うつ病, くらしのワンポイント, 精神安定、リラックス, 免疫力、抵抗力向上

なぜ「笑う門には福来る」のか?ー脳も笑顔にだまされる-

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、2017年の第1回目のブログですから・・・今日はおめでたく、「笑う門には福来る」の医学的根拠について。

「笑いが健康に良い」というのは、どなたもなんとなく実感があると思いますが・・・皆さんは、どんな時に笑いますか?

あたりまえですが、「楽しい時」ですよね。

ただ、逆もまた然り。

「つくり笑い」でも楽しい気分を生み出すんです。

%e8%84%b3%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%83%a0%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%b9ヒトの脳は、顔(特に口まわり)と手から入ってくる感覚を、非常に敏感にとらえる傾向があります。

脳の感受する割合をビジュアル化した【ホムンクルス】は、皆さんもどこかで一度は見たことあるんじゃないでしょうか?

たとえ「つくり笑い」でも、表情筋の収縮が脳へ送る信号は一緒。

脳は、「あ、顔が笑ってる。じゃあ今楽しいのかな?」となって、ホルモンや自律神経への働きかけをはじめ・・・リラックスした副交感神経優位の状態をつくってくれます。%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%8a%b9%e8%83%bd

脳は意外と騙されやすいんです。

また、以前のブログでも書きましたが、口や顎の筋肉は、深いところで下垂体(ホルモン中枢)や視床下部(自律神経と情動の中枢)を納める蝶形骨とつながっているので、物理的刺激としても効果を発揮。

こうして脳が「笑い」を認識すれば、免疫力も高まります。

体内には、がん細胞やウイルスに感染した細胞など、「異常な細胞」を倒すナチュラルキラー(NK)細胞というものがあるんですが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることが医学的に証明されています。

つまり、これから要注意のインフルエンザにも笑いは有効だということ。

最後に。

ヒトにとって表情とは、重要なコミュニケーションツールです。

笑顔を向けられた相手は、あなたへの警戒を解き、副交感神経が優位・・・つまりリラックス状態が伝染していきます。

笑顔は自分も、まわりの人も健康にする何物にも勝る良薬です。

今年はいつでも「破顔一笑!」といきましょう!!

鍼灸もまた、副交感神経を優位にする効果が高い治療法です。 新しい年の健康管理に、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

広告