くらしのツボ, はりにまつわる物語, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から, 動きの東洋医学

若さの門は『足首』にあり?-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ここ最近、興味深く視ている、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。

東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマは・・・『骨』でした。

番組では、骨を『若さの門番』と位置づけ、骨が放つ様々なホルモンが、「記憶力」「免疫力」「筋力」「生殖力」に対して、とても重要な役割をしている。としていました。

よもや骨までがホルモンを放出しているというのは、ちょっと驚き。

さて、番組で取り上げられていた『骨にまつわる4つの力』。

東洋医学では【骨】自体も含めて、【腎】という臓器の働きとしてまとめられます。

以前のブログでも書いたように、【腎】は精力や動作の機敏さ・・・つまり若さを司る臓。

そして、この【腎】から身体へと巡る経絡の一つに、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】という流れがあります。

この脈は古来、別名『復命関』や『死生根』、『桃康』などと呼ばれ・・・不老不死の要として、道家(仙人を目指す人々)に注目されてきました。

興味深いのは、この脈のツボとして真っ先に挙げられるのが、内くるぶしの下にある【照海(しょうかい)】であること。

骨が出すホルモンは、「走ること、歩くこと、ジャンプすることの衝撃が骨に伝わることで、放出が活性化する」とのこと。

つまり、足首に適度な衝撃が加わる生活を続けることこそ、不老不死、アンチエイジングの要ということかと。

乗り物で移動し、オフィスについたら一日中、椅子に座りっぱなし。

という生活をしていたら、いくらサプリを飲もうがエステにいこうが、『骨』は応えてくれません。

歩いて、走ってジャンプして・・・

アンチエイジングの意思をしっかりと『骨』に伝えましょう!

 

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第4回目は、明日の夜。

テーマは『腸』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

広告
くらしのツボ, くらしの東洋医学, くらしを愉しむ

ご提案。【彼岸のへそ灸】いかがでしょうか?

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、明日は「彼岸の入り」。
ココから7日間が、『お彼岸』です。

昼夜の長さがほぼ等しくなり、太陽が真西に沈むこの時期。
仏教では西方浄土(彼岸)へ想いを馳せ、ご先祖を供養する時期とされています。

また「暑さ寒さも彼岸まで」なんて言葉があるように、気温が急変しはじめるのもこの季節。

以前ご紹介した【二日灸】も、この時期をうまく乗り切るための先人の智慧ですが・・・
やはりお彼岸本番にも、何かセルフケアの方法を考えたいもの。

そこでご提案。
【彼岸のへそ灸】などはいかがでしょう?

昼(陽)と夜(陰)が等しくなる日ならば、ヒトの身体の陰(下半身)陽(上半身)の境目・・・つまり『へそ』に、エネルギーを注いであげるのは良策かと。

『臍』はそもそも【神闕(しんけつ)】というツボでもあり、「先天之結帯(生まれる前の命綱)、後天之気舎(生まれた後の気の拠り所)」とも云われる滋養の名穴。

解剖学的にも胃腸への熱を送るには最も適したポイントですし、最近では「腸は第2の脳」なんていわれるほど、胃腸のコンディションが精神や免疫系に影響を及ぼすことが医学的にも明らかになってきています。

当院の【へそ灸】は、竹筒に塩を詰め、その上からモグサを燃やす『竹塩灸』。
コレをやると・・・ほぼ100%の方が爆睡します^^)。

季節の変わり目、そして環境の変わり目でもあるお彼岸。

新生活に向けての活力を養う意味でも、【彼岸のへそ灸】、オススメです!

当院は月曜祝日の場合、前週の土曜を休診とし、月曜日は通常通り診療いたします。
来週月曜、春分の日も診療しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, なぜ あなたが今 はり治療をうけるべきなのか?

花粉症に効く『天』のツボ-名前には意味がある-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ついに花粉症の季節到来。

今年は昨年の4倍とも聞きますし、お持ちの方は戦々恐々なのでは?

