はりにまつわる物語, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から, 伍行庵 治療の特色

西洋と東洋、2つの医学の「健康長寿」 -NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ていた、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

先週末はついに最終回。

テーマは『健康長寿』でした。

今回の驚きは、がん細胞が増殖と転移のメカニズムにも、ホルモンが関わること。

そして最先端の再生医療の可能性と・・・

 

怖さ。

 

このシリーズを通して視ると、現代の医学は、「臓器同士の会話」のカギとなる、たくさんのホルモン(番組ではメッセージ物質と呼んでいます)を抽出し、それを人為的に使うことで、臓器の再生、免疫の強化、そして老いない身体を獲得しようとしはじめています。

たしかに多くの、病に苦しむヒトの福音になるでしょう。

が・・・「ホルモンを利己的に用いる」という点では、やろうとしていることはがん細胞の手口と同じ。

ゲストの樹木希林さんのコメントのように、どこかで必ずなにか「歪み」が生じるような気がしてなりません。

 

このシリーズを追いかけ始めたころ、私にとっての東洋医学的人体ネットワークのイメージはこんな感じでした。

五臓を中心に、五臓が放射状にさまざまなものを支配する感じです。

 

このシリーズを終えて、今の私のイメージは「重なる波紋」。

五臓が発する波紋が、それぞれ重なり合って、その交点に様々なものが生じるイメージです。

一つの波が強すぎれば打ち消されてしまう波もあるように、お互いの波がバランスを取り合うことこそ、東洋医学が考える『健康長寿』の秘訣。

 

西洋医学が西洋医学なりの方法で『健康長寿』を目指すように-

東洋医学も、東洋医学なりの方法で、その答えを見つけられるように-

 

皆さんの健康にとって、よりよい答えが見つかるよう、われわれ鍼灸院はがんばっていきます。

来週からの新年度。

皆さんの健康と体調管理に、ぜひ東洋医学をご活用ください!

 

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

広告
なぜ あなたが今 はり治療をうけるべきなのか?, 伍行庵 治療の特色

『戦場のはりきゅう』-アメリカ軍の耳ツボ活用-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

アメリカ発ですが・・・先日、興味深い記事を読みました。

『Battlefield acupuncture-戦場の鍼灸-』

なんでもアメリカ軍では、兵士の負傷やストレスによる痛みに対して、救急医療として【耳鍼】を取り入れているのだとか。

耳のツボに微細な鍼を貼り付けておくこの技術は、「特別な設備がいらない」「装備に影響しない」「薬にくらべ副作用がない」など・・・

戦場や災害などの緊急時医療として、非常にメリットがあるそうです。

この記事によれば、この除痛メカニズムは脳のMRIなどでも確認されていることから、思い込みや気持ちの問題ではなく、「脳の痛みを感じるメカニズムに優先的に作用するポイントが耳にある」というのは確かなようです。

日本では耳ツボというとすぐ、ダイエット!となってしまいがちですが、私が以前中国で見学した鍼麻酔も、耳ツボをメインにアプローチしていました。

近年、鍼灸や漢方などの東洋医学にも科学的な研究が進み・・・

従来の「なんとなく怪しい」イメージからブラッシュアップされ、薬の量の軽減や緊急時の応急、そしてなにより病気にならないための医療-予防医療-の一翼を担う技術になりつつあります。

今の日本。

超高齢化社会、医療費の高騰、病院では診断のつかない痛みの増加、そして毎年おこる様々な災害。

東洋医学は、こんな現状でこそ力を発揮する医療です。

2017年も残りわずか。

良き年の瀬、良き新年を迎えるためにも、東洋医学をぜひ日常に!

