疼痛, 発熱, 眼疾患, 精神疾患, 標準耳穴

皮質下(ひしつか)

AT4)皮質下(pi2zhi4xia4)(ひしつか)(subcortex)・卵巣・睾丸・興奮点

【取穴】対耳屏部の内側面。

【主治】全身疼痛・発熱・神経衰弱・仮性近視

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

広告
眼疾患, 標準耳穴

屏間前(びょうかんご)

AT11)屏間後(ping2jian1hou4)(びょうかんご)(posterior intertragal notch)・散光

【取穴】屏間切痕の後方、対耳屏の前下部。

【主治】仮性近視

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

疼痛, 眼疾患, 標準耳穴

屏間前(びょうかんぜん) ※帯状回(たいじょうかい)

 

TG21)屏間前(ping2jian1qian2)(びょうかんぜん)(anterior intertragal notch)・青光

【取穴】

屏間切痕の前方、耳屏の最下縁。

【主治】

全身疼痛・仮性近視

【症例/個人的見解】

・『Battlefield Acupuncture』の基準点の一つ「Cingulate Gyrus(帯状回)」に近い。疼痛管理には適応かと。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

《経外奇穴》, 発熱, 眼疾患, 血流不全、血圧異常, 標準耳穴

耳尖(じせん)

 

HX6/7)耳尖(er3jian1)(じせん)(ear apex) ・扁桃体一・痔核点・耳湧

※経外奇穴-銀海精微-

【取穴】耳輪部。耳を前方に折り曲げたときの上部尖端。

【由来】本穴の位置から。

【主治】〔基本、瀉血〕

発熱・眼痛(急性結膜炎・麦粒腫)・不眠・偏頭痛・流行性耳下腺炎・アレルギー性鼻炎・喉の炎症・ぎっくり腰・肛門周囲の膿瘍・にきび・高血圧

【配穴】+行間+足三里〔補〕…両脇の痛み・身体の中が冷える・よく筋肉がひきつれる・時に脚が腫れる〔耳尖は瀉血〕

【症例/個人的見解】

・瀉血の要穴。角孫に眼疾患の主治が多いが、これは耳尖の瀉血の方が効果は高いように感じる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
眼疾患

【陰陽】のバランスを調えるために・・・9月9日にはハーブティーを

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】の吉田です。

昨日は「白露」。

暦の上では、寒暖の差が出てきて露が生じる頃・・・とされていますが、台風の行列で、露だか梅雨だか分からない天気。

皆さん、体調はいかがでしょう?

時候でいうなら、明日9月9日は【重陽節(菊の節句)】でもあります。015ff9fef65d0fdc39d7950f9fa40830130a064e7d
こちらは二十四節気ではなく、数字の節目。

古来、奇数は「陽」、偶数は「陰」という考え方から、奇数が重なる月日に、季節の節目の行事を行う習慣がありました。

一月一日の元旦、三月三日の桃の節句、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕。

総じておめでたい日である数の節句ですが・・・「九」は、一桁の数字の中では極大の陽数。

何事にもバランスが大事な東洋思想では、「九」が重なる【重陽】は、「陽気が強すぎ、陰陽のバランスが崩れる日」として、注意が払われてきました。

この日は菊花を愛で、菊茶や菊酒をいただく事になっていますが、菊には「熱を除き、上半身ののぼせを除く」効能があるので、「強すぎる陽を鎮める」という意味もあるのでしょう。

特に菊花は、眼精疲労・眼の充血・眼痛・視力減退・かすみ目まで、”眼の漢方の代表“と言っても良いくらいなので、本来なら今日、明日と大々的にお勧めしたいところですが・・・%e9%a0%ad%e7%97%9b3%e6%ae%b5%e9%9a%8e

なにぶんまだ時期的に早い(-_-;)。

数の節句は基本、旧暦を基準に考えられているので、桃も菊も星も、現代の暦だと、季節がずれてしまうんです。 (ちなみに今年の旧暦九月九日は、ちょうど一ヵ月後の10月9日)

そこで替りと云ってはなんですが、ただいま当院では友人の漢方薬局さんで作っていただいた【漢方美人茶】をオススメ中。%e6%bc%a2%e6%96%b9%e7%be%8e%e4%ba%ba%e8%8c%b6

