くらしの東洋医学, ちょっと詳しく知りたい人の 東洋医学の 基礎知識

長雨の秋は音楽を -目と耳のちがいとは-

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

毎日毎日毎日毎日…よく降りますねぇ、雨。
予報を見ると、今後もまだまだ、秋晴れは望めない感じ。

長雨は、気持ちを陰鬱にしてしまうものですが、そんな時は「芸術」・・・特に「音楽」を聴くのも良いかもしれません。

アートには大別して「目で楽しむもの」と「耳で楽しむもの」ものがありますが、脳の理屈で云えば、聴覚は視覚より原始的な部分に作用するんだとか。
(『耳で考える』:養老孟子/久石譲より)

確かに、目で見る雨はなんとも憂鬱ですが、目を閉じてみれば・・・しとしとと降る雨音は、むしろ気持ちを落ちつけてくれるようです。

音楽や力強い言葉が、気分を高揚させてくれるのは、誰しも実感があるでしょう?

 

東洋医学においても、目と耳は「宗脈(すべてのエネルギー)の聚まる所とされています。
(『黄帝内経霊枢:口問第二十八』)

しかし、ヒトは兎角「目」を酷使する生き物なので、目は身体中からエネルギーを吸い上げてしまいます。
眼精疲労から全身疲労につながっている方、現代では非常に多いです。

そこで、「目」を閉じて、もう一つの宗脈「耳」に意識を集中することは・・・

「目」に偏りがちな流れを調え、全身の気脈を調えることにつながります。

「百聞は一見に如かず」と云いますが、音はその旋律の継続性によって効果がでるものですから、音を楽しむときは時間をかけてゆっくりと。

雨の夜は虫の音もキレイです。

芸術の秋を楽しみましょう!

当院では、自宅でもできる様々な健康法もお教えしています。
ぜひお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

広告
くらしの東洋医学, ちょっと詳しく知りたい人の 東洋医学の 基礎知識,

-おんな7歳、おとこは8歳-年を重ねる男女の節目

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

秋の三連休は生憎の台風でしたが・・・
昨日は「敬老の日」。

東洋医学には

-ヒトには成長と老化の過程で、身体に急激な変化が生じる”節目”がある-

とする、”厄年”に似た考え方があります。

そもそも「厄年の由来」には諸説あり、その一つには、東洋医学の古典『黄帝内経/霊枢:陰陽二十五人第六十四』も含まれるんですが・・・ 此所には「7・16・25・34・43・52・61歳は色々あるから気をつけなさい」って位しか書かれていません。

より具体的な目安とするなら、同じ古典の中でも『黄帝内経/素問:上古天真論篇第一』に書かれている「女性は7歳ごと、男性は8歳ごとに節目が訪れる」の方が理解しやすいかも。

①女7(7×1)歳/男8(8×1)歳・・・歯が生え替わる。

②女14(7×2)歳/男16(8×2)歳・・・二次性徴期。生理や精通が開始。

③女21(7×3)歳/男24(8×3)歳・・・親不知も含め、全ての歯が出揃う。

④女28(7×4)歳/男32(8×4)歳・・・骨格が完全に成熟。女盛り、男盛りってやつです。

⑤女35(7×5)歳/男40(8×5)歳・・・肌の乾燥や抜け毛が増え始め、精力が減退し、歯が弱り始める時期。

⑥女42(7×6)歳/男48(8×6)歳・・・お肌がカサカサになり白髪が増える時期。

⑦女49(7×7)歳/男56(8×7)歳・・・生殖機能の限界。

 

この『素問』の成立が紀元前300年前後の事ですから、現代人の成長に見合う基準かは難しいところ。
実感としては、②の時期は現代ではもう少し早いでしょうし、アンチエイジングに余念のない昨今、⑤や⑥はどんどん後ろにいっている気が・・・

しかし、”歯”や”生理”、”肌や髪の色艶”を参考にしながら、 「自分が今、どのくらいの位置にいるのか?」は分かるはずです。

こういう身体の変化が生じる時期は、総じて体調も不安定になりがちですから・・・

歯や髪や肌に、いままでと違う変化が顕れはじめたら、生活習慣と体調をもう一度しっかりチェックする時期。

予防と養生に気を配り、上手に年を重ねましょう!

