くらしのワンポイント, はり治療でなにが変わるのか?

お肌のケアは 脳のケア!

皆さん、こんにちは。

さいたま市は中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

地震に大風、めまぐるしい気温の急変と・・・

こんな時は、めまいや喉のつまり、胸苦しさや身体のおもだるさなど、当院にも自律神経の乱れを訴える方が増えてきます。

ヒトの身体には無意識に、外の様々な刺激に対して一定のバランスを保とうする機能が備わっています。(ホメオスタシス=生体恒常性と云います)

この機能にとって、最も重要なのは【肌】。

温度や湿度、空気の流れや気圧の変化、果ては他人の気配まで・・・

【肌】は、脳で認識されないような微妙な情報さえも自律神経系に伝え、ホメオスタシスを維持しています。

そして、そもそも皮膚と脳は、元々同じ細胞(外胚葉)から分化したもの。

近年の研究では、皮膚はいまだに脳同様、電気信号の伝達や、ホルモンの合成・放出さえする働きを持つことが分かってきています。

そういう意味では、【肌】は「露出したシート状の脳」と言っても過言ではありません。

天候による自律神経の乱れはもちろん、こういう時期にアトピーやアレルギー、そして心の病が多い事。

そして我々の鍼や灸などの”皮膚刺激”主体の治療法・・・あるいは文字通り「手当て」が、様々な病気や心の不安になぜ効くのか? という疑問。

答えはすべて、【肌】という「露出した脳」がなにを考え、どう身体に働きかけるかで決まる・・・のかもしれません。

皆さん、お肌をどうか大切に^^)

広告