督脈, 過敏性腸症候群, 肥満あるいは極度の痩せ, 胆(膵), 食欲不振

中枢(ちゅうすう)

 

GV7)中枢(zhong1shu1)(ちゅうすう)・十椎

【取穴】上背部、後正中線上、第10胸椎棘突起下方の陥凹部。

※脊髄神経後枝は椎間孔の外で脊髄神経からおこり、内側および外側枝に分かれる。

内側枝は関節枝に分かれ、その高さの椎間関節とその出口の1つ下の高さの関節に分布する。

つまりそれぞれの椎間関節は2つの脊髄神経後枝(本穴はT9/10)が関係する。

※Th10~L1は、子宮の内臓体性知覚反射部位に相当。

※Th10~12・S1~3は、前立腺の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】「中=中間」「「枢=軸」。本穴の位置が背部の運動軸となる事から。

【作用】

〔補〕健脾利湿

〔瀉〕清熱止痛

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆胆病

几帳面な性格、イライラして怒りやすい・過敏性腸症候群・貧血、血液疾患など

【主症主治】しゃっくり・吐き気・十二指腸潰瘍・食欲不振〔灸3壮〕

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に胆兪がある。胆の病にも有効と考える。

・和漢三才図会に「此処に三壮灸すれば善く熱を引かせ食が進む。常用常効あり」とある。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
《経外奇穴》, むくみ、冷え症, 糖尿病, 過敏性腸症候群, 肋間神経, 肥満あるいは極度の痩せ, 胸背神経, 脾(膵), 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 腰神経叢, 腰神経後枝, 腸骨鼠径神経, 腸骨下腹神経, 足太陽膀胱経, 免疫力、抵抗力向上, 三焦

肓門(こうもん) ※痞根(ひこん)

BL51肓門(huang1men2)(こうもん)・痞根

【取穴】

腰部、第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

・筋肉:広背筋/脊柱起立筋/腰方形筋

・運動神経:胸背神経/脊髄(腰)神経後枝/腰神経叢

・知覚神経:脊髄(腰)神経後枝

・血管:腰動脈

※BL51)肓門、BL22)三焦兪とGV5)懸枢は、第1腰椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】

「門=出入口」。本穴が膏肓・胞肓の中間に位置し、肓兪と相対する働きを持つ事から。

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水』

〔瀉〕通調胃腸・化滞消痞

【弁証主治】

◆三焦病/腎病

※副腎皮質機能亢進症状・成長発育不全・肥満あるいは極度の痩せ・腹痛、胃痙攣・多汗・泌尿器、婦人科疾患・肩背や腰背の強いこわばりと痛み・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【私見】

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。津液代謝の異常に関しては効果が高い。

・本穴の内方一寸五分には「三焦兪」がある。肓は「腎より生じるもの」という意味があることから、本穴は腎病に対しても有効だと思う。

・心包と三焦という臓腑は、腎との関わりが非常に強いと考えることができるのでは? 個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

────────────────

痞根(pi3gen1)(ひこん)

※経外奇穴-医経小学-

【取穴】

腰部、第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸五分。

・筋肉:広背筋/外腹斜筋/内腹斜筋/腹横筋

・運動神経:胸背神経/肋間神経/腸骨鼠径神経、腸骨下腹神経

・知覚神経:脊髄(腰)神経後枝

・血管:腰動脈

※本穴とBL51)肓門、BL22)三焦兪、GV5)懸枢は、第1腰椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】

「痞=腹部のしこり」。本穴が腹部や内臓のしこりを治療し、その根を断ち切るような効果がある事から。

【主治】

貧血(汎血球減少症)・※痞気(過敏性腸症候群)〔灸:巨刺法〕・下腹部の鈍痛・肝肥大・脾臓肥大・腰痛・腸炎・しゃっくり

【症例】

腹部のしこり、痞えの特効穴。

【私見】

・実際の解剖では、第1、2椎間は「幽門平面(胃と十二指腸の移行部)」にあたる。特に左は膵臓や脾臓の位置にあたるため、糖尿病や過敏性腸症候群・汎血球減少症などでは、試みたい穴である。

 

※脾積痞気…五積之一。胃脘部に生じる円盤状・難治性のしこり。食事が身にならず、食後にお腹が張る(消化力低下)・腹鳴・嘔吐・黄疸・便秘あるいは下痢・手足が冷え、おもだるい・脈浮長など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

過敏性腸症候群, 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 胸背神経, 脾(膵), , 腰神経後枝, 腰背部痛, 自律神経失調, 認知症, 足太陽膀胱経, 内分泌系異常, 慢性疲労、虚弱体質, 三焦

三焦兪(さんしょうゆ)

