鍼灸はなぜ効くのか?, 陽蹻脈

保護中: 【目系】とはなにか?ー体内時計の在り処-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
くらしの東洋医学, はり師の四コマ, めまい、気象病, 自律神経失調, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

春の『吸玉』ーカラダの芽吹きをたすけますー

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

昨日は冷たい雨でしたねぇ・・・ 今日は一転、桜の開花も進む春の陽気。

こういう気圧、気温、湿度の急変は、ヒトの自律神経に強い負荷をかけます。

増して春は、カラダの代謝もどんどん活発になっていく時期。

日々エネルギーを増していく内側と、寒さに備えて防御を固める外側のせめぎあいは、めまいやのぼせ、ムカつきや吐き気、湿疹や吹き出物、変にイライラしたり、反面ひどく眠かったり・・・と、時に体調の不良を引き起こします。

季節としてはこれから暑さへと傾いていく訳ですし、春の養生は天候を見定めながら、適度な発散が大事。

こんな時には『吸玉』がオススメ。

エネルギーの逃げ道をつくってあげることで体内の圧力を下げ、内外のバランスを調整してくれる優れものです。

『吸玉』といえば、昨年のリオ五輪での水泳の覇者、マイケル・フェルプス選手が体調管理の一環としてコレを取り入れていた事は記憶に新しいところ。

彼らのようなアスリートは、筋膜の調整や乳酸の代謝促進の意味で『吸玉』を用いますが・・・

運動不足で肌感覚が鈍くなりがちな一般の私たちは、春こそ『吸玉』を。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

はり師の四コマ, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

「はり師と整体師ってなにが違うの?」・・・という痛い質問(-_-;)

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

2月は試験のシーズン。

受験生の皆さんは、くれぐれも体調管理にお気をつけて!

さて、学校に限らず、医師を筆頭とする医療系の国家試験も2月に集中しています。

我々がもつ【はり師・きゅう師免許】も、その中の一つ。

このマンガのように、昨今は”リラクゼーションマッサージ”や“整体院”が乱立し、患者さんが「何処にいくべきか迷う」なんていうお話もよく聞きますが・・・

 

国家資格は、その職業に必要とされる知識や技能を身に着けていると、国が認めるもの。

特に鍼師は、「医師以外にヒトの身体に鍼を打てる唯一の職業」です。

我々は皆、卒後も、そのための勉強や、技術の向上には余念がありません。

どうかお身体のメンテナンスは、ぜひ国家資格者のいるトコロで!

 

しかし・・・

この4コマ描いていて思ったんですが、彫師さんとかは法律的にどうなんだろう?とか、た〇すクリニックさんとかのCMはOKなのか?とか・・・

色々ギモンも湧いてきましたが、まぁそれはともかく。

 

国家資格である鍼灸治療は医療費控除の対象になります。

昨年、当院で施術を受けれられた皆さま。
確定申告に際して、まとめた領収書が必要であれば、お気軽にご連絡ください。

一年分の明細と領収書をご用意いたします。

 

くらしのツボ, 鍼灸はなぜ効くのか?

めまいにお灸が良いわけ

首筋はしっかり保温しましょう!

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

11月のはや後半。
気分的にもせわしない季節になってきました。

今年・・・特に10月は、気圧・気温・湿度が毎日のようにめまぐるしく変化したせいか、腹痛、頭痛、ねちがい、神経痛と、今月に入ってから体調を崩す方が多数。
そんな中、多いの症状の一つが「めまい」です。%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%84

人間は、耳の奥にある『三半規管』で平衡感覚を司ります。

この中には耳石という小さな石があり、この石はリンパ液の中に浮いています。
身体(頭)が動くことで生じるリンパ液の流れが耳石を揺らし、その揺れ具合が脳に伝わって、自分の傾き具合を感知するという仕組み。%e4%b8%89%e5%8d%8a%e8%a6%8f%e7%ae%a1

