くらしの薬膳

ボケない食事?-記憶と食事の関係性-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

前回、このブログで取り上げた「記憶力と膵臓の関係」。

その後、自分でも色々しらべてみたのですが・・・なかなか興味深いはなしが脳と膵臓の間にはあるようです。

なので今回は東洋医学、あんまり関係しませんが、「記憶と膵臓の関係性 その2」を。

前回のNHKスペシャル『人体』では、膵臓からでる「インスリン」が、脳の記憶細胞を増やす働きがあるとしていました。

このインスリンというホルモンは、食事から吸収された”糖”が血中に増える・・・つまり血糖値が上がると、自動的に膵臓から分泌されます。

筋肉や脂肪や肝臓に働きかけて血糖値を下げ、さらに脳にも直接作用しているということですが・・・

このインスリンの量は記憶力と密接にかかわるらしく、空腹時(インスリン少ない)には記憶力が上がる という研究結果もあります。

つまり 「満腹で記憶細胞が増え、空腹で記憶力が高まる」 ということ。

肝腎なのはこの、メリハリ。

インスリンが記憶細胞を増やすからといって、のべつまくなし甘いモノを食べていると・・・インスリンに脳が馴れてしまい、細胞を生み出さなくなってしまいます。

最近では、アルツハイマー病も、その実態は「脳の糖尿病」である可能性が高まっているとか。

脳を健やかに保つには「膵臓に負担をかけない(適度な炭水化物とたくさんの繊維質)食事」「食事のメリハリ」。

まずは・・・間食をやめ、お菓子類は手元に届く距離に置かないこと。

食事の前には、しっかり「空腹」を実感できるよう、日々の食事の量や内容、食事の間隔を調整すること。

「空腹」もまた「良薬」です。

永く元気な生活のためにも、今一度、食習慣を見直しましょう!

 

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

広告
くらしの薬膳, はりにまつわる物語, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から

記憶の膵臓、決断の◯◯-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ている、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは「臓器同士の会話」。 東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマはついに『脳』でした。

今回の驚きは、ボ~ッとしているとき・・・脳は、蓄えた記憶の欠片をランダムにつなげて「ひらめき」を生む(デフォルト・モード・ネットワーク)ということ。

そして「ひらめき」の材料である「記憶」には消化器のひとつ・・・『膵臓』と深い関わりがあるということでした。

 

実は、東洋医学にも、精神活動に深く関与するとされる消化器(六腑)があります。 しかも膵臓のすぐそばに。それは・・・

【胆】。

この【胆】、六腑の一つとされながら、胃腸のようにドロドロの消化物を運搬しないことから『清浄の府』とも云われる変わりもの。

しかもその役割は『決断』。

古典には「すべての臓腑はみな胆の決断に従う(『素問』六節蔵象論篇第九)」とまで書かれています。 「君主之官」である【心】までも、【胆】に従うんですよ?

 

今回の番組を視て、改めて東洋医学を見直すと・・・昔の医師たちが【胆】と【膵】を取り違えたんじゃないかと思ってしまうくらい。

事実、【胆】から流れる経絡は側頭部に流れていくのですが、この奥にある脳-側頭葉-は記憶の長期保存をする部位と考えられています。

 

まぁ、東洋医学的な【胆】の正体はともかく

脳を健やかに保つには「膵臓に負担をかけない食事(適度な炭水化物とたくさんの繊維質)」「身体を使ったたくさんの実体験」、そして「ボ~ッとする時間」が大切だそうです。

炭水化物ばかりのファストフードにネット漬け、さらに慌ただしいスケジュールでは・・・脳はひらめきも決断もできません。

心身にゆとりをもって、クリエイティブな脳を養いましょう!

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第6回目は、3月18日。

テーマは、『生命誕生』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。 お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

くらしの薬膳, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から

ウンチと陰陽-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ている、NHKスペシャルの8回シリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマは・・・『腸』でした。

今回の驚きは、腸が、そこに住む腸内細菌が出すホルモンまでを取り入れて、カラダの免疫力の調整をしているという事実。

つまり、ヒトはヒトだけでは生きられないということです

コレを視てまず思ったのは、東洋医学・・・というより東洋の思想の一番基本的な部分、【天人合一】や【身土不二】、そして【陰陽】のこと。

ヒトの身体に住む無数の細菌(腸内だけでも100兆個以上)は、時に害を与え、病気にもしますが・・・それによって免疫は鍛えられ、敵を正しく認識する力が育まれます。

逆をいえば、鍛える機会を与えられなければ、免疫がナニを敵とみなすかわからない ということ。

快適すぎる空調や、繊維質を抜き去った栄養の偏った食事、そして過剰な清潔さ。

【陰陽】の【陽】のみ を追求するような生活が新しい病を生み出すのは、東洋医学的には不思議でもなんでもありません。

ヒトはヒトだけでは生きられません。

身体を洗うとき、食事をするとき、そしてトイレでウンチを出したとき、ほんのちょっと自分の皮膚や腸に住む菌たちの事を考えてあげましょう(便の固形成分の約2/3は、腸内細菌)。

