督脈, , 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 致命三十六穴, 帯脈

命門(めいもん)

ツボ 命門GV4)命門(ming4men2)(めいもん)・十四椎(shi2si41zhui1)(じゅうしつい/じゅうよんつい)・属累・竹杖

【取穴】腰部、後正中線上、第2腰椎棘突起下方の陥凹部。

【由来】本穴が両腎(先天之本)の間にある事から。

【交会】

・経絡(2):督脈-帯脈の交会穴とも。

・経別:第一合(足少陰の出る処。此処から帯脈に属す)

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎・温陽補虚』

〔瀉〕督脈通暢・去邪散滞

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・常に眠く身体が重い・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆膀胱-腎病

成長発育不全、代謝不全・脱毛・視力の低下・耳鳴、難聴・歯槽膿漏・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患〔金鍼〕・下痢〔灸100壮〕・脈沈遅など

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群〔灸100壮〕など

【配穴】

+関元+足三里…虚弱体質

+肝兪…立ちくらみ

+長強〔瀉〕…細菌性の下痢〔命門は補〕

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。津液代謝の異常に関しては効果が高い。

・個人的には、帯脈は、本穴から任脈の体幹すべての穴へと向かうイメージをもっている。こう考えると帯脈は、腹横筋や最内肋間筋など、深奥の筋の役割なども持つのではないか?

・夜盲症には、ビタミンAの摂取と吸収率の改善を。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。腎の損傷。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
ストレス/不安障害、パニック障害, , 致命三十六穴, 足厥陰肝経, 八会穴, 募穴〔瀉実〕, 帯脈, 代謝障害

章門(しょうもん)

LR13)章門(zhang1men2)(しょうもん) ・季脇・長平・脇髎・肋髎・肘尖・後章門・脾募

【取穴】側腹部、第11肋骨端下縁。

※側臥し肩関節を屈曲して定める。第11肋骨端は肋骨弓下縁の下方で触知できる。

【名の由来】「章=明らか」。本穴より五臓の気血が出入し、臓病に明らかな著効を示す事から。

【要穴】

『脾募穴』

『八会穴/臓会』

【交会】・経絡(3):足厥陰経-足少陽経-帯脈の起する処

※鍼灸甲乙経では足厥陰-足少陽の会としている。

【作用】〔瀉〕疏調肝脾・清熱利湿・活血化瘀

【弁証主治】

◆脾(五臓)病

貧血、血液疾患・不安障害、※奔豚・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・不妊・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩・大病後のむくみ〔灸〕など

◆三焦病/足厥陰経病

多汗・喉がひどく渇く・性欲の異常・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群など

【弁証配穴】

『郄会配穴(臓):章門+養老・筑賓』…臓病

『兪募配穴(脾):章門+脾兪』…脾病

『原募配穴(足太陰経):章門+太白』…足太陰経病

【主症配穴】

+不容…胸脇痛

+然谷…※石水〔瀉法〕

+次髎…腰痛〔瀉法〕

+気海…下半身の冷え・むくみ〔灸法〕

【症例/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち脾募穴である章門は、三焦の病も主治とする。

・個人的には、副腎皮質ホルモンの亢進症状が三焦の病をイメージさせる。

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。内臓、特に腎臓の損傷。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。パニック症候群に類する。

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

※石水…水腫病の一種。肝腎の陰寒により水気が下焦に凝聚し、脇腹が肥大して硬くなる事。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
めまい、気象病, 眼疾患, 腰背部痛, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 兪(土/木)穴〔体重節痛を治す〕, 八宗穴/八脈交会穴, 婦人科疾患, 帯脈, 消化器疾患

足臨泣(あしりんきゅう)

GB41)足臨泣(zu2lin2qi4)(あしりんきゅう)

【取穴】足背、第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部。

【名の由来】本穴の効能が頭臨泣と相対し、眼病諸症を治す事から。

【要穴】

『足少陽経兪木穴(木経木穴/木気の強い穴)』

『八宗穴/八脈交会穴(×帯脈)』

【交会】※一説には足太陽経との交会とも。

【作用】〔瀉〕利胆疏肝・利胸膈・清頭目・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

過敏性腸症候群・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・痔、脱肛・泌尿器、婦人科疾患、生理不順〔灸1壮〕など

