顔面神経麻痺, 各種依存症, 標準耳穴, 消化器疾患

口(くち) 

CO1)(kou3)(くち)(mouth)

【取穴】耳輪脚下方の前1/3の処。

【主治】顔面神経マヒ・口内炎・胆のう炎・胆石・各種依存症

【症例/個人的見解】

 

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

広告
疼痛, 発熱, 眼疾患, 精神疾患, 標準耳穴

皮質下(ひしつか)

AT4)皮質下(pi2zhi4xia4)(ひしつか)(subcortex)・卵巣・睾丸・興奮点

【取穴】対耳屏部の内側面。

【主治】全身疼痛・発熱・神経衰弱・仮性近視

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

うつ病(寡動性精神疾患), てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, めまい、気象病, 眼精疲労、眼裏痛, 頭痛, 風邪、呼吸器疾患, 標準耳穴

枕(ちん)

AT3)(zhen3)(ちん/まくら/こうとうこつ)(occiput)・暈点

【取穴】対耳屏部の外側面後部。

【主治】頭痛・眩暈・気管支喘息・てんかん・神経衰弱

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

疼痛, 各種依存症, 標準耳穴, 不眠

神門(しんもん)

TF4) 神門(shen2men2)(しんもん)(shenmen)

【取穴】三角窩の後1/3の上部。

【主治】全身疼痛・不眠・多夢・各種依存症

【症例/個人的見解】

・『Battlefield Acupuncture』の基準点の一つ。疼痛管理に。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
精神疾患, 腰背部痛

-カラダのオニは鼻から抜ける?-「鬼は外」の・・・ツボ?


こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は節分。 皆さん、今夜は豆まきですか?

節分を東洋医学