疼痛, , 脳、神経症状, 脳力・認知機能向上, 足少陽胆経

保護中: -頭蓋と脳と【胆】について-【足少陽胆経】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告

-おんな7歳、おとこは8歳-年を重ねる男女の節目

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

秋の三連休は生憎の台風でしたが・・・
昨日は「敬老の日」。

東洋医学には

-ヒトには成長と老化の過程で、身体に急激な変化が生じる”節目”がある-

とする、”厄年”に似た考え方があります。

そもそも「厄年の由来」には諸説あり、その一つには、東洋医学の古典『黄帝内経/霊枢:陰陽二十五人第六十四』も含まれるんですが・・・ 此所には「7・16・25・34・43・52・61歳は色々あるから気をつけなさい」って位しか書かれていません。

より具体的な目安とするなら、同じ古典の中でも『黄帝内経/素問:上古天真論篇第一』に書かれている「女性は7歳ごと、男性は8歳ごとに節目が訪れる」の方が理解しやすいかも。

①女7(7×1)歳/男8(8×1)歳・・・歯が生え替わる。

②女14(7×2)歳/男16(8×2)歳・・・二次性徴期。生理や精通が開始。

③女21(7×3)歳/男24(8×3)歳・・・親不知も含め、全ての歯が出揃う。

④女28(7×4)歳/男32(8×4)歳・・・骨格が完全に成熟。女盛り、男盛りってやつです。

⑤女35(7×5)歳/男40(8×5)歳・・・肌の乾燥や抜け毛が増え始め、精力が減退し、歯が弱り始める時期。

⑥女42(7×6)歳/男48(8×6)歳・・・お肌がカサカサになり白髪が増える時期。

⑦女49(7×7)歳/男56(8×7)歳・・・生殖機能の限界。

 

この『素問』の成立が紀元前300年前後の事ですから、現代人の成長に見合う基準かは難しいところ。
実感としては、②の時期は現代ではもう少し早いでしょうし、アンチエイジングに余念のない昨今、⑤や⑥はどんどん後ろにいっている気が・・・

しかし、”歯”や”生理”、”肌や髪の色艶”を参考にしながら、 「自分が今、どのくらいの位置にいるのか?」は分かるはずです。

こういう身体の変化が生じる時期は、総じて体調も不安定になりがちですから・・・

歯や髪や肌に、いままでと違う変化が顕れはじめたら、生活習慣と体調をもう一度しっかりチェックする時期。

予防と養生に気を配り、上手に年を重ねましょう!

当院では、お一人お一人にあった養生法や、運動の仕方を、皆さんと一緒に考えてまいります。
ぜひお気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する

バランス向上, 督脈, 筋の過緊張、こわばり, 精神疾患, , 腰背部痛, 項頚部痛, 足少陰経筋, 小児の病

身柱(しんちゅう)

 

GV12)身柱(shen1zhu4)(しんちゅう)・塵気・散気・智利介・チリケ・三椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第3胸椎棘突起下方の陥凹部。

【名の由来】

「身=身体」「柱=支柱」。本穴が肩胛骨中央に在り、天秤の支点の様に人体左右の平衡を保つ事から。

【作用】

〔瀉〕扶正去邪・鎮静安神

【弁証主治】

◆督脈病

認知症・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症〔灸100壮〕・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆肺病

呼吸器の虚弱〔灸100壮〕、息切れ・自律神経失調、口渇・臍右の強い拍動・脈浮など

【主症配穴】

+長強…小児のひきつけ〔瀉法〕

+本神…躁鬱

+霊台…小児喘息〔灸法〕

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に肺兪がある。肺の病にも有効と考える。

・脳の働きを高めるとも。精神疾患に対する主治が多く、重篤な精神疾患にはぜひ用いたい。

・本穴の穴名の由来が「天秤の支点の様に人体左右の平衡を保つ事から」とあるが、実際、人体上に腸骨稜腰方形筋起始と反側の頭蓋外側『角孫』を結ぶ線を引くと、左右の線と脊柱の交点はほぼココに位置する。人体の頭と骨盤のバランスの要となる部位と考える。