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

くらしの東洋医学, ちょっと詳しく知りたい人の 東洋医学の 基礎知識, はり師の四コマ

連休です!いろんな「エイキ」を養いましょう!-東洋医学の2つのエイキ-

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

明日からゴールデンウイーク!
長い方では9日間のお休みという方もいるようで。

折角の連休、大いに羽を伸ばして、「英気を養って」ください。

さて、この「エイキ」。
「英気」でも「鋭気」でも、どちらでも正解みたいですが・・・

東洋医学的には、『営気』『衛気』を養っていただきたいもの。

『営気』とは、食べ物から得る栄養。生活を営む気です。
『衛気』とは、ストレスや天候に負けない丈夫さのこと。防衛の気ですね。

この2つの「エイキ」は、このマンガのロボのように、下っ腹(臍下丹田)に宿る生命力と、胃腸と肺が上手く機能して、はじめてカラダの隅々にまで行き渡ります。

つまり・・・
お腹を冷やさないこと。
食べ物に気をつかうこと。
しっかり呼吸すること。

この3つが、基本にして最大の健康法!

あと一つ、ストレスに長く晒されると、こういうパターンもあるので・・・
ストレスを溜めないこと。

これからの季節、暑くなるにつれ露出も多くなりますが・・・お臍まわり、特に下っ腹は冷やさぬように。
五月病などにならぬよう、ONとOFFの切り替えを上手に。

ぜひ楽しい連休をお過ごしください!

連休中、当院は暦通りの診療です。
新年度の疲れがドッとでる時期ですから、体調管理をこの辺りで。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしの東洋医学, はり師の四コマ, めまい、気象病, 自律神経失調, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

春の『吸玉』ーカラダの芽吹きをたすけますー

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

昨日は冷たい雨でしたねぇ・・・ 今日は一転、桜の開花も進む春の陽気。

こういう気圧、気温、湿度の急変は、ヒトの自律神経に強い負荷をかけます。

増して春は、カラダの代謝もどんどん活発になっていく時期。

日々エネルギーを増していく内側と、寒さに備えて防御を固める外側のせめぎあいは、めまいやのぼせ、ムカつきや吐き気、湿疹や吹き出物、変にイライラしたり、反面ひどく眠かったり・・・と、時に体調の不良を引き起こします。

季節としてはこれから暑さへと傾いていく訳ですし、春の養生は天候を見定めながら、適度な発散が大事。

こんな時には『吸玉』がオススメ。

エネルギーの逃げ道をつくってあげることで体内の圧力を下げ、内外のバランスを調整してくれる優れものです。

『吸玉』といえば、昨年のリオ五輪での水泳の覇者、マイケル・フェルプス選手が体調管理の一環としてコレを取り入れていた事は記憶に新しいところ。

彼らのようなアスリートは、筋膜の調整や乳酸の代謝促進の意味で『吸玉』を用いますが・・・

運動不足で肌感覚が鈍くなりがちな一般の私たちは、春こそ『吸玉』を。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

はり師の四コマ, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

「はり師と整体師ってなにが違うの?」・・・という痛い質問(-_-;)

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

2月は試験のシーズン。

受験生の皆さんは、くれぐれも体調管理にお気をつけて!

さて、学校に限らず、医師を筆頭とする医療系の国家試験も2月に集中しています。

我々がもつ【はり師・きゅう師免許】も、その中の一つ。

このマンガのように、昨今は”リラクゼーションマッサージ”や“整体院”が乱立し、患者さんが「何処にいくべきか迷う」なんていうお話もよく聞きますが・・・

 

国家資格は、その職業に必要とされる知識や技能を身に着けていると、国が認めるもの。

特に鍼師は、「医師以外にヒトの身体に鍼を打てる唯一の職業」です。

我々は皆、卒後も、そのための勉強や、技術の向上には余念がありません。

どうかお身体のメンテナンスは、ぜひ国家資格者のいるトコロで!

 

しかし・・・

この4コマ描いていて思ったんですが、彫師さんとかは法律的にどうなんだろう?とか、た〇すクリニックさんとかのCMはOKなのか?とか・・・

色々ギモンも湧いてきましたが、まぁそれはともかく。

 

国家資格である鍼灸治療は医療費控除の対象になります。

昨年、当院で施術を受けれられた皆さま。
確定申告に際して、まとめた領収書が必要であれば、お気軽にご連絡ください。

一年分の明細と領収書をご用意いたします。

 

くらしを愉しむ, はり師の四コマ, 剣道, 動きの東洋医学

あなたの今年の「グッドニュース」はなんですか?

