、足太陰経の金穴である事から。

【要穴】『足太陰経経金穴(土経金穴/土生金/自経子穴)』

【交会】・経筋:足太陰の結する処(内踝)

【作用】〔補〕健脾利湿

【弁証主治】

◆傷寒太陰病(脾虚寒湿証)「喘咳寒熱を治す/実すれば其の子を瀉す」

喘息・痞気・胃腸虚弱・舌苔白膩・脈沈緩・慢性の小児のひきつけ・躁鬱、不安障害など

◆足太陰経(筋)病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・脇腹~臍の引きつれ・背深部の痛み、しびれ・婦人科疾患・陰部痛・股関節痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

【配穴】

+石門〔瀉〕…下腹部痛 〔商丘は補〕

+中極…不妊

+三陰交〔灸30壮〕…便秘

+承山…痔・化膿性骨髄炎

【症例/個人的見解】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴は、どの経絡でも精神疾患への効果が高い。本穴では脾虚による神志不栄による精神症状が適応。

・総じて寒証に対する治効が多い。灸向きか?

 

※脾積痞気…五積之一。胃脘部に生じる円盤状・難治性のしこり。食事が身にならず、食後にお腹が張る(消化力低下)・お腹が鳴る・嘔吐・黄疸・便秘あるいは下痢・手足が冷え、おもだるい・脈浮長など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

【おまけ】