当院では、お一人お一人にあった養生法や、運動の仕方を、皆さんと一緒に考えてまいります。
ぜひお気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する

くらしの東洋医学, ちょっと詳しく知りたい人の 東洋医学の 基礎知識, はり師の四コマ

連休です!いろんな「エイキ」を養いましょう!-東洋医学の2つのエイキ-

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

明日からゴールデンウイーク!
長い方では9日間のお休みという方もいるようで。

折角の連休、大いに羽を伸ばして、「英気を養って」ください。

さて、この「エイキ」。
「英気」でも「鋭気」でも、どちらでも正解みたいですが・・・

東洋医学的には、『営気』『衛気』を養っていただきたいもの。

『営気』とは、食べ物から得る栄養。生活を営む気です。
『衛気』とは、ストレスや天候に負けない丈夫さのこと。防衛の気ですね。

この2つの「エイキ」は、このマンガのロボのように、下っ腹(臍下丹田)に宿る生命力と、胃腸と肺が上手く機能して、はじめてカラダの隅々にまで行き渡ります。

つまり・・・
お腹を冷やさないこと。
食べ物に気をつかうこと。
しっかり呼吸すること。

この3つが、基本にして最大の健康法!

あと一つ、ストレスに長く晒されると、こういうパターンもあるので・・・
ストレスを溜めないこと。

これからの季節、暑くなるにつれ露出も多くなりますが・・・お臍まわり、特に下っ腹は冷やさぬように。
五月病などにならぬよう、ONとOFFの切り替えを上手に。

ぜひ楽しい連休をお過ごしください!

連休中、当院は暦通りの診療です。
新年度の疲れがドッとでる時期ですから、体調管理をこの辺りで。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしの東洋医学, はり師の四コマ, めまい、気象病, 自律神経失調, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

春の『吸玉』ーカラダの芽吹きをたすけますー

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

昨日は冷たい雨でしたねぇ・・・ 今日は一転、桜の開花も進む春の陽気。

こういう気圧、気温、湿度の急変は、ヒトの自律神経に強い負荷をかけます。

増して春は、カラダの代謝もどんどん活発になっていく時期。

日々エネルギーを増していく内側と、寒さに備えて防御を固める外側のせめぎあいは、めまいやのぼせ、ムカつきや吐き気、湿疹や吹き出物、変にイライラしたり、反面ひどく眠かったり・・・と、時に体調の不良を引き起こします。

季節としてはこれから暑さへと傾いていく訳ですし、春の養生は天候を見定めながら、適度な発散が大事。

こんな時には『吸玉』がオススメ。

エネルギーの逃げ道をつくってあげることで体内の圧力を下げ、内外のバランスを調整してくれる優れものです。

『吸玉』といえば、昨年のリオ五輪での水泳の覇者、マイケル・フェルプス選手が体調管理の一環としてコレを取り入れていた事は記憶に新しいところ。

彼らのようなアスリートは、筋膜の調整や乳酸の代謝促進の意味で『吸玉』を用いますが・・・

運動不足で肌感覚が鈍くなりがちな一般の私たちは、春こそ『吸玉』を。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, くらしの東洋医学, くらしを愉しむ

ご提案。【彼岸のへそ灸】いかがでしょうか?

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、明日は「彼岸の入り」。
ココから7日間が、『お彼岸』です。

昼夜の長さがほぼ等しくなり、太陽が真西に沈むこの時期。
仏教では西方浄土(彼岸)へ想いを馳せ、ご先祖を供養する時期とされています。

また「暑さ寒さも彼岸まで」なんて言葉があるように、気温が急変しはじめるのもこの季節。

以前ご紹介した【二日灸】も、この時期をうまく乗り切るための先人の智慧ですが・・・
やはりお彼岸本番にも、何かセルフケアの方法を考えたいもの。

そこでご提案。
【彼岸のへそ灸】などはいかがでしょう?