悪いことより良いことを数えてみましょう!

%e5%89%a3%e9%81%93%e5%86%8d%e9%96%8b皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

はや11月も末、2016年も12月を残すのみ。

今年は国内外、事件災害政情不安・・・あまりにありすぎて、ちょっとナーバスになってしまった方も多いとは思います。

ざっと挙げただけでも

熊本と鳥取、福島。台湾やエクアドル、イタリア、ニュージーランドでも大きな地震。加えて日本は台風連続上陸。

ベルギー、バングラデシュなどテロの横行、英EU離脱、トランプ大統領誕生、韓国大騒ぎ。

消費税延期、舛添辞任、小池知事誕生からの豊洲問題発覚。

アイドル刺傷、北海道で通り魔、相模原の大量殺傷、博多で陥没・・・

良かったのは・・・オバマ大統領の広島訪問に「君の名は」、ポケモンGO、リオ五輪にPPAP(笑)?

世間的にはオリンピックが、今年一番のグッドニュースでしょうか。

まぁ世情は兎も角、自分自身の良いニュースをたくさん挙げることができたなら、それは皆さんにとって良い年であったということ。

私にとっては、今年はやはり「剣道再開」でしょうか?

中学の部活以来なので、ほぼ素人。

まぁ手足はばらばらだわ、息は続かないわ、防具は重いわで、毎週筋肉痛ですが・・・

それでも大きな声をだす気持ち良さ、世代を超えたぶつかり合いや爽やかな礼節は、とても良いリフレッシュになります!

仕事にとっても、身体の使い方の再確認や、たくさんヒトの動きの違いなど、痛みの原因を生むような動作パターンを集めるのにはとても役立っています。

来年もしっかり稽古して、仕事にも活かして・・・世間的もたくさん良いニュースが聞かれるような、そんな2017年にしたいもの。

まぁ、先ずは残り一ヵ月。皆さんが、気持ちよく新年を迎えられるよう、しっかり施術してまいります!

ぜひ、お気軽にご相談ください!

クービック予約システムから予約する

はり師の四コマ, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

はりきゅう院や漢方薬局では、なぜ「両手の脈」を測るのか?

%e8%84%88%e8%a8%ba

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年の10月は、まさに季節の変わり目でしたねぇ(-_-;)

上旬はまだ冷房を考えなきゃいけなかったのに・・・今はもう暖房つけるべきか悩む気温。

こんな時分は、自覚がなくても身体は結構つかれています。

そんな”身体の声”を聴くのに便利なのが、今回四コマでご紹介した【脈診】。

ご自身でも、毎日決まった時間に脈を診る習慣をつけるのも、健康管理にはとても良いかと。

「腰が痛い」「頭が痛い」など、症状に対してただただ腰や頭に鍼を打つというだけでは、その場しのぎにしかなりません。

その奥にある、患者さん自身も自覚できない”不和”を探るために、我々は脈を診、舌を診、お話を聞き質問して・・・多くの情報を集め、総合的に判断し、病気を見立ててツボ(や薬)を選びます。

コレが東洋医学の「医学」たる所以。

最近は病院も、「5分診療、お医者さんは患者さんに触れもしない」なんて話を聞くことがあります。

CTやMRIなどの発達で、その必要がないと言われればそれまでですが・・・

我々はそうはいきません。

先ずはじっくりお話をお聞きします。

時にあまり関係ないような、生理や食事や睡眠などの事をお聞きすることもあります。

頭が痛いのに足に鍼をうつことも、腰が痛いのに手や頭にツボをとることもあります。

すべてに意味がありますから、ご不明な点は、逆になんでもご質問くださいね!

もう来週は11月・・・2016年もあと二月。

年末の体調管理にぜひ、当院をご活用ください。