疼痛, , 脳、神経症状, 脳力・認知機能向上, 足少陽胆経

保護中: -頭蓋と脳と【胆】について-【足少陽胆経】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
筋の過緊張、こわばり, 能力開発, 陰蹻脈, 足少陽経筋, 八宗穴/八脈交会穴

保護中: 当院での「歪み」のとらえ方 -陰蹻脈(骨)と足少陽経筋(筋肉)-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

アンチエイジング, 足少陰経筋, 動きの東洋医学

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!-カラダが弾むとココロも弾む-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

梅雨。 この時期は、どうしても運動不足になりやすく、また精神的にも鬱々としやすいもの。

こんな時、なにかオススメの健康法はないかと考えたんですが・・・

【マサイのジャンプ】なんかどうでしょう?  こんなヤツです。

アフリカのマサイ族の皆さんが、よくやってるでしょう?

そもそもヒトの、「2本足で立つ」という基本姿勢はとても不安定。

その不安定さを補うため、『主要姿勢筋群』という背側のいくつかの筋肉が、常に微妙な姿勢制御を行っています。

このジャンプは、この『主要姿勢筋群』を連動して鍛えるには格好の運動。

姿勢を良くし、アンチエイジングの効果は抜群です。

また、これらの筋肉中、特にふくらはぎのヒラメ筋は、血液やリンパを心臓へと押し上げる「第二の心臓」として機能します。

つまり、梅雨時期のムクミや代謝不全にも効果大。

加えて、垂直方向から加わる負荷は、骨を刺激し骨代謝を促進します。

バレーボールやバスケをやる子供の身長が平均的に高いのは、成長期に適切な垂直負荷が骨に加わるからだともいわれています。

成人であっても、骨粗鬆症の予防としては大切です。

さらに、医学的な立証はないようですが・・・

太古の記憶か脳やその周辺組織への刺激になるのか、「ジャンプ」という運動は、気分を高揚させ、ストレスを抜く効果があるようです。

子供たちは、うれしい時って飛び跳ねるでしょ?

 

東洋医学でも、この『主要姿勢筋群』に近しい筋ラインというのはあるのですが・・・

面白いことにこのラインは、成長や骨、髄、脳などと密接につながる【腎】から栄養を受けると考えられています。

梅雨の季節こそ、心身共に軽やかにするために。

1日10回のマサイジャンプ、ぜひお試しを!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関する、プロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

うつ病(寡動性精神疾患), アーユルヴェーダ・マルマ, 督脈, 能力開発, 致命三十六穴, 心療内科的症状

印堂(いんどう)

GV25)印堂(yin4tang2)(いんどう)・曲眉・光明・明堂・洞房・上丹田

【取穴】頭部、前正中線上、両眉頭の間。

【名の由来】「印=印鑑」「堂=広間…ここでは額(前頭骨)」。ヒンドゥ教徒が額につける印の場所である事から。

※中国以西との文化交流は紀元前からあり、この慣習も伝わっていたものと考えられる。

【交会】・経絡(3):督脈-(足厥陰経-陰蹻脈)

※一説には陰蹻脈の交会とも。

※肝経は「目系に連なり額に出て、督脈と巓にて会す」とある。

【要穴】『前三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。関元・中脘・膻中とする説と、関元・膻中・印堂とする説あり。

【弁証主治】

◆督脈病/陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

躁鬱、不安障害・頭が重く、ふらふらする・羞明・視力低下、眼裏痛〔『洞房』~『明堂』~『印堂』の透刺〕

注意欠陥多動性障害、統合失調症・意識障害、小児のひきつけ・健忘・自律神経失調、睡眠障害・肩背部痛・※昌陽脈腰痛・四肢の冷え・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など


◆足厥陰経病

腰背部痛・性欲の異常・泌尿器、婦人科疾患〔灸〕・更年期障害など

【配穴】+風池…めまい

【症例/個人的見解】

・個人的には、Nasion(鼻根点:前頭鼻骨縫合が正中矢状面に切られる点)を印堂とすべきかと思う。

・本穴の奥には『眼窩前頭皮質』と呼ばれる場所がある。いまだに謎の多い部位だが、意思決定につよく関わる領域と考えられており、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などでは、この部位の萎縮がみられるらしい。

・こういった強いストレスからくる症状に対して、心理療法では、EMDR(Eye Movement Desensitization and Retrocession)という、過去のつらい体験を思い出させて眼球を左右に動かす療法があるが、本穴への刺激も似たような効果をだせるのではないだろうか?

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「sthapani(眉間/靭帯のマルマ)」と呼ばれ、意識障害や精神安定に治効があるとされる。本穴にセサミオイルを流し落とす技法は有名。

・道家(仙道家)などでは、印堂の上一寸を「明堂(太微西南の星の名)」、二寸を「洞房」、三寸を「上丹田」と称す。-抱朴子内篇巻之十八 地眞―

・個人的には鬱など、気力や集中力が低下している患者に対し、『洞房』~『明堂』~『印堂』の透刺を行うことが多い。

 

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。脳、眼の損傷。

 

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
督脈, 神経変性疾患, 禁灸穴, 禁鍼穴, 能力開発, 足少陰経筋

脳戸(のうこ)

GV17)脳戸(nao3hu4)(のうこ)・玉枕関・匝風・会額・合顱

【取穴】頭部、外後頭隆起上方の陥凹部。

※後正中線の垂線と外後頭隆起上縁の水平線の交点にある陥凹部。BL9)玉枕と同じ高さにある。

【名の由来】「戸=扉」。本穴から脳気で出入りする事から。

【要穴】『後三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。左右の「玉枕」と併せて考えられる。

【交会】

・経絡(2):督脈-足太陽経 ※甲乙経に「此別脳之会」とある。

・経筋:足少陰経筋の結す処(枕骨)?

・経別:第一合(項)(足太陽の出る処・足少陰の出る処)

【作用】〔瀉〕清熱散風

【弁証主治】

◆督脈病/足少陰経筋病

※脳風・脳性マヒ、半身不随・てんかん発作・錐体外路系障害・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・メニエル病・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・下肢~足底の冷え、ひきつれなど

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆膀胱/腎病

成長発育不全、代謝不全・脱毛・耳鳴、難聴・歯槽膿漏・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患〔金鍼〕・下痢〔灸100壮〕・脈沈遅など

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会には「禁鍼灸穴」とある。何故か?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675