つまり、内部のリンパ液がドロドロだと、実際と動きと耳石の揺れに齟齬が生じ、「めまい」が生じるというわけです。

このリンパ液は血液から作られるので・・・

頚肩のこりで筋肉が強く収縮し、頭に向かう血流を阻害してしまうと、必然的にリンパの質も低下します。

秋から冬へと駆け足で移り変わるこの時期は、身体が寒さに馴れず、頚肩に力が入りがち。
加えて乾燥から、体内の水分量も減っていくので、”めまいリスク”はますます高まります。

こういう場合の治療としては、先ずは頚肩をほぐして血流を確保すること。

基本的には頚肩を冷やさず、外出時にはマフラーを。
温かい飲み物を常に手元に置いて、水分補給も忘れずに。

ケアとしては三半規管へ新鮮なリンパが送り込まれるように、周辺のツボをほどよくマッサージ。
【完骨(かんこつ)】などはセルフマッサージのポイントとしてオススメです。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%80%80%e5%ae%8c%e9%aa%a8

また、三半規管は骨の中なので指も鍼も届きませんが、は骨を通して内部に伝わりますから・・・

治療としては、骨上へのお灸も効果的です。%e4%b9%b3%e6%a7%98%e7%aa%81%e8%b5%b7%e3%81%ae%e6%8d%ae%e3%81%88%e7%81%b8
注意:ご自分では見えない所ですし、一般の方のセルフ灸向けのポイントではありません。
ココへのお灸は、ぜひ鍼灸院で!

お灸にはさまざまなやり方があり、火傷の心配なく、じんわりと芯を温める方法も多々あります。

冬の体調不良にぜひお灸を。
お気軽に当院にご相談ください。

 

 

はり師の四コマ, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

はりきゅう院や漢方薬局では、なぜ「両手の脈」を測るのか?

%e8%84%88%e8%a8%ba

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年の10月は、まさに季節の変わり目でしたねぇ(-_-;)

上旬はまだ冷房を考えなきゃいけなかったのに・・・今はもう暖房つけるべきか悩む気温。

こんな時分は、自覚がなくても身体は結構つかれています。

そんな”身体の声”を聴くのに便利なのが、今回四コマでご紹介した【脈診】。

ご自身でも、毎日決まった時間に脈を診る習慣をつけるのも、健康管理にはとても良いかと。

「腰が痛い」「頭が痛い」など、症状に対してただただ腰や頭に鍼を打つというだけでは、その場しのぎにしかなりません。

その奥にある、患者さん自身も自覚できない”不和”を探るために、我々は脈を診、舌を診、お話を聞き質問して・・・多くの情報を集め、総合的に判断し、病気を見立ててツボ(や薬)を選びます。

コレが東洋医学の「医学」たる所以。

最近は病院も、「5分診療、お医者さんは患者さんに触れもしない」なんて話を聞くことがあります。

CTやMRIなどの発達で、その必要がないと言われればそれまでですが・・・

我々はそうはいきません。

先ずはじっくりお話をお聞きします。

時にあまり関係ないような、生理や食事や睡眠などの事をお聞きすることもあります。

頭が痛いのに足に鍼をうつことも、腰が痛いのに手や頭にツボをとることもあります。

すべてに意味がありますから、ご不明な点は、逆になんでもご質問くださいね!

もう来週は11月・・・2016年もあと二月。

年末の体調管理にぜひ、当院をご活用ください。

 

くらしのツボ, 鍼灸はなぜ効くのか?

ポカポカ東洋医学その2-体温と免疫力をあげるツボ?-

ツボ編

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

日に日に気温が下がり、秋を飛び越えて冬がきそうな今日この頃。
当院でも、冷え性に対する治療が多くなってきました。

そこで今回は、ご自宅でも注意してほしい「冷え対策のツボ」を、4か所ほどご紹介。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%e3%80%80%ef%bc%94%e3%81%a4%e3%81%ae%e8%82%93

【膏肓(こうこう)】:肩胛骨の内側、正中線から約9cmくらいの処。

【肓門(こうもん)】:腰のくびれの高さで、やはり正中線から約9cmくらいの処。

【胞肓(ほうこう)】:骨盤の関節(仙腸関節)の際のあたり。やはり正中線から約9cmくらいの処。

【肓兪(こうゆ)】:お腹側、お臍の真横約2cmくらいの処。

・・・の以上4か所。

中でも特に【膏肓(こうこう)】は、「癒せぬ処なし」と謳われるほどの養生の名穴。
ことわざにも「病膏肓に入る」というのがありますが、コレはつまり、膏肓にまで病が侵攻しては「手の施しようがない」という意味です。

大事なんですよ、【膏肓】。

では、なぜ【膏肓(こうこう)】はそれほどに効くのか?

