うつ病(寡動性精神疾患), てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, めまい、気象病, 眼精疲労、眼裏痛, 頭痛, 風邪、呼吸器疾患, 標準耳穴

枕(ちん)

AT3)(zhen3)(ちん/まくら/こうとうこつ)(occiput)・暈点

【取穴】対耳屏部の外側面後部。

【主治】頭痛・眩暈・気管支喘息・てんかん・神経衰弱

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 手少陽経筋

聴会(ちょうえ)

 

GB2)聴会(tiing1hui4)(ちょうえ)・後関・聴呵・聴河・後吴・聴訶・機関

【取穴】顔面部、珠間切痕と下顎骨関節突起の間、陥凹部。

※口を開いたとき、珠間切痕前方の陥凹部にある。

【名の由来】「会=集まる」。本穴の耳聾・耳閉を治す効能が、聴覚を集めるようである事から。

【要穴】

『根結:少陽之結(窗籠/耳中)?』

『標本:足少陽之標(窗籠之前)?』

【交会】・経筋:足陽明経筋の結する処(耳前)

【作用】〔瀉〕耳竅清宣・耳絡宣通・清熱散結

【弁証主治】

◆少陽経(筋)病

半身不随、舌のこわばり・多汗・偏頭痛・耳痛・耳鳴、難聴 〔瀉〕・耳下腺炎・口苦・溜息・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・第4指痛・脇肋痛、側腹部痛・疝痛、股関節痛・膝痛・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足陽明経筋病

耳疾患・三叉神経痛・顔面神経マヒ・虫歯・顎関節脱臼・頬~胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣・腹筋の緊張・下肢のこわばり、マヒ・こむら返り・足第3指のこわばりなど

【配穴】

+金門…難聴

+翳風…難聴

+迎香…難聴〔瀉法〕

+地倉〔透頬車〕 …中枢性の顔面神経マヒ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・耳は「宗脈の聚る処」である為、全経脈を疏通する働きがあるとされる。特に耳門・聴宮・聴会の3穴は筋痙攣や関節拘縮などに著効がある。

・発展させて考えるなら、耳介は脳へのアプローチに応用できるのではないだろうか?

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 致命三十六穴, 項頚部痛, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 手少陽経筋, 手少陽三焦経

耳門(じもん)

 

TE21)耳門(er3men2)(じもん)・小耳・耳前

【取穴】

顔面部、耳珠上の切痕と下顎骨の関節突起の間、陥凹部。

※軽く口を開けて耳珠上の切痕の前にできる陥凹部で、SI19)聴宮の真上にある。

【名の由来】

手少陽経は耳後より耳中に入り、本穴より出て前方に巡る事から。

【要穴】

『根結:少陽之結(窗籠/耳中)?』

『標本:手少陽之標(耳後上角下外眦)?足少陽之標(窗籠之前)?』

【交会】

・経筋:足陽明経筋の結する処(耳前)

【作用】

〔瀉〕清熱消腫・開竅益聡・疏通経絡

【弁証主治】

◆少陽経(筋)病

半身不随、舌のこわばり・多汗・耳痛・耳鳴、難聴・口苦・溜息・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・第4指痛・脇肋痛、側腹部痛・疝痛、股関節痛・膝痛・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

手少陽経筋

◆足陽明経筋病

耳疾患・顔面神経マヒ・頬~胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣・腹筋の緊張・下肢のこわばり、マヒ・こむら返り・足第3指のこわばりなど

【配穴】

+関衝…耳鳴・突発性難聴〔瀉法〕

+絲竹空…虫歯〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・耳は「宗脈の聚る処」である為、全経脈を疏通する働きがあるとされる。特に耳門・聴宮・聴会の3穴は筋痙攣や関節拘縮などに著効がある。

・本穴は特に胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣には著効がある。

・発展させて考えるなら、耳介は脳へのアプローチに応用できるのではないだろうか?

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。顎関節、側頭骨の損傷。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 手少陽三焦経

瘈脈(けいみゃく)

 

TE18)瘈脈(chi4mai4)(けいみゃく)・資脈・索脈・瘈脈青・体脈

【取穴】

頭部、乳様突起の中央、TE17) 翳風とTE20)角孫を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、TE17)翳風から1/3。

【名の由来】

「瘈=癇証(てんかん発作)」。本穴が耳後浅静脈に位置し、てんかんに効果がある事から。

【作用】

〔瀉〕清熱散風・痛竅聡耳

【弁証主治】

◆手少陽経病

多汗・頭痛・目ヤニが多い・耳鳴、難聴・喉痛・上肢痛、マヒ・※副腎皮質機能亢進症状など

【主症主治】

疳の虫・てんかん顔面痙攣・嘔吐・細菌性の下痢

【配穴】

+完骨…耳後の痛み〔瀉法〕

+人迎…顔面痙攣

【症例/個人的見解】

・甲乙経に「禁灸穴」とある。要注意。

・顔面痙攣やチック、ジストニアなどの不随意運動症状には、臨床上でも効果が高い。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 手太陽小腸経, 手少陽経筋

聴宮(ちょうきゅう)

 

SI19)聴宮(ting1gong1)(ちょうきゅう)・多所聞

【取穴】

顔面部、耳珠中央の前縁と下顎骨関節突起の間の陥凹部。

※口をわずかに開けたとき、耳珠中央の前方陥凹部、TE21)耳門とGB2)聴会の間にある。

【名の由来】

「宮=要衝」。本穴が聴力を回復させる要穴である事から。

【要穴】

『根結:少陽之結?(窗籠/耳中)』

『標本:足少陽之標?(窗籠之前)』

【交会】

・経絡(3):手太陽経-手足少陽経

・経筋:足陽明経筋の結する処(耳前)

