指、手、手首痛, 標準耳穴

保護中: 腕(うで/手首)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
皮膚疾患, 絡穴〔去痰化瘀〕, 肘痛, 致残十八穴, 手太陽経筋, 手太陽小腸経, 指、手、手首痛

支正(しせい)

SI7)支正(zhi1zheng4)(しせい)

【取穴】前腕後内側、尺骨内縁と尺骨手根屈筋の間、手関節背側横紋の上方五寸。

※SI5)陽谷とSI8)小海を結ぶ線上の中点の下方一寸にある。

【名の由来】「支=枝」「正=正経」。本穴が手太陽経絡穴であり、分枝して手少陰経に連絡する事から。

【要穴】

『手太陽経絡穴/手首の上五寸、内にて少陰経に注ぐ。その別枝は上りて肘に行き、肩髃を絡す』

『根結:手太陽之入』

【作用】

〔補〕清熱養陰

〔瀉〕疏筋活血

【絡脈主治】表裏(手少陰経)にまたがる症状・手太陽絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕いぼ

〔瀉〕肘関節の弛緩、マヒ〔繆刺法…反対側を瀉血〕

【弁証主治】

◆手太陽経(筋)病

発熱による疼痛・視力低下・耳鳴・下顎痛・項頚部痛・頚部静脈瘤・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛など

【弁証配穴】『原絡配穴(心⇒小腸):神門+支正』…心所生病

【主症配穴】+委中…いぼ

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・絡脈の虚によって”いぼ”が生じるとある。賀偉先生によれば、「全身のいぼに対して効果がある」という。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により握力の低下を招く。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
致残十八穴, 手陽明大腸経, 指、手、手首痛

手三里(てさんり)

LI10)手三里(shou3san1li3)(てさんり)・鬼邪

【取穴】前腕後外側、LI5)陽渓とLI11)曲池を結ぶ線上、肘窩横紋の下方二寸。

【名の由来】本穴が肘髎より三寸の位置にある事から。

【作用】〔瀉〕清熱解毒・清瀉陽明・疏風活絡

【弁証主治】◆手陽明経病

鼻づまり・歯痛・頚部の腫脹・上肢のマヒ、悪寒、炎症など

【主症主治】腱鞘炎

【配穴】

+合谷…舌の腫瘤

+足竅陰…上肢痛・手指のこわばり〔瀉法〕

+陥谷…お腹の張り

【症例/個人的見解】

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により握力が低下する。

・検証:得気はあまり強くない。深部で雀啄を続けると、「孔最」の方へわずかに響く。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 手陽明経筋, 手陽明大腸経, 指、手、手首痛

陽渓(ようけい)

LI5)陽渓(yang2xi1)(ようけい)・中魁(zhong1kui2)(ちゅうかい)

【取穴】手関節外側、手関節背側横紋橈側、橈骨茎状突起の遠位、タバコ窩(橈骨小窩)の陥凹部。

※タバコ窩(橈骨小窩)の陥凹部は、長母指伸筋腱と短母指伸筋腱の間、母指を十分に外転、伸展するときにできる。

【名の由来】本穴が陽経に在り、母指を外転すると浮き出る事から。

【要穴】

『手陽明経経火穴(金経火穴/火克金)』

『根結:手陽明之注』

【交会】・経筋:手陽明経筋の結する処(腕=手首)

【作用】

〔補〕補益衛気

〔瀉〕瀉火護金・清瀉陽明・疏筋利節

【弁証主治】

◆温病気分証「喘咳寒熱を治す」

大熱悪熱・大汗・大渇・眼痛・鼻血・咳嗽・痰多・喉痛・頚部リンパ節腫・嚥下困難・胸苦しさ・尿赤・便秘・舌紅苔黄燥・脈洪数大など

◆陽明熱証「火克金」

てんかん・統合失調症・めまい・耳鳴・痔など

◆手陽明経(筋)病

頭痛・歯痛・項頚部痛・肩背のひきつれ、五十肩・肘痛・上肢痛、マヒ、悪寒、炎症・腱鞘炎、第2指痛など

【配穴】

+二間…歯痛・腰痛・喉の炎症

+後渓…痔

+肩髃…風疹

【症例/個人的見解】

・検証:得気は緩やかに「曲池」へ響く。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
発熱, 眼疾患, 禁灸穴, 経外奇穴, 手太陰経筋, 手太陰肺経, 指、手、手首痛, 榮(火/水)穴〔身熱を治す〕

魚際(ぎょさい) ※鳳眼(ほうがん)

LU10)魚際(yu2ji4)(ぎょさい)