このお茶、中身は「ケツメイシ」・「ハトムギ」・「ドクダミ」を4:5:1でブレンドしたもの。

ケツメイシ(決明子)は、昔から「ハブ茶」という名称で、目の疲れや便秘に使われてきた薬茶の材料。菊花に並ぶ”目の漢方”です。

ハトムギは、漢方では「ヨクイニン」とも呼ばれ、湿と熱を抜く、身近な妙薬。

ドクダミも、漢方では「十薬」や「魚腥草」と呼ばれ、デトックスの妙薬です。

このブレンド比率なら飲みやすく、後味もサッパリ。

当院内に試供品も置いてますから、お近くの皆さんは是非お試しを。

梅雨に優る湿気と暑さ、そして秋特有の天気の変化が身体に優しくない時期。 体調の崩れは、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

めまい、気象病, 眼疾患, 腰背部痛, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 八宗穴/八脈交会穴, 婦人科疾患, 帯脈, 更年期障害, 消化器疾患

足臨泣(あしりんきゅう)

 

GB41)足臨泣(zu2lin2qi4)(あしりんきゅう)

【取穴】

足背、第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部。

【名の由来】

本穴の効能が頭臨泣と相対し、眼病諸症を治す事から。

【要穴】

『足少陽経兪木穴(木経木穴/木気の強い穴)』

『八宗穴/八脈交会穴(×帯脈)』

【交会】※一説には足太陽経との交会とも。

【作用】

〔瀉〕利胆疏肝・利胸膈・清頭目・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

過敏性腸症候群・腰~側腹部痛、痙攣・サルコペニア(加齢による筋力低下)・下脱症状・痔、脱肛・泌尿器、婦人科疾患、生理不順〔灸1壮〕など

◆足少陽経(筋)病「体重節痛を治す」

黄疸・半身不随、運動機能障・頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・乳腺炎・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など


◆心虚証/三焦虚証「木経木穴/木生火/虚すれば其の母を補う」

更年期障害(睡眠障害・不安障害・多汗・めまい・喉が渇く・動悸・※伏梁・※瘕聚・臍上の強い拍動・※副腎皮質機能亢進症状、肥満あるいは極度の痩せなど)

【主症主治】

足首痛・足第4指痛

【弁証配穴】

『八脈交会配穴:臨泣+外関』…往来寒熱・慢性的な微熱・低体温

【主症配穴】

+中渚…めまい〔瀉法〕

+率谷…偏頭痛

+合谷…顔の諸症

+通天…鼻づまり〔瀉法〕

+陽交…胸苦しさ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木陽経の木穴は全経穴中、最も木陽性が強い。そういう意味では火性(複合的臓腑連関から心/三焦)に対する補法にも応用できるのではないだろうか?個人的には更年期障害は適応と考える。

・『外関+臨泣』の配穴は、少陽の関係に基づくものと考える。そう考えると、急性の発熱というよりも、慢性的な往来寒熱、低体温などが、より適応かと。

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高いが、足臨泣にはあまり精神疾患への主治がない。帯脈の性質が強いためか?

 

※心積伏梁…五積之一。慢性の臍~心窩部にしこりがあり、胸苦しさや動悸、イライラを生じさせるもの。加えて脈沈芤・お腹の熱感・顔が赤い・唾に血が混じる・掌のほてり。甚だしきは抽搐を伴う。

※瘕聚…お腹の中に不明瞭なしこりがあり、一時的に張りがきて痛みが移動するもの。

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に作用する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

眼疾患, 神経変性疾患, 絡穴「去痰化瘀」, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経

光明(こうめい)

GB37)光明(guang1ming2)(こうめい)

【取穴】下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方五寸。

【名の由来】本穴が絡穴であり、肝(目を主る)経に繋がり、眼病一般に効果がある事から。

【要穴】

『足少陽経絡穴/踝の上五寸、別れて厥陰に行き、下りて足甲を絡す』

『根結:足少陽之入』

【作用】

〔補〕益胆

〔瀉〕舒筋活絡・通絡明目

【絡脈主治】表裏にまたがる症状・足少陽絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕※痿躄など

〔瀉〕眼疾患・手足の冷えなど 

【弁証主治】◆足少陽経(筋)病

半身不随・片頭痛・外眼眦痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥(顔や身体に粉をふく)など

【弁証配穴】

『原絡配穴(肝⇒胆):太衝+光明』…肝病

+環跳+足竅陰〔繆刺法…反対側を瀉血〕…足少陽絡脈の実証

【主症配穴】+地五会…眼の痛痒〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

 

※痿躄…肢体が萎えて動けなくなる病証。下肢に力が入らなくなり、次第に手に及ぶ事もある。皮膚は艶を失い、無感覚となる。筋萎縮性側索硬化症や進行性核上性マヒに近いか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675