【作用】

〔瀉〕清頭聡耳

【弁証主治】

◆手太陽経病

下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩痛・上肢の痛み、ひきつれ、火照り、マヒなど

◆少陽経(筋)病

半身不随、舌のこわばり・多汗・耳痛・耳鳴、難聴・口苦・溜息・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・第4指痛・脇肋痛、側腹部痛・疝痛、股関節痛・膝痛・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

手少陽経筋

◆足陽明経筋病

耳疾患・顔面神経マヒ・頬~胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣・腹筋の緊張・下肢のこわばり、マヒ・こむら返り・足第3指のこわばりなど

【配穴】

+少澤…ねちがい(急性の頚痛)

+養老…チック(書痙・手の震え)

【症例/個人的見解】

・耳は「宗脈の聚る処」である為、全経脈を疏通する働きがあるとされる。特に耳門・聴宮・聴会の3穴は筋痙攣や関節拘縮などに著効がある。

・発展させて考えるなら、耳介は脳へのアプローチに応用できるのではないだろうか?

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 発熱, 皮膚疾患, 眼疾患, 血流不全、血圧異常, 風邪、呼吸器疾患, 原穴, 手太陽経筋, 手太陽小腸経

腕骨(わんこつ)

 

SI4)腕骨(wan4gu3)(わんこつ)・枕骨

【取穴】

手関節後内側、第5中手骨底部と三角骨の間の陥凹部、赤白肉際。

※SI3)後渓から第5中手骨を骨の突起まで擦上していくと、第5中手骨底部と三角骨の間の陥凹部にある。

【名の由来】

「腕骨=手根骨」。本穴が第5中手骨底・三角骨間の陥凹部に在る事から。

【要穴】

『小腸原穴』

『標本:手太陽之本』 ※原文には「外踝後」とある。

【交会】

・経筋:手太陽経筋の結ぶ処(腕/手首)

【作用】

〔補〕補益原気・増液止渇

〔瀉〕利胆退黄

【弁証主治】

◆外風/太陽病(表証)

風邪(強い悪寒発熱・リンパ節腫)・発熱による疼痛など

◆内風証

血圧異常(※厥証・高血圧・脈浮洪)・黄疸・てんかん発作・眼疾患・鼻痛・顔面痙攣・顔が赤い・口が渇く・吐き気、胸苦しさ・乳腺炎・腋下のしこり、つかえ、不快感・臍左の強い拍動・性欲の異常・睾丸痛・皮膚疾患・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆手太陽経(筋)病

耳鳴、難聴・下顎痛・項頚部痛・頚部静脈瘤・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛など

【主症主治】

半身不随〔補瀉をよく考慮して〕・肘痛・腱鞘炎

【弁証配穴】

『原絡配穴(小腸⇒心):腕骨+通里』…小腸所生病/液病

『原募配穴(手太陽経):関元+腕骨』…手太陽経病

【主症配穴】

+至陽〔金鍼〕…黄疸

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち小腸原穴である腕骨は、足厥陰肝経の病(主に所生病、黄疸)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「小腸/膀胱/肝」をつなぐ病状として、表証(風邪、感染性疾患)、肝風内動に代表されるような内風証に、適応と考える。

・別名が「枕骨」であるところからも、項頚部の不調への効能はうかがえる。

 

※厥証・暈厥…発作性のめまい、昏倒。しばらくすると覚醒する。脳虚血性発作に近いか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, バランス向上, 疼痛, 発汗調整, 絡穴「去痰化瘀」, 足太陰経筋, 足太陰脾経

大包(だいほう)

 

SP21)大包(da4bao1)(だいほう)

【取穴】

側胸部、第6肋間、中腋窩線上。

※側臥して上腕を外転したとき、中腋窩線と第6肋間の交点にある。

【名の由来】

「包=統括」。本穴が「脾之大絡」であり、陰陽諸経を統括し、臓腑四肢を滋養する働きがある事から。

【要穴】

『脾之大絡/淵腋の下三寸から出て、胸脇に分布する』

【作用】

〔瀉〕理気活絡

【絡脈主治】

脾之大絡脈の問題

〔補〕全身の関節の不和・不随意運動(ジストニアなど?) 

〔瀉〕全身の痛み(線維性筋痛症など?)

【弁証主治】

◆足太陰経(筋)病

貧血、血液疾患・動悸、心窩部痛、胸苦しさ・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・出血傾向・萎縮性舌炎、嚥下困難・脇腹~臍の引きつれ・背深部の痛み・婦人科疾患・更年期障害・股関節痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・脈浮緩など

【主症主治】

顔の多汗

【症例/個人的見解】

・『脾之大絡』という点で言えば、大包は全経絡に交会しているとも言えるのだろうか?

・本穴が具体的にどういう機能を有するかはハッキリしない(臨床でも使いづらい場所なので)。古典には「実すると全身が尽く痛み、虚すると全身の関節に問題が生じる」とあるので、線維性筋痛症やリウマチなどへの応用は可能か?

脾之大絡脈の病の記述や、足太陰経筋のラインを考えるに、胸裏に入る経筋は大包と関係するのでは?

 

・橋本敬三氏著『からだの設計にミスはない』の中で、乳幼児の発育向上と疾病予防に対し、「脇腹を軽くくすぐってやると、その刺激に反応して手足をキクキク動かして勝手に運動系を調節する。万事それでOKである」とある。大包の絡脈主治に対してとても興味深い示唆であると感じる。

・首から上の汗を抑える方法として「舞妓の高帯」と呼ばれる方法がある。皮膚圧反射を利用するもので、胸郭上部を帯などで圧迫することで、帯より上の発汗を抑制し、代わりに帯より下の発汗が増す。ツボとしては本穴と大包を挙げるものが多いが、あまりツボに拘る必要はないかも。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675