【取穴】手掌、第1中手骨中点の橈側、赤白肉際。

【名の由来】本穴位が魚の腹の様であり、また赤白肉の「際」に位置する事から。

【要穴】『手太陰経榮火穴(金経火穴/火克金)』

【交会】・経筋:手太陰経筋の結する処

【作用】

〔補〕滋陰清熱

〔瀉〕清泄肺熱・宣肺止咳・咽喉清利・舒筋活絡

【弁証主治】

◆肺実熱証「身熱を治す/火克金」

悪寒戦慄を伴う発熱・リンパ節腫・喉の炎症・急性乳腺炎・のぼせ・掌の火照りなど

◆手太陰経(筋)病

呼吸器の虚弱・自律神経失調・咳嗽、喘息・吐血・上肢痛、ひきつれ・肘痛・ばね指・両手を交えてもだえる・臍右の強い拍動・脈浮など

【配穴】

+液門…喉が渇いて痛む〔瀉法〕

+照海…喉が渇いて痛む〔補法〕

+委中…片側の脇から背中へのひきつれ

【症例/個人的見解】

・「禁灸穴」とある。

・診断点として有効。魚際の細絡が青ければ胃寒、赤ければ胃熱、黒ければ久痺。赤青黒が混じっていると寒熱が入り混じっていて、点状に青くなっていると気虚。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。本穴も手太陰経筋上の化膿性筋炎などには効果的と考える。

・検証:得気は鋭く「小商」と「陽渓」へと走る。

 

―――――――――――――――――

鳳眼(feng4yan3)(ほうがん)

※経外奇穴『肘後備急方』

【取穴】母指指節関節横紋橈側端。母指を屈曲して取穴。

【作用】〔瀉〕通眼開竅

【名の由来】「鳳=鳳凰」。掌を広げ、母指以外の四指を鳳凰の翼に見立てた時、本穴がちょうど鳳凰の眼の位置にくる事から。

【主治】眼疾患・腱鞘炎

【症例/個人的見解】

・検証:得気はわずかに「曲池」にとどくか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
致命三十六穴, 兪(土/木)穴〔体重節痛を治す〕, 八会穴, 十三鬼穴(統合失調症、双極性障害), 原穴, 慢性疲労、虚弱体質, 手太陰経筋, 手太陰肺経, 指、手、手首痛

太淵(たいえん)

LU9)太淵(tai4yuan1)(たいえん)・鬼心(gui3xin1)(きしん)・太泉

【取穴】手関節前外側、橈骨茎状突起と舟状骨の間、長母指外転筋腱の尺側陥凹部。

※手関節掌側横紋の橈側、橈骨動脈上。

【名の由来】「太=大」「淵=深い水溜り」。経渠からの流れが全て本穴に集う事から。

【要穴】

『手太陰経兪土穴(金経土穴/土生金/自経母穴)』

『肺原穴』

『標本:手太陰之本』

『八会穴:脈会』

【作用】

〔補〕補益肺気・補益原気

〔瀉〕清肺宣肺・疏理肺気・清熱解熱

【弁証主治】

◆肺虚証「虚すれば其の母を補う」

呼吸器の虚弱・自律神経失調・咳嗽、喘息・両手を交えてもだえる・臍右の強い拍動・脈浮など

◆足太陽膀胱経病

悪寒戦慄を伴う発熱・発熱による疼痛・半身不随・てんかん、痙攣・不安障害・統合失調症・不眠・頭痛・顔色が黒い・泌尿器疾患・痔・脈沈遅・部位がはっきりしない疼痛など

 

◆手太陰経(筋)病「体重節痛を治す」

呼吸困難・げっぷ・吐血・胃痛・肩背部痛・上肢痛、ひきつれ・肘痛・腱鞘炎・母指、第2指痛など

【弁証配穴】

『郄会配穴(脈):太淵+郄門・孔最』…脈病

『兪原配穴(肺):肺兪+太淵』…肺虚証〔補法〕

『原絡配穴(肺⇒大腸):太淵+偏歴』…肺病

『原募配穴(手太陰経):中府+太淵』…手太陰経病

『原合配穴(手太陰経):太淵+尺澤』…手太陰経筋病

『二原配穴(肺/心):太淵+神門』…気血両虚証〔補法〕

『二原配穴(肺/脾):太淵+太白』…肺脾気虚〔補法〕

『二原配穴(肝/肺):太淵〔補〕+太衝〔瀉〕』…肝気犯肺証

『二原配穴(肺/腎):太淵+太渓』…腎不納気証〔補法〕

【主症配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+列缺〔瀉〕…胸痛・痰がからんだ咳・頭痛〔繆刺〕

+液門…手足の冷え

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち肺原穴である太淵は、足太陽膀胱経の病も主治とする。本穴が十三鬼穴の第四穴(針灸聚英・針灸大成では「大陵」とする)なのも、此処に由来するものかと。

・肺・衛疾患に著効。

・検証:得気は浅層で「曲澤」、中層で「手三里」、深層で「陽渓」に走る。全体として「合谷」から示指尖端へ走る感覚はある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。橈骨動脈からの出血。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675