肥満あるいは極度の痩せ, 標準耳穴

保護中: 屏尖(びょうせん)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
督脈, 過敏性腸症候群, 肥満あるいは極度の痩せ, , 食欲不振

中枢(ちゅうすう)

GV7)中枢(zhong1shu1)(ちゅうすう)・十椎

【取穴】上背部、後正中線上、第10胸椎棘突起下方の陥凹部。

※Th10~L1は、子宮の内臓体性知覚反射部位に相当。

※Th10~12・S1~3は、前立腺の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】「中=中間」「「枢=軸」。本穴の位置が背部の運動軸となる事から。

【作用】

〔補〕健脾利湿

〔瀉〕清熱止痛

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆胆病

几帳面な性格、イライラして怒りやすい・過敏性腸症候群・貧血、血液疾患など

【主症主治】しゃっくり・吐き気・十二指腸潰瘍・食欲不振〔灸3壮〕

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に胆兪がある。胆の病にも有効と考える。

・和漢三才図会に「此処に三壮灸すれば善く熱を引かせ食が進む。常用常効あり」とある。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
督脈, 肥満あるいは極度の痩せ,

脊中(せきちゅう)

GV6)脊中(ji3zhong1)(せきちゅう)・神宗・背兪・十一椎

【取穴】上背部、後正中線上、第11胸椎棘突起下方の陥凹部。

※背部胃潰瘍圧診点(胃潰瘍の診断点)に近い。

※Th11・12は、精巣上体の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】本穴がちょうど背部の中央に位置する事から。

【作用】〔補〕温補脾腎

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆脾病

貧血、血液疾患・胃腸虚弱、萎縮性胃炎、※積聚・軟便・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩など

【配穴】+湧泉…てんかん発作〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会に「禁灸穴」とある。何故か?

・本穴の左右には脾兪がある。脾の病にも有効と考える。

・過剰な食欲を抑えるとも。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ストレス/不安障害、パニック障害, 禁灸穴, 肥満あるいは極度の痩せ, 肩関節周囲炎、肩背部痛, 足少陽胆経, 各種依存症

淵腋(えんえき)

GB22)淵腋(yuan1ye4)(えんえき)・泉腋・腋門・淵液

【取穴】側胸部、第4肋間、中腋窩線上。

【名の由来】「淵=深い溝」。本穴が腋にあり、足少陽経気が体表に出る場所である事から。

【要穴】『標本:手厥陰の標(腋下下三寸)?』

【交会】・経別(3):第四合(手少陰の入る処)・第五合(手厥陰の別れ入る処)・第六合(手太陰の別れ入る処)

【作用】〔瀉〕理気和血・平喘降逆

【弁証主治】

◆心-小腸病

躁鬱・不安障害・統合失調症・睡眠障害・循環器症状・掌の火照り・ひどい冷えなど

◆心包-三焦病

各種依存症・ストレス障害(過敏性腸症候群)・肥満あるいは極度の痩せ・※副腎機能亢進症など

◆肺-大腸病

自律神経失調・呼吸器の虚弱・アレルギー疾患、皮膚の乾燥など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛など

◆手厥陰経病

顔が赤い・黄疸・腋窩リンパ節腫・上腕の痛み、痙攣やこわばりなど

【主症主治】肩痛、五十肩

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会に「禁灸穴」とある。要注意。

・側胸部の本穴より一肋間下(第5肋間)、中腋窩線上に取穴すると、パニック症候群に著効がみられる。

・心包と三焦は、腎との関わりが非常に強いと考えられる。個人的には、副腎機能の亢進症状をイメージさせる。

 

※副腎皮質機能亢進症

・クッシング症候群…糖質コルチコイドの過剰分泌によって生じる。満月様顔貌・体内の蛋白質減少・高血糖・高血圧・精神異常など。

・コン症候群…電解質コルチコイドの過剰分泌によって生じる。Na⁺貯留・K⁺消失・多尿・多飲・高血圧・虚弱など。

・副腎性器症候群…副腎アンドロゲンの過剰分泌によって生じる。女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

※副腎髄質ホルモン(カテコールアミン)…交感神経による神経性調節。緊急反応をつくる。

・アドレナリン…心拍出量増加作用、血糖値上昇作用。

・ノルアドレナリン…抹消血管収縮による血圧上昇作用。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675