BL22三焦(san1jiao1shu4)(さんしょうゆ)

【取穴】

上背部、第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

・筋肉:広背筋(胸腰筋膜)/脊柱起立筋

・運動神経:胸背神経/脊髄(腰)神経後枝

・知覚神経:脊髄(腰)神経後枝

・血管:腰動脈

※小野寺胆石疝痛圧診点(胆石疝痛の診断点)に近い。

【名の由来】

本穴が三焦絡の兪穴である事から。

【要穴】

『三焦兪穴』

【作用】

〔補〕健脾利湿

〔瀉〕調理三焦・利水道

【弁証主治】

◆三焦病(脾腎陽虚)

※副腎皮質機能異常・糖尿病・過敏性腸症候群・※積聚など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛(肩背や腰背の強いこわばりと痛み、悪寒)・自律神経失調症など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・認知症など

※アルツハイマー型認知症は「脳の糖尿病」と考える説もある。

【弁証配穴】

『兪募配穴(三焦):石門+三焦兪…三焦病』

【私見】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて施術法を吟味すべし。

・三焦が気の生ずる所である事を考えると、全身の気機と水道の調整に効果が高いかと思われる。

・実際の解剖では、「幽門平面」が第1、2腰椎間に位置する。つまり十二指腸および膵臓がこの高さにある。このことから、糖尿病を含めた糖代謝異常に対しては、狙うべきポイントかと考える。

・Daniel Keown著『閃く経絡』では、十二指腸-膵臓-脾臓の機能的集合を、中医学的【脾】として提唱していた。非常に興味深い。

・本穴の外方一寸五分には『肓門』がある。肓は「腎より生じるもの」という意味があることから、三焦兪は腎病に対しても有効だと思う。

・心包と三焦という臓腑は、腎との関わりが非常に強いと考えることができるのでは? 特に三焦は元陽との関わりが深いので、腎兪同様の使い方ができると思う。

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)をはじめとした脂質組織ではないかと考えている。 ※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

 

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。 しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

アレルギー疾患, 禁鍼穴, 過敏性腸症候群, 胸腹神経, 足陽明胃経, 募穴「瀉実」, 大腸, 妊婦禁灸, 消化器疾患

天枢(てんすう)

ST25天枢(tian1shu1)(てんすう)・ 長谿・穀門・谷門・循際・長谷・大腸募・補元・循元

【取穴】

上腹部、臍中央の外方二寸。

・筋肉:腹直筋鞘 Rectus sheath

・運動神経:胸腹神経(T10) Thoracoabdominal nerves

・知覚神経:胸腹神経前皮枝(T10) Anterior cutaneous branches of Thoracoabdominal nerves

・血管:浅腹壁動脈・下腹壁動脈

※モリス点(虫垂炎の診断点)に近い。

【名の由来】

「(天)枢=北斗七星の第一星」。正星であって陽徳を司り天子の象徴とされる。古代、臍を中心にその上下を天地に対応させていた為、本穴が臍の傍、天地の境に在る様を「天枢星」に喩えて。

【要穴】

『大腸募穴』

『魂魄之舎?』

【作用】

〔補〕温陽固腸・調中和胃

〔瀉〕通腸導滞・腸道温通・清熱通便・理気健脾

【弁証主治】

◆中焦(胃/大腸)病

消化器症状、排便異常アレルギー疾患・黄疸・脈浮緩など・05:00~07:00あるいは17:00~19:00の異常など

◆腎病

成長発育不全・泌尿器、婦人科疾患・腰痛など

◆足陽明経病

不安障害・躁鬱・パニック症候群・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

【主症主治】

腹筋のこわばりや痙攣・臍周辺の鋭い痛み

【弁証配穴】

『兪募配穴(大腸):大腸兪+天枢』…大腸病

『募合配穴(大腸):天枢+上巨虚・曲池』…大腸実証〔瀉法〕

『原募配穴(手陽明経):合谷+天枢』…手陽明経病

【主症配穴】

+環跳〔瀉〕…半身不随〔天枢は補〕

+陰陵泉…回虫症

+水泉…経遅・閉経

【私見】

・難経第三十一難には、中焦の病を治す場として「臍傍」としている。

・和漢三才図会には「禁鍼・妊婦禁灸」とあるが、臨床上、鍼を使って問題はなかった。妊婦に対しては要注意。

・本穴の皮膚分節はT10に由来する。背部の【中枢】【胆兪】【濁浴】【陽網】などともリンクするか?

・「天」の字がつくツボは、リンパ系の走行に多く分布している。免疫系への治療効果を期待できるかも。近年、アレルギー疾患と腸内環境の因果関係は立証されてきており、そういった意味からも本穴は重要になると思う。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675