うつ病(寡動性精神疾患), くらしのワンポイント, 精神安定、リラックス, 免疫力、抵抗力向上

なぜ「笑う門には福来る」のか?ー脳も笑顔にだまされる-

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、2017年の第1回目のブログですから・・・今日はおめでたく、「笑う門には福来る」の医学的根拠について。

「笑いが健康に良い」というのは、どなたもなんとなく実感があると思いますが・・・皆さんは、どんな時に笑いますか?

あたりまえですが、「楽しい時」ですよね。

ただ、逆もまた然り。

「つくり笑い」でも楽しい気分を生み出すんです。

%e8%84%b3%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%83%a0%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%b9ヒトの脳は、顔(特に口まわり)と手から入ってくる感覚を、非常に敏感にとらえる傾向があります。

脳の感受する割合をビジュアル化した【ホムンクルス】は、皆さんもどこかで一度は見たことあるんじゃないでしょうか?

たとえ「つくり笑い」でも、表情筋の収縮が脳へ送る信号は一緒。

脳は、「あ、顔が笑ってる。じゃあ今楽しいのかな?」となって、ホルモンや自律神経への働きかけをはじめ・・・リラックスした副交感神経優位の状態をつくってくれます。%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%8a%b9%e8%83%bd

脳は意外と騙されやすいんです。

また、以前のブログでも書きましたが、口や顎の筋肉は、深いところで下垂体(ホルモン中枢)や視床下部(自律神経と情動の中枢)を納める蝶形骨とつながっているので、物理的刺激としても効果を発揮。

こうして脳が「笑い」を認識すれば、免疫力も高まります。

体内には、がん細胞やウイルスに感染した細胞など、「異常な細胞」を倒すナチュラルキラー(NK)細胞というものがあるんですが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることが医学的に証明されています。

つまり、これから要注意のインフルエンザにも笑いは有効だということ。

最後に。

ヒトにとって表情とは、重要なコミュニケーションツールです。

笑顔を向けられた相手は、あなたへの警戒を解き、副交感神経が優位・・・つまりリラックス状態が伝染していきます。

笑顔は自分も、まわりの人も健康にする何物にも勝る良薬です。

今年はいつでも「破顔一笑!」といきましょう!!

鍼灸もまた、副交感神経を優位にする効果が高い治療法です。 新しい年の健康管理に、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

広告
ED、男性不妊、泌尿器疾患, , 致命三十六穴, 免疫力、抵抗力向上, 原穴, 慢性疲労、虚弱体質, 三焦, 任脈

気海(きかい)

CV6)気海(qi4hai3)(きかい)・丹田・脖胦・下肓

【取穴】下腹部、前正中線上、臍中央の下方一寸五分。

【名の由来】「気=真気」。本穴が臍と丹田の中点にあり、真気の集まる場である事から。

【要穴】『肓之原』

【作用】

〔補〕培補元気・調補下焦・補腎益気・真陽固精

〔瀉〕行気散滞・理気行血・去邪散滞・温陽散寒

【弁証主治】

◆真陽不足〔灸補〕

脱証・小児のひきつけ・精神衰弱・難聴・内臓下垂・水様の下痢・冷え性など

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・げっぷ、腹部のしこり、※瘕聚 、※奔豚〔灸100壮〕・便秘・痔・糖尿病・更年期障害など

【主症配穴】

+大巨〔瀉〕…てんかん

+水分…むくみ〔皮内鍼の様な浅刺でも可〕

+章門…下半身の冷え〔灸法〕

+三陰交…遺精

【症例/個人的見解】

・「肓之原は脖胦に出ず」と云う。霊枢九針十二原第一においては、五臓の原穴左右十穴に、鳩尾と気海を加えて十二原としている。その重要性は一考かと。

・本穴は「男子の生気之海」とされる。泌尿器疾患に。

・古典に「妊婦禁灸」とある。要注意。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

 

※瘕聚…腹内に結塊があって、張れや痛みを伴う病証。積塊が不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
むくみ、冷え症, アーユルヴェーダ・マルマ, , 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 足太陽膀胱経, 免疫力、抵抗力向上, 更年期障害, 三焦

胞肓(ほうこう)

BL53)胞肓(bao1huang1)(ほうこう)

【取穴】臀部、第2仙骨孔と同じ高さ、正中仙骨陵の外方三寸。

※BL53)胞肓、BL28)膀胱兪、BL32)次髎は、第2仙骨孔と同じ高さにある。

※小野寺仙部圧診点(大腸・直腸・肛門の診断点)に近い。

【名の由来】「胞=膀胱、女子胞」「肓=脂肪組織」。本穴が膀胱兪の外、脇腹の脂肪の内に在る事から。

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水』

〔瀉〕通経活絡

【弁証主治】

◆膀胱虚証/腎病

成長発育不全、代謝不全、極度の痩せ・顔色が黒い・腰痛・※癥積・泌尿器、婦人科疾患〔瀉〕・下痢、排便異常・痔・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】下肢マヒ・下肢の血流不全

