うつ病(寡動性精神疾患), 精神安定、リラックス, 口腔疾患, 標準耳穴

垂前(すいぜん) 

 

LO4)垂前(chui2pian2)(すいぜん)(anterior ear lobe)・抜歯麻酔点・神経衰弱点

【取穴】

耳垂正面の前中部。

【主治】

歯痛・神経衰弱

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

うつ病(寡動性精神疾患), てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, めまい、気象病, 眼精疲労、眼裏痛, 頭痛, 風邪、呼吸器疾患, 標準耳穴

枕(ちん)

AT3)(zhen3)(ちん/まくら/こうとうこつ)(occiput)・暈点

【取穴】対耳屏部の外側面後部。

【主治】頭痛・眩暈・気管支喘息・てんかん・神経衰弱

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

《アーユルヴェーダ・マルマ》, うつ病(寡動性精神疾患), 督脈, 致命三十六穴, 心療内科的症状

印堂(いんどう)

GV25)印堂(yin4tang2)(いんどう)・曲眉・光明・明堂・洞房・上丹田

【取穴】頭部、前正中線上、両眉頭の間。

【名の由来】「印=印鑑」「堂=広間…ここでは額(前頭骨)」。ヒンドゥ教徒が額につける印の場所である事から。

※中国以西との文化交流は紀元前からあり、この慣習も伝わっていたものと考えられる。

【交会】・経絡(3):督脈-(足厥陰経-陰蹻脈)

※一説には陰蹻脈の交会とも。

※肝経は「目系に連なり額に出て、督脈と巓にて会す」とある。

【要穴】『前三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。関元・中脘・膻中とする説と、関元・膻中・印堂とする説あり。

【弁証主治】

◆督脈病/陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

躁鬱、不安障害・頭が重く、ふらふらする・羞明・視力低下、眼裏痛〔『洞房』~『明堂』~『印堂』の透刺〕

注意欠陥多動性障害、統合失調症・意識障害、小児のひきつけ・健忘・自律神経失調、睡眠障害・肩背部痛・※昌陽脈腰痛・四肢の冷え・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など


◆足厥陰経病

腰背部痛・性欲の異常・泌尿器、婦人科疾患〔灸〕・更年期障害など

【配穴】+風池…めまい

【症例/個人的見解】

・個人的には、Nasion(鼻根点:前頭鼻骨縫合が正中矢状面に切られる点)を印堂とすべきかと思う。

・本穴の奥には『眼窩前頭皮質』と呼ばれる場所がある。いまだに謎の多い部位だが、意思決定につよく関わる領域と考えられており、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などでは、この部位の萎縮がみられるらしい。

・こういった強いストレスからくる症状に対して、心理療法では、EMDR(Eye Movement Desensitization and Retrocession)という、過去のつらい体験を思い出させて眼球を左右に動かす療法があるが、本穴への刺激も似たような効果をだせるのではないだろうか?

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「sthapani(眉間/靭帯のマルマ)」と呼ばれ、意識障害や精神安定に治効があるとされる。本穴にセサミオイルを流し落とす技法は有名。

・道家(仙道家)などでは、印堂の上一寸を「明堂(太微西南の星の名)」、二寸を「洞房」、三寸を「上丹田」と称す。-抱朴子内篇巻之十八 地眞―

・個人的には鬱など、気力や集中力が低下している患者に対し、『洞房』~『明堂』~『印堂』の透刺を行うことが多い。

 

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。脳、眼の損傷。

 

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
うつ病(寡動性精神疾患), 督脈

陶道(とうどう)

 

 

GV13)陶道(tao2dao4)(とうどう)・一椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第1胸椎棘突起下方の陥凹部。

※Th2~9は心肺の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

「陶=陶磁」「道=通路」。督脈は陽気の通路であり、陽気の立ち上る様が窯元の煙を思わせる事から。

【交会】

・経絡(2):督脈-足太陽経

【作用】

〔瀉〕清熱散風・扶正去邪

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど
◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症配穴】

+肺兪…発作性の発熱

⇒神道⇒霊台…うつ病(冷たい精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。陶道⇒神道⇒霊台の順に一週間の間をおきながら施灸するという〕

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675
《経外奇穴》, うつ病(寡動性精神疾患), 督脈

霊台(れいだい) ※張介賓四華穴(ちょうかいひんしかけつ)

 

GV10)霊台(ling2tai2)(れいだい)・六椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第6胸椎棘突起下方の陥凹部。

※マッケンジー胸椎圧診点(胆石疝痛・胆道疾患の診断点)に近い。

※Th7~11は、肝臓・胆嚢の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

「霊=心」「台=台座」。本穴内部に心-横隔膜の接点がある事から。

※同名の古代の星座(三星)からとも。

【作用】

〔瀉〕清熱化痰

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【主症主治】

肺結核・肋間神経痛・肋膜炎・腹痛

【主症配穴】

+身柱…小児喘息〔灸法〕

陶道⇒神道⇒霊台…うつ病(冷たい精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。陶道⇒神道⇒霊台の順に一週間の間をおきながら施灸するという〕

【症例/個人的見解】

・古典には「禁鍼穴」とある。気胸の不安からか?

