皮膚疾患, 耳鳴、難聴, 頭痛, 標準耳穴

膵胆(すいたん) 

 

CO11)膵胆(yi2dan3)(すいたん)(pancreas and gallbladder)

【取穴】

耳甲艇の後上部。

【主治】

胆のう炎・胆石症・胆道回虫症・偏頭痛・帯状疱疹・中耳炎・耳鳴・聴力低下

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告
耳鳴、難聴, 腰背部痛, 標準耳穴, 泌尿器疾患

腎(じん) 

 

CO10)(shen4)(じん)(kidney)

【取穴】

対耳輪下脚下方の後部。

【主治】

 

腰痛・耳鳴・神経衰弱・腎盂腎炎・喘息・遺尿症・生理不順・遺精・早漏

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

 

督脈, 禁灸穴, 耳鳴、難聴, 胸街/気海, 致命三十六穴, 回陽九針, 失語症

瘂門(あもん)

 

GV15)瘂門(ya1men2)(あもん)・舌横・舌厭

【取穴】後頚部、後正中線上、第2頚椎棘突起上方の陥凹部。

※GV16)風府の下方五分にある。

【名の由来】「瘂=しゃべれない」「門=出入口」。古来、本穴に灸をしたところ瘂となり、鍼にて治ったという逸話がある事から。

【交会】・経絡(2):督脈-陽維脈

【作用】

〔補〕益脳増音

〔瀉〕『気海(胸街)之兪/通督解痙・醒脳開竅』

【弁証主治】

◆督脈病

てんかん、意識障害・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛みなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・髄膜炎症状・リンパ節腫・四肢の冷え・胸苦しさなど

【主症主治】失語症

【配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+関衝…失語症(聾唖)

【症例/個人的見解】

・一寸五分以上は刺入しないように(瘂門-耳孔-眼を結ぶ角度で刺入しない事)。

・甲乙経・和漢三才図会には「禁灸穴」とある。また武術的な「致命三十六穴」の一つ。頚椎損傷。要注意。

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
神経変性疾患, 耳鳴、難聴, 致残十八穴, 衝脈, 足首、足、踵痛, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 原穴, 回陽九針, 太衝(血流不全), 更年期障害

太渓(たいけい) ※呂細(ろさい)

 

KI3)太渓(tai4xi1)(たいけい)・呂細(lv3xi4)(ろさい)

【取穴】

足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

【名の由来】

「渓=陥凹」。本穴が腎の原穴であり、少陰の脈気が大きな流れとなる場所である事から。

【要穴】

『腎原穴』

『足少陰経兪土穴(水経土穴/土克水)』

【作用】

〔補〕『回陽九針穴/補益腎気・健脳益髄』

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】

◆腎/心/大腸病

更年期障害(睡眠障害・不安障害・めまい・動悸、脈浮洪、臍上の強い拍動〔灸7~50壮〕・掌の火照り・11:00~13:00あるいは23:00~01:00の異常など)

加齢性の症状(サルコペニア・健忘・被害妄想・視力低下・難聴、耳鳴・口の渇き・歯痛、歯槽膿漏・排便異常など)

◆足少陰経(筋)病/衝脈病「体重節痛を治す」「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・※脱証、錐体外路系障害・貧血・喘息)〔補〕 など

 

【弁証配穴】

『兪原配穴(腎):腎兪+太渓』…腎気虚証〔補法〕

『原絡配穴(腎⇒膀胱):太渓+飛揚』…腎所生病

『二原配穴(心/腎):神門+太渓』…心腎不交証(更年期障害、不眠など)

『二原配穴(腎/大腸):太渓+合谷』…腎虚証/加齢性の症状(歯・耳・髪の問題)

『原募配穴(足少陰経):太渓+京門』…足少陰経是動病

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+湧泉…耳痛

+郄門〔瀉〕…喀血〔太渓は補〕

+紫宮〔瀉〕…胸苦しく、咳き込む〔太渓は補〕

+中脘…※霍乱〔先に太渓を取穴し、次に中脘を〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち腎原穴である太渓は、手陽明大腸経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「腎/心/大腸」をつなぐ病状として、更年期障害(心身のバランスの崩れ)や加齢性の感覚低下(難聴など)には、適応と考える。

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精/血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・原絡配穴(太渓+飛揚)にて、精神疾患に伴う足裏のほてりが緩解することは多い。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。捻挫、打突により足に力が入らなくなる。

 

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

 

────────────────

呂細(lv3xi4)(ろさい)・内果尖

※経外奇穴-備急千金要方-奇効良方-

【取穴】

足関節後内側、内果尖。

【名の由来】

「呂=古代音楽の十二律の内、陰律(六呂)」「細=弱い」。本穴を境に、少陰の脈気が大きな流れとなる事から。

【主治】

歯痛〔灸27壮〕・小児の言葉が遅い・扁桃炎・痔瘻・足内側筋の痙攣

【配穴】

+昆侖…慢性の膝痛・踵の痛み〔補法〕

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675