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。また「肓=腎より生じるもの」、「胞=女子胞」であることから、腎病、特に泌尿器、婦人科疾患に対して有効だと思う。

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「nitamba(臀部/脈管のマルマ)」と呼ばれ、下肢マヒと血流不全に治効があるとされる。

 

※癥積…腹内の痞塊で、固定性で痛所が一定で動かないもの。出たり散ったりして痛所が定まらないものを瘕聚という。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
経外奇穴, 肥満あるいは極度の痩せ, 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 足太陽膀胱経, 免疫力、抵抗力向上, 消化器疾患, 三焦

肓門(こうもん) ※痞根(ひこん)

BL51)肓門(huang1men2)(こうもん)・痞根

【取穴】腰部、第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

※BL51)肓門、BL22)三焦兪とGV5)懸枢は、第1腰椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】「門=出入口」。本穴が膏肓・胞肓の中間に位置し、肓兪と相対する働きを持つ事から。

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水』

〔瀉〕通調胃腸・化滞消痞

【弁証主治】

◆三焦病/腎病

※副腎皮質機能亢進症状・成長発育不全・肥満あるいは極度の痩せ・腹痛、胃痙攣・痴呆・多汗・泌尿器、婦人科疾患・肩背や腰背の強いこわばりと痛み・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。津液代謝の異常に関しては効果が高い。

・本穴の内方一寸五分には「三焦兪」がある。肓は「腎より生じるもの」という意味があることから、本穴は腎病に対しても有効だと思う。

・心包と三焦という臓腑は、腎との関わりが非常に強いと考えることができるのでは? 個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

────────────────

BL51)痞根(pi3gen1)(ひこん)

※経外奇穴-医経小学-

【取穴】腰部、第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸五分。

※本穴とBL51)肓門、BL22)三焦兪、GV5)懸枢は、第1腰椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】「痞=腹部のしこり」。本穴が腹部や内臓のしこりを治療し、その根を断ち切るような効果がある事から。

【主治】※痞気〔灸:巨刺法〕・下腹部の鈍痛・肝肥大・脾臓肥大・腰痛・腸炎・しゃっくり

【症例】腹部のしこり、痞えの特効穴。

 

※脾積痞気…五積之一。胃脘部に生じる円盤状・難治性のしこり。食事が身にならず、食後にお腹が張る(消化力低下)・腹鳴・嘔吐・黄疸・便秘あるいは下痢・手足が冷え、おもだるい・脈浮長など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ストレス/不安障害、パニック障害, 禁鍼穴, 自律神経失調, 足太陽膀胱経, 免疫力、抵抗力向上, 各種依存症, 心包, 慢性疲労、虚弱体質

膏肓(こうこう)

BL43)膏肓(gao1huang1)(こうこう)・膏肓兪

【取穴】上背部、第4胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

※BL43)膏肓とBL14)厥陰兪は、第4胸椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】「膏=心下に在り脾より生じるもの」「肓=膈上に在り腎より生じるもの」。 本穴が膏肓に位置し、此所に病が入ると深刻で不治である事から。

【作用】

〔補〕益気補虚

〔瀉〕通宣理肺

【弁証主治/癒やせぬ処なし】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆心包虚証/脈病/腎病

各種依存症・緊急反応、※副腎髄質機能亢進症状・循環器疾患・更年期障害・泌尿器、婦人科疾患・下痢・脈沈遅など

【主症主治】喘息・五十肩・肩こり・肋間神経痛・肋膜炎・背筋痛

【弁証配穴】『崔氏四花(六花)灸法:膏肓+膈兪+胆兪(+肺兪)』…肺腎虚証〔灸法〕

【主症配穴】

+魄戸…肺結核

+庫房…喘息発作〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・本穴の内方一寸五分には「厥陰兪」がある。膏は「心下の脂」という意味があり、また霊枢九針十二原では「膏の原は鳩尾より出づ」とある。

・心包は「喜楽出づ」とされる。喜楽=快楽と考えると、各種依存症やストレスから生じる緊急反応などに応用できるのではと考える。

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

・基本、灸穴。古典には「禁鍼多灸、21壮」とある。気胸の恐れがあるので、やはり灸が望ましい。

・和漢三才図会には「尋常必要の要穴にして、理気の良灸・諸虚の妙灸」とある。養生穴としてはとても良い。

 

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675