・第6胸椎より下部の椎骨は、胸腰筋膜によって安定するが第6胸椎は安定しない。

 

―――――――――――――――

※張介賓四華穴(zhang1jie4bin1si4hua2xue2)(ちょうかいひんしかのけつ):ほぼ霊台・膈兪×2・筋縮

【取穴】

乙紐:患者の口を閉じさせ、右口角~鼻中隔下端~左口角までの長さの紐。

丙紐:紐の中点を大椎に当てて頚に掛け、紐の両端をそろえて前胸部に下垂し、鳩尾穴にいたるまでの長さの紐。

丙紐の中点を甲状軟骨の上に当てて背部に回し、脊柱上の紐の尽きる所に仮点Bとする。仮点Bに乙紐の中央を当てて、上下左右に計4穴、十字型に取穴する。

【主治】

呼吸器・心疾患

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

うつ病(寡動性精神疾患), ストレス/不安障害、パニック障害, 禁鍼穴, , 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 足太陽膀胱経, 各種依存症, 慢性疲労、虚弱体質, 消化器疾患

胆兪(たんゆ)

 

Bl19)(dan3shu4)(たんゆ)

【取穴】

上背部、第10胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

※ボアス・エワルド圧診点(胃・十二指腸潰瘍の診断点)に近い。

※背部十二指腸潰瘍圧診点(十二指腸潰瘍の診断点)に近い。

【名の由来】

本穴が胆絡の兪穴である事から。

【要穴】

『胆兪穴』

【作用】

〔瀉〕清瀉肝胆・理気解鬱

【弁証主治】

◆胆虚証

各種依存症・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・貧血、血液疾患・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【主症主治】

しゃっくり・吐き気・十二指腸潰瘍・過敏性腸症候群

【弁証配穴】

『兪募配穴(胆):日月+胆兪/胆病』

『崔氏四花(六花)灸法:膈兪+胆兪 (+膏肓)/虚証』〔灸法〕

【主症配穴】

+陽陵泉…黄疸・胆石症

【症例/個人的見解】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。胆に刺入する事を恐れた為か?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

《経外奇穴》, うつ病(寡動性精神疾患), 禁灸穴, 禁鍼穴, 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 自律神経失調, 致命三十六穴, 足太陽膀胱経, , 心、循環器疾患, 慢性疲労、虚弱体質, 治熱五十九兪

心兪(しんゆ) ※患門/灸労(かんもん/きゅうろう)

 

BL15)(xin1shu4)(しんゆ)・背兪

【取穴】

上背部、第5胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

※肩胛間部圧診点(気管支リンパ節の診断点)に近い。

【名の由来】

本穴が心絡の兪穴である事から。

【要穴】

『心兪穴』

『標本:手少陰之標』

【作用】

〔補〕心陽温煦・心気補益・心血補養・心絡安寧

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清涼心火・清瀉胸中之熱・心絡通暢・瘀血散滞』

【弁証主治】

◆心虚証(手少陰経病)/督脈病

自律神経失調(副交感神経優位)、頭が重く、ふらふらする・嗜眠・掌の火照り・うつ病〔灸100壮〕・狭心症、循環器症状〔灸27~100壮〕・臍上の強い拍動・脈浮洪・11:00~13:00あるいは23:00~01:00の異常など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】

しゃっくり・肩背部痛・腰背部の痛み・背部の発疹・毒薬の解毒?

【弁証配穴】

『兪募配穴(心):心兪+巨闕』…心病

『兪原配穴(心):心兪+神門』…心火亢盛証〔瀉法〕

【主症配穴】

+神道…急性の痙攣・ひきつけ

+中脘…不安障害 〔心兪は灸〕

【症例/個人的見解】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や程度を変えるべきと考える。

 

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含め施術の仕方を考慮すべし。

・和漢三才図会には「禁鍼灸穴」とある。心に刺入する事を恐れた為か?

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。肺の損傷、心房細動。

 

―――――――――――――――――

※患門の穴/灸労穴(かんもん/きゅうろう):ほぼ心兪

※経外奇穴

【取穴】

甲紐:患者を直立させ、足の第1指尖端~足底の正中~下腿後面正中~委中穴の長さの紐。

乙紐:患者の口を閉じさせ、右口角~鼻中隔下端~左口角まで長さの紐。

甲紐の一端を鼻尖に当て、正中線~頭頂正中~背部に下垂し、その下端を脊柱上に仮点Aとする。乙紐の中央を仮点Aに当てて左右に水平に伸ばし、その両端を患門穴とする。

【弁証主治】

心血虚証

【主症主治】

精神疲労・寝汗・顔色が黄色く肌に艶がない・無力・咳嗽喀血・食欲不振・節々が寒さで疼く・手足の火照り

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675