さて、そんな方のために今回は、花粉症に効くツボを一挙ご紹介。

といっても、ツボの正確な位置をすべて列挙するにはスペースが足りませんので・・・

基本、「首と二の腕をよくマッサージしてあげましょう!」

ツボには皆それぞれ名前がついているのですが、頭(とそれに付随する目・鼻・耳など)に効くツボには『天』という字が入っていることが多いんです。

全身のツボ362個から『天』と名のつくツボを抜き出してみると・・・

首と二の腕(と脇)に集中しているのが分かるはず。

面白いことに、西洋医学的にもこのエリアは、免疫系の通路であるリンパ系に合致します。

つまり、『天』のツボの周辺をキレイに流してあげれば、免疫機能を高めてあげることができるということ。

リンパ系は最終的に心臓に近い静脈につながるので、マッサージとしては心臓に向けて、流すようなほぐし方を。

また、リンパは筋肉の伸び縮みによってしごかれるように流れますから・・・

日々の、肩や腕の運動も大切です。

これから数か月、花粉と戦う皆さん。

薬やマスクで防御をしっかりと。

そして、胃腸も含めて身体の流れが滞らないように、運動も忘れずに^^)

リンパ系はデリケートな場所でもありますから、プロの施術にまかせていただくのも一つです。
ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

くらしのツボ, バランス向上, 腰背部痛, 陰蹻脈, 剣道, 動きの東洋医学

あなたはキレイにしゃがめますか?-蹲踞のキキメ-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

皆さん、【蹲踞(そんきょ)】というのはご存じですか? この姿勢です(顔が怖くてスイマセン(;^_^A)。%e8%b9%b2%e8%b8%9e

私は昨年から、子供の頃やってた剣道に再挑戦しているんですが(剣道界ではこういうのをリバ剣というそうです)・・・

今の子供たちの稽古を観ていて、この蹲踞でうまくバランスのとれない子が多いような。

生活が洋式化し、深くしゃがむ必要もなくなってきたせいでしょうが・・・

この蹲踞、実は実生活でも大切です。

以前の記事でも書きましたが、上手く”しゃがめない”ヒトは、中腰で重い物を持ち上げようとする傾向があります。

コレは腰にとっては非常に危険。

ここは一つ、バランス感覚を養う意味でも、皆さんもキレイに【蹲踞(そんきょ)】を決めてみましょう。

ポイントは重心のイメージ。

ヒトの身体には骨盤(下丹田)・胸郭(中丹田)・頭(上丹田)という3つの重心があります。

この3つに加えてもう一つ。

足首・・・特に内くるぶしが大事。

この4つが縦に垂直に積みあがっている時、ヒトの姿勢はとても美しくなります。%e8%b9%b2%e8%b8%9e%e3%81%a8%e9%87%8d%e5%bf%83

そしてこの積み上げのイメージができたら・・・そこから「膝を抜く」だけ。%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%bf%e6%96%b9

ストンを腰が落ちて、足首の上に3つの重心が積みあがるはずです。

今回、強調した”内くるぶし”。

此処には【照海(しょうかい)】というツボがありますが、東洋医学的にこのツボは、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】の重要ポイント。ツボ 照海

『蹻』という字は、高下駄芸や跳躍芸など「高度なバランス感覚」を意味します。

足首と体幹の重心がキレイに連動する動きは、どのスポーツにとっても・・・また生活でのケガのリスクを減らす意味でも、とても重要です。

武道をやる子もそうでない方も。 日々の生活に蹲踞、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

さて。

エラそうな事書きましたが、私、剣道は実に20数年ぶりというほぼ素人(;^_^A

毎稽古ごと、先生方にご指導いただくばかりです。

それでもなかなか治らない(;^_^A(;^_^A

職業柄、せっかく知識はあることですし、先生方の教えを解剖や運動力学に置き換えて、日々試行錯誤しております。

その辺りの悪戦苦闘ぶりも、今後このブログに挙げていこうかとは思っていますが・・・ あくまで私(20数年ぶりほぼ素人!大事なので2回言います!!)の試行錯誤なので、決して指導者の言などと思われませんように。

こうご期待^^)!

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, くらしを愉しむ, 精神疾患, 腰背部痛

-カラダのオニは鼻から抜ける?-「鬼は外」の・・・ツボ?


こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は節分。 皆さん、今夜は豆まきですか?

節分を東洋医学とからめて語ると・・・まぁ色々ありますが、シンプルなトコロではやはり「豆」と「鬼」でしょうね。季節の変わり目に

【豆のお話】は昨年やったので、今年は「鬼」に因んで、【鬼宮(きぐう)】という異名を持つツボをご紹介。

ツボの位置は・・・顔の正中、唇と鼻の真ん中。

ココは【人中(じんちゅう)】という名で一般のヒトも知っている方が多いツボ(我々プロは水溝(すいこう)】と呼ぶことが多いです)。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%ba%9d
まぁ、コレ知っている方はほぼ武道経験者かと思いますが。