それは、この4つのツボに共通する一文字、『肓』に秘密があります。

『肓』とは”脂肪”を意味する古い漢字ですが・・・面白いのは、これらのツボの位置は西洋医学でも、「褐色脂肪細胞」が多く存在する場所として知られています。

「褐色脂肪細胞」とは、通常の脂肪組織を燃焼させ、体温を生み出す”発火点”となる組織。

つまり、体温を高め、人体の機能を活性化させるための起点となりうる組織が、このポイントだということです。

一説には、体温が1度あがると免疫力は1.7倍に跳ね上がるとも。%e8%ba%ab%e4%bd%93%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b8%a9%e3%81%be%e3%82%8b02

おそらくヒトは大昔から経験的に、そして腑分けの知識として、この『肓』が、身体の元気に関係することを理解していたんでしょうね。

場所が覚えにくければ、おおまかに「心臓の裏」と「腎臓」と「骨盤」と「おへそ」でもOK。

例えばシャワーなどで、この周辺を集中的に温めたり、乾布摩擦で刺激してあげたり・・・

冷え性は一回の治療で治るものではありませんから、普段から習慣として、この4つのポイントに適度な刺激を与えてあげましょう!

秋こそ冷え性予防のはじめどきですよ!

頑固な冷え性はいろいろな病気を引き寄せます。
辛くなる前に、ぜひ当院にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

はり師の四コマ, バランス向上, 腰背部痛, 鍼灸はなぜ効くのか?, 項頚部痛, 頭痛, 動きの東洋医学

「なぜ腰痛で頭に鍼を刺すの?」というご質問から

頭皮鍼

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

鍼灸院で診る症状と云えば、やはり多いのは「痛み」です。

当院では頭痛(や眼の奥の痛み)が一番多いですが、ついで腰痛、背中痛といったところ。

こういう痛みに対して、当院では先ず1本、頭に鍼を打つことが多いんです。頭皮針

「腰痛なのになぜ頭?」と、いぶかしがる方も多いのですが・・・ちゃんと理由が。

ヒトの骨格は、重い頭(頭蓋骨)が、積み木を重ねたような背骨の天辺に乗っかっている・・・普通に考えれば非常にバランスの悪い構造をしています。

実際には背骨の絶妙なカーブや、骨盤や肩甲骨の構造などにより、運動性と安定性を両立した素晴らしいデザインなんですが、

それも普段の姿勢が正しければ、の話。

天辺のバランスがすこしでもズレれば、骨格だけでは姿勢を維持できません。

結果、筋肉が必至にコレを支え・・・

悪い姿勢が日常的になれば、筋肉は緩むこともできず疲労に疲労を重ね・・・

なにかの拍子(気温差やくしゃみなど)に、ギックリ!と。重心イメージ03こういう痛みの治療では、患部だけ治療をしても筋肉は緩みません。

当院の最初の頭の鍼は、一番重い頭のバランスを少し操作することで、「構造的な負荷」を先ず改善させることを目的にしています。

まぁ頭の鍼には色々な理論や技法があり、治療効果もコレだけではありませんが。

それはまたの機会に。

大型台風も迷走中です。

これが過ぎれば、今度は寒暖差厳しい季節の変わり目。

皆さん、この秋にギックリ!といかないためにも、先ずは日々姿勢の見直しを。

頭にタオルのっけて、落とさないように歩く、なんてのも良いですよ^^)

それでも痛みが出たときは・・・お早めに当院にご相談ください!

クービック予約システムから予約する