それだけで生活は劇的に変わるはず。

昔からいう「マゴワヤサシイ」・・・豆、ゴマ、わかめ、野菜に魚、シイタケ、芋なんてのは、まさに腸内細菌が喜ぶ食事です。

カラダの中にいる100兆のペットを、ぜひ可愛がってあげてください。

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第5回目は、2月4日。テーマは、ついに『脳』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。 お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

くらしのツボ, はりにまつわる物語, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から, 動きの東洋医学

若さの門は『足首』にあり?-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ここ最近、興味深く視ている、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。

東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマは・・・『骨』でした。

番組では、骨を『若さの門番』と位置づけ、骨が放つ様々なホルモンが、「記憶力」「免疫力」「筋力」「生殖力」に対して、とても重要な役割をしている。としていました。

よもや骨までがホルモンを放出しているというのは、ちょっと驚き。

さて、番組で取り上げられていた『骨にまつわる4つの力』。

東洋医学では【骨】自体も含めて、【腎】という臓器の働きとしてまとめられます。

以前のブログでも書いたように、【腎】は精力や動作の機敏さ・・・つまり若さを司る臓。

そして、この【腎】から身体へと巡る経絡の一つに、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】という流れがあります。

この脈は古来、別名『復命関』や『死生根』、『桃康』などと呼ばれ・・・不老不死の要として、道家(仙人を目指す人々)に注目されてきました。

興味深いのは、この脈のツボとして真っ先に挙げられるのが、内くるぶしの下にある【照海(しょうかい)】であること。

骨が出すホルモンは、「走ること、歩くこと、ジャンプすることの衝撃が骨に伝わることで、放出が活性化する」とのこと。

つまり、足首に適度な衝撃が加わる生活を続けることこそ、不老不死、アンチエイジングの要ということかと。

乗り物で移動し、オフィスについたら一日中、椅子に座りっぱなし。

という生活をしていたら、いくらサプリを飲もうがエステにいこうが、『骨』は応えてくれません。

歩いて、走ってジャンプして・・・

アンチエイジングの意思をしっかりと『骨』に伝えましょう!

 

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第4回目は、明日の夜。

テーマは『腸』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

くらしの薬膳, ダイエット, バランス向上

『歯』が語る食のバランス -犬歯はなんのためにある?-

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年は戌年。

ハチ公の例を挙げるまでもなく、イヌの誠実さは、ヒトにとっての最上の癒しの一つ。

今年はイヌを大いに見習って・・・今までよりさらに誠実に、愚直に、皆さまの健康のお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

さて

ヒトの身体の中で「イヌ」と名がつく部位といえば・・・『犬歯』。

この『犬歯』、獲物を襲い肉を引き裂くための・・・つまり闘争と肉食に適した歯です(写真はライオン)。

草食動物にも犬歯はありますが、象やイノシシを見る限り、主に異性にもてる(これも立派な闘争)ために大きくなっているようです。

そしてヒトの歯32本のうち、肉食用の歯は4本(写真はご先祖さま、ネアンデルタール人の骨格復元。いまのヒトは親知らず抜いちゃうので・・・)。

それ以外は、柔らかい果実や草を摘み取るための切歯(前歯)が8本と、硬い繊維質のものをすりつぶすための臼歯(奥歯)が20本・・・

つまり

肉:葉物野菜や果実:穀物や根菜 = 4:8:20 = 1:2:5

 

どうでしょう?皆さんの食生活、この歯にマッチしてますか??

昨今は、低炭水化物ダイエットが大流行。

確かに過剰な炭水化物の摂取は禁物ですが、タンパク質(肉)ばかり食べれば良いってわけでもありません。

むしろ、なにを食べるかより、どんな硬さのものを食べるかを意識して。

歯をしっかり使うという行為は、

脳にとっても(噛む刺激が、認知機能を高めるという研究があります)

胃腸にとっても(消化器への負担が減ります)

免疫にとっても(繊維質の多いものは、腸内環境を調えます)

姿勢にとっても(ヒトは構造上、猫背では強い咬合力が出せません)

そしてダイエットにとっても(よく噛むことは、満腹中枢を早く刺激するので、少ない量で満足感がでます)、有意義です。

2018年。ぜひ今年は、食生活から見直してみましょう。

当院はそのお手伝いに、手間を惜しみません。

皆さま、本年も【はりきゅう治療院伍行庵】を、よろしくお願い申し上げます。

 

クービック予約システムから予約する