このツボは人体急所の一つとして知られていますが、実は治療でもよく使うポイントの一つ。

にうつ病や不安障害、てんかんやチックなど・・・脳に関わる病気には常用の一穴です。

患者さんのご感想では、「鼻から脳天にツーンッと抜けて、スーッとする」そうですよ。

またこのツボは、頭部のバランスを調整する効果もあるようで、猫背や腰痛にも、使ってみると時にコチラがビックリするくらい効くこともあります。%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e9%a0%ad%e7%97%9b

これから確定申告の季節。

領収書をそろえたり、数字とにらめっこしたり、PCにかじりついたり・・・

普段以上に、頭がこんがらがりやすい時期です。

一休みしてアタマをスッキリさせたいと思ったら、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ

『世界一受けたい授業』で紹介していた花粉症のツボは・・・

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】の吉田です。

昨日今日、患者さんから「TVでやってた花粉症のツボはどこ?」というお話をいくつか伺いました。

自分は視ていなかったので・・・調べてみると成程、土曜日の『世界一受けたい授業』って番組でやってたようですね。

番組では、「後頭部のでっぱり部分から、指4本分下」という表現をしていたようですが・・・

コレはおそらく【天柱(てんちゅう)】のことでしょう。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%80%80%e5%a4%a9%e6%9f%b1

たしかにこのツボは応用力がとても高く、鼻づまりだけでなく、自律神経失調や頭痛、眼の症状の特効穴。

ほかにも不安障害やパニック、また全身の筋肉の緊張を緩める効果に優れています。

当院でも常用するツボの一つ。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%80%80%e5%a4%a9%e6%9f%b1

眼鼻の通りを良くするということなら、【天柱】以外にも【天窓(てんそう)】というツボもオススメ。

名のとおり「天の窓(眼、鼻、耳) 」を開く効果があります。

ツボの位置は、「首の真横にある筋肉(胸鎖乳突筋)の後ろの際、のどぼとけの高さ」ツボ 天窓

イラストをぜひご参考に^^)

首は人間の最重要臓器・・・「心臓」と「脳」をつなぐ通路です。

【天柱】にせよ【天窓】にせよ、首が柔らかいに越したことはありません。

スマホやPCの連続使用に、日々の寒さに世情の不安・・・と、昨今、首がこわばる原因はわんさか。

しっかり緩めて、温めて、一番寒い時期を乗り切りましょう!

首はデリケートな場所でもありますから、プロの施術にまかせていただくのも一つです。

ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, 動きの東洋医学

お尻が硬いと良いことないです-解決策のツボとストレッチを-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて皆さん、子供の頃、「ひざカックン」っていたずらしませんでした?

背後に忍び寄って、後ろから膝を押すっていうアレです。

立っている時、足の筋肉は実はあまり使っていません。

なので不意に膝裏を押されると、簡単にカックンしてしまう訳ですが・・・

立っている時に頑張っているのは、太もものサイド。

膝から腰までのびる「腸脛靭帯」という長い靭帯です。%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%ad%8b%e8%86%9c%e5%bc%b5%e7%ad%8b

この靭帯は、股関節の外側の「大腿筋膜張筋」によってテンションが調節され、膝をロックすることで、他の筋肉が頑張らなくても立っていられるんですね。

でないと人間、立っているだけで疲れてしまいます。

最近、この「大腿筋膜張筋に痛み」を訴える患者さんが立て続けにいらっしゃいました。

聞けば、どうやら立ち仕事。

色々チェックしてみると、立ち方にもクセが強そうです。

一見ラクそうにみえる立ち方も、片側の足にばかり荷重をかければ「大腿筋膜張筋」は悲鳴をあげてきますから・・・

こんなストレッチで、股関節を伸ばしてあげましょう。%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%ad%8b%e8%86%9c%e5%bc%b5%e7%ad%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81

1,伸ばしたい足を下に(写真では左)して、椅子にもたれます。

2,自重をゆっくりと矢印方向へとかけていく。

腰の高さや足の位置で、ストレッチの強度は調節してくださいね。

ツボとしては、このポイントにある【(和式)環跳((わしき)かんちょう)】などは効果的。

イラストを参考に、ツボ押しを!ツボ 環跳(2)

股関節の痛みは、慢性的な腰痛や膝痛をかばって立ち方に歪みが生じてもおこります。

すべての関節は連動しているんです。

今日は『大寒』。

寒さ本番のこれからは、関節痛や神経痛が多くなります。

寒さに負けない身体づくりのためにも・・・ぜひお尻は柔らかくしておきましょう!

寒さ厳しいこの時期は、お灸との併用も効果的です。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する