くらしのワンポイント, はり治療でなにが変わるのか?

お肌のケアは 脳のケア!

皆さん、こんにちは。

さいたま市は中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

地震に大風、めまぐるしい気温の急変と・・・

こんな時は、めまいや喉のつまり、胸苦しさや身体のおもだるさなど、当院にも自律神経の乱れを訴える方が増えてきます。

ヒトの身体には無意識に、外の様々な刺激に対して一定のバランスを保とうする機能が備わっています。(ホメオスタシス=生体恒常性と云います)

この機能にとって、最も重要なのは【肌】。

温度や湿度、空気の流れや気圧の変化、果ては他人の気配まで・・・

【肌】は、脳で認識されないような微妙な情報さえも自律神経系に伝え、ホメオスタシスを維持しています。

そして、そもそも皮膚と脳は、元々同じ細胞(外胚葉)から分化したもの。

近年の研究では、皮膚はいまだに脳同様、電気信号の伝達や、ホルモンの合成・放出さえする働きを持つことが分かってきています。

そういう意味では、【肌】は「露出したシート状の脳」と言っても過言ではありません。

天候による自律神経の乱れはもちろん、こういう時期にアトピーやアレルギー、そして心の病が多い事。

そして我々の鍼や灸などの”皮膚刺激”主体の治療法・・・あるいは文字通り「手当て」が、様々な病気や心の不安になぜ効くのか? という疑問。

答えはすべて、【肌】という「露出した脳」がなにを考え、どう身体に働きかけるかで決まる・・・のかもしれません。

皆さん、お肌をどうか大切に^^)

広告
くらしのツボ, はり治療でなにが変わるのか?

3月3日は・・・耳の日です-耳ツボってなにに効く?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日3月3日は言わずと知れた「ひなまつり」ですが・・・「耳の日」でもあります。

なので今回は【耳ツボ】について。

耳ツボについては、よくダイエットの記事などで目にすることが多いので、ご興味ある方も多いと思います。

ですがダイエットのみならず、東洋医学にとって【耳】というのは非常に重要な場所。

ヒトの身体に流れる経絡は、体中を縦横に巡っているのですが、その中でもあらゆる経絡が集まるポイントがいくつかあります。

それが【眼】と【耳】。

つまり眼と耳は様々な病の治療ポイントになるということです。

西洋医学的にも、耳には脳から直接伸びる神経(脳神経)が複数分布していて、脳へアプローチをする際の「窓口」としては重要なポイント。

私は以前、中国で鍼麻酔による甲状腺除去手術を見学したことがありますが、その時も使われていたのは耳のツボでした。

ダイエット(食べ物への中毒的依存の軽減)はもちろん、脳が関わる様々な問題・・・うつ病をはじめ、チック症やてんかん、ジストニアなど。

耳ツボはとても応用力があるので、セルフケアにもぜひ取り入れてほしいポイントです。

ただ、専門的なツボはたくさんありすぎて難しすぎるので、今日は一番基本的な3つのツボ、【耳門(じもん)】・【聴宮(ちょうきゅう)】・【聴会(ちょうえ)】だけを。

ツボの位置は、耳の穴の手前にあるでっぱり。

ココに3つ縦に並んでいます。

ダイエット特集などでよく出てくる、食欲を抑えるツボ・・・

【飢点(きてん)】も、この周囲にあるツボですから、「脳が疲れたなぁ」「イライラするなぁ」なんて思ったら、やさしくこの辺りをひっぱったり、揉んであげて下さい。

 

ただ、あんまり強くやりすぎたり、年がら年中触っていると炎症を起こしやすい場所でもありますから、そこはほどほどに。

耳ツボに関して、専門的なアプローチのご希望なら・・・ ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。