・臨床的には、本穴をいかに正しく「正中線に載せるか」を指標に治療を考えると、姿勢性の筋疾患には有効かと思う。個人的には足少陰経筋の治療ポイントと考えている。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

《経外奇穴》, 督脈, 小児の病,

神道(しんどう) ※巨闕兪(こけつゆ)

 

GV11)神道(shen2dao4)(しんどう)・衝道・臓兪・五椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第5胸椎棘突起下方の陥凹部。

※ペトルシュキー脊椎圧診点(肩関節痛・腕神経の診断点)に近い。

※マッケンジー胸椎圧診点(胆石疝痛・胆道疾患の診断点)に近い。

※Th6~12は、胃の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

「道=通路」。本穴の左右に心兪が在り、内部に心を蔵する心脈の通路である事から。

【作用】

〔瀉〕寧神化痰・清熱熄風

【弁証主治】

◆督脈病

小児の発達障害、情緒不安定・認知症〔灸100壮〕・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆心病

狭心症、循環器症状〔灸27~100壮〕・睡眠障害・掌の火照り・臍上の強い拍動・脈浮洪・夜間に症状が悪化など

【主症主治】

肋間神経痛・背部の発疹・呼吸困難

【主症配穴】

陶道⇒神道⇒霊台…うつ病(冷たい精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。陶道⇒神道⇒霊台の順に一週間の間をおきながら施灸するという〕

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。気胸への不安からか?

・本穴の左右に心兪がある。心の病にも有効と考える。

・自閉症を思わせる主治がある。上の身柱と共に小児の精神不安などには良いかと。

・一説には、白血病などの血液疾患に有効とも。 追試対象。

 

※癰疽…癤が一カ所に群生し、互いに癒合して大きな硬結を作るもの。潰瘍の大きいもの。

※疔瘡…初期は粟粒様で上に白膿頭があり、堅・根深・釘様。激痛があり、急激に拡がり黄色くなる。

―――――――――――――――

※巨闕兪(ju4que4shu4)(こけつゆ)・四椎

※経外奇穴-千金翼方-

【取穴】

上背部、第四・五胸椎棘突起間。

【名の由来】

「巨=大きな」「闕=宮中」。本穴が、胸部の「巨闕(心募)」と表裏をなす位置にある事から。

【主治】

不眠・気管支喘息・気管支炎・肩背痛・狭心症発作・胸肋痛

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

《経外奇穴》, 督脈, 筋の過緊張、こわばり, 糖尿病,

筋縮(きんしゅく) ※膵兪(すいゆ)

 

GV8)筋縮(jin1suo1)(きんしゅく)・筋束・九椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第9胸椎棘突起下方の陥凹部。 ※マッケンジー胆石疝痛圧診点(胆石疝痛の診断点)に近い。 ※Th9~12は、腸の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

本穴の左右に肝兪が在り、この一連が筋肉の過収縮に対して効がある事から。

【作用】

〔瀉〕鎮驚熄風・通利筋骨

【弁証主治】

◆督脈病…躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆肝病…貧血、血液疾患 〔灸3壮〕・筋疾患 〔灸〕・眼疾患・吐き気・脇肋の不快感・臍左の強い拍動など

【主症主治】

肋膜炎・胃痛・悪寒戦慄を伴う高熱

【配穴】

+天突…小児の咬い締め・失語症・小児マヒ〔瀉法〕

+水道…背部のこわばり

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に肝兪がある。肝の病にも有効と考える。

 

―――――――――――――――

※膵(cui4shu4)(すいゆ)・胃脘下兪(wei4wan3xia4shu4)(いかんげゆ)

※経外奇穴-備急千金要方-

【取穴】

上背部、後正中線上、第8胸椎棘突起下方の陥凹部、およびその外方一寸五分。計3穴。

【名の由来】

本穴が、膵臓疾患に効果がある事から。

【主治】

糖尿病・胃痛・膵炎・胸肋痛・嘔吐・咳嗽

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675