昼(陽)と夜(陰)が等しくなる日ならば、ヒトの身体の陰(下半身)陽(上半身)の境目・・・つまり『へそ』に、エネルギーを注いであげるのは良策かと。

『臍』はそもそも【神闕(しんけつ)】というツボでもあり、「先天之結帯(生まれる前の命綱)、後天之気舎(生まれた後の気の拠り所)」とも云われる滋養の名穴。

解剖学的にも胃腸への熱を送るには最も適したポイントですし、最近では「腸は第2の脳」なんていわれるほど、胃腸のコンディションが精神や免疫系に影響を及ぼすことが医学的にも明らかになってきています。

当院の【へそ灸】は、竹筒に塩を詰め、その上からモグサを燃やす『竹塩灸』。
コレをやると・・・ほぼ100%の方が爆睡します^^)。

季節の変わり目、そして環境の変わり目でもあるお彼岸。

新生活に向けての活力を養う意味でも、【彼岸のへそ灸】、オススメです!

当院は月曜祝日の場合、前週の土曜を休診とし、月曜日は通常通り診療いたします。
来週月曜、春分の日も診療しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, くらしの東洋医学, ちょっと詳しく知りたい人の 東洋医学の 基礎知識

今年の干支の・・・ツボ?-暦とツボの共通点-

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

本年2017年は【酉年】
しかし、正確には【丁(ひのと)酉(とり)年】です。

干支とは本来、「10の干」と「12の支」の組み合わせで成り立っています。%e5%b9%b2%e6%94%af%e3%81%ae%e4%ba%94%e8%a1%8c
この干と支はともに、陰陽五行論という哲学から成り立っていて、それぞれに意味する五行があるのですが・・・

丁は「火の陰」、酉は「金」

そういう意味では今年は『火陰と金の年』です。
そして、この陰陽五行論はツボにも対応しています。

今年はじめのツボのおはなしに相応しい『火陰と金のツボ』といえば・・・実は2つあるんですが、今回は、日々使い勝手が良い方をご紹介。

【間使(かんし)】…火陰経の金穴

ツボの位置は、掌側、肘から手首の長さを4等分して、手首に一番近いポイント。%e9%96%93%e4%bd%bf%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88

このツボは、別名【鬼路】や【鬼営】とも呼ばれる「こころの病の特効穴」の一つ。

特にパニック障害による過呼吸や息苦しさなど・・・緊張による呼吸器の不全には有効です。

このツボのあたりをご自分で指圧しながら、ゆっくりと吐く方に時間をかけて深呼吸をしていくと良いと思います。深呼吸のコツ

五行論では火と金は、火が金を溶かす「火克金」という関係性にあります。

物事が流動的に不安定になる相ではありますが、同時に今まで常識に捉われない、新しい考え方や生活スタイルも生まれてくるかもしれません。

どういう年になるかはあなた次第。

まず落ち着いて深呼吸して・・・
柔軟にいきましょう!

鍼灸治療は自律神経を整えることに優れた効果を発揮します。
ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしの東洋医学, 伍行庵 治療の特色

ぽかぽか東洋医学 その1-はりきゅう院での冷え治療-

テクニック編

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

やはり今年の天候は、身体にやさしくない・・・というより、相当に厳しい(-_-;)
1週間前は31℃だったのに、あっという間に20℃以下です。

当院の患者さんでも、風邪や発熱、発疹など、この外邪(東洋医学では気候の急変をこう呼びます)にやられた方が続々と。
もともと抵抗力の弱い方には、この激変は正に”身体に毒”です。

必然的に治療法もこの1週間、急激に温める技法がメインになってきました。

当院でよく使うのは【灸頭鍼(きゅうとうしん)】。BiND用 灸頭鍼02

身体の芯を温めるのに適したツボに鍼を打ち、その柄にお灸の玉をつけて、熱を送る技法ですが、患者さんからは「温泉に入っているみたい」なんて感想もよくいただきます。

胃腸の冷えには竹筒に塩を詰め、その上にお灸をする【塩灸】などは効果的。bind%e7%94%a8%e3%80%80%e5%86%85%e8%87%93%e6%b2%bb%e7%99%8201

蒸しタオルで広い範囲を温めるなんて方法は、ご自宅でもオススメです。

急激な冷えによるひきつれや、強い神経痛には、【火鍼(かしん)】という特殊な技法も非常に有効。
見た目は派手ですが、「ジンワリとした熱が奥に拡がっていく」と、リクエストされる方も。BiND用 火鍼

当院では、お一人お一人にあった温め方をしっかりと見極め、丁寧に施術してまいります。

冷えでお悩みの方?

是非お気軽にご相談ください。

 

 

クービック予約システムから予約する