◆足少陽経(筋)病「体重節痛を治す」

黄疸・半身不随、運動機能障・頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・乳腺炎・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など


◆膀胱実証「木経木穴/水生木/実すれば其の子を瀉す」

風邪・発熱による疼痛・顔色が黒い・自律神経失調など

【主症主治】めまい眼疾患・足首痛・足第4指痛

【弁証配穴】『八脈交会配穴:臨泣+外関』…上焦熱証

【主症配穴】

+中渚…めまい〔瀉法〕

+率谷…偏頭痛

+合谷…顔の諸症

+通天…鼻づまり〔瀉法〕

+陽交…胸苦しさ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木陽経の木穴は全経穴中、最も木陽性が強い。そういう意味では水性(腎/膀胱・骨髄・耳/二陰など)に対する瀉法にも応用できるのではないだろうか?

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高いが、足臨泣にはあまり精神疾患への主治がない。帯脈の性質が強いためか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
足陽明経筋, 足少陽胆経, 帯脈

維道(いどう)

GB28)維道(wei2dao4)(いどう)・外枢

【取穴】下腹部、上前腸骨棘の内下方五分。

※GB27)五枢の内下方五分にある。

【名の由来】「維=つなぐ」。本穴が帯脈との交会穴であり、帯脈の機能が、諸経を繋ぐ事から。

【交会】

・経絡(2):足少陽経-帯脈

・経筋:足陽明経筋の結する処(髀枢)

【作用】〔補瀉〕温陽利湿・舒筋活絡

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・足首痛・皮膚の乾燥など
◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群・泌尿器、婦人科疾患など

◆足陽明経筋病

耳疾患・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【配穴】+関元…下痢

【症例/個人的見解】

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・足陽明経筋病に対して用いる際は、本穴と髀関との間の硬結を主体に刺鍼ポイントを決めた方が良いように思う。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
足太陰経筋, 足少陽胆経, 帯脈

五枢(ごすう)

GB27)五枢(wu3shu1)(ごすう)

【取穴】下腹部、臍中央の下方三寸、上前腸骨棘の内方。

※GB26)帯脈の下方三寸でCV4)関元と同じ高さにある。

【名の由来】「枢=要」。本穴が足少陽経の腹部五穴の中心にある事から。

※足少陽経腹部五穴…京門・帯脈・五枢・維道・居髎

【交会】

・経絡(2):足少陽経-帯脈

・経筋:足太陰経筋の結する処(髀)

【作用】〔補瀉〕温補下焦

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・足首痛・皮膚の乾燥など

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群・泌尿器、婦人科疾患など


◆足太陰経筋病

脇腹~臍の引きつれ・腰背部痛・股関節痛・陰部痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛など

【配穴】

+上巨虚…※奔豚

+帰来…睾丸が上がる〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。 その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
足少陽胆経, 婦人科疾患, 帯脈, 慢性疲労、虚弱体質, 消化器疾患

帯脈(たいみゃく)

GB26)帯脈(dai4mai4)(たいみゃく)

【取穴】側腹部、第11肋骨端下方、臍中央と同じ高さ。

※最初に第10肋骨を探り、肋骨弓下縁の直下に位置する第11肋骨端を探す。

※LR13)章門の下方で、CV8)神闕と同じ高さにある。

【由来】本穴が、奇経帯脈の要衝である事から。

【交会】・経絡(2):足少陽経-帯脈

【作用】〔補瀉〕温補下焦・調経止帯

【弁証主治】

◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群・泌尿器、婦人科疾患、生理不順〔灸1壮〕など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】背部のこわばり・股関節痛・坐骨神経痛

【配穴】

+関元…※奔豚〔金鍼〕

+百会…おりものに血や膿が混じる〔灸法〕

+下巨虚…おりものの不調

【症例/個人的見解】

・故事曰く、婦人のおりものの治療に、気海に灸したが治らず、翌日帯脈に灸をした。すると患者に憑いた鬼が「灸が自分に的中したので去る事にする」と耳元で囁き、その後婦人は全快したという。此に百会の灸を併せると、同じ様な患者で治らぬ者はいなかったとか。考えるに「鬼(心的ストレス)」が絡む婦人科疾患には、良い効果がでるように思う。

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675