筋の過緊張、こわばり, 能力開発, 陰蹻脈, 足少陽経筋, 八宗穴/八脈交会穴

保護中: 当院での「歪み」のとらえ方 -陰蹻脈(骨)と足少陽経筋(筋肉)-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
筋の過緊張、こわばり, 患者さまの声

60代 男性 指のこわばり

感想文44 60代男性 指のこわばり左手指が曲がらなくなり整形外科、総合診療内科を受診しましたが、明確な原因と治療法が示されず、東洋医学の鍼治療をして頂きました。

初の鍼でしたが、丁寧な説明をしながら施術していただけたので、安心感と合わせ完治できる希望が湧いてきました。

宜しく治療お願いいたします。

クービック予約システムから予約する

筋の過緊張、こわばり, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 原穴, 柔軟性向上・ストレッチ

丘墟(きゅうきょ)

GB40)丘墟(qiu1xu1)(きゅうきょ)

【取穴】足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方。

※抵抗に抗して足の第2指から第5指を伸展させると、長指伸筋腱が明瞭に現れる。

【名の由来】「丘=小さい隆起」「墟=大きい隆起」。本穴が外果の際にある事から。

【要穴】

『胆原穴(木性)』

『根結:足少陽之溜』

【作用】

〔補〕補益原気・扶正袪邪・疏肝健脾

〔瀉〕利胆疏肝・駆邪散滞・清宣少陽・鬱熱消散

【弁証主治】

◆胆病

悪寒戦慄をともなう高熱、往来寒熱・リンパ節腫・胆石〔透照海〕・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆心病

健忘・睡眠障害・貧血、血液疾患・喉渇・心痛・動悸、胸苦しさ・掌の火照り・臍上の強い拍動、※癥積・静脈瘤・冷えのぼせなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・耳鳴・難聴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・肩痛・脇肋、側腹部痛・鼠径部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・外踝痛・足甲痛・足第4指の痛み、マヒ・ガングリオン

【弁証配穴】

『原絡配穴(胆⇒肝):丘墟+蠡溝』…胆病/筋病

『原募配穴(足少陽経):日月+丘墟』…足少陽経病

『原合配穴(少陽経):丘墟+陽陵泉』…足少陽経(筋)病

【主症配穴】

+曲池…胆嚢炎・肝炎〔丘墟透照海〕〔黄疸が強い場合は腕骨・至陽を追加〕

+金門…こむら返り

+竜眼〔瀉血〕…帯状疱疹〔丘墟透照海〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち胆原穴である丘墟は、手少陰心経の病(主に所生病)も主治とする。

・丘墟を打つ際は、「照海」の方へ向けて刺鍼することが基本。

 

※癥積…腹内に明確なしこりがあって、痛みや張りが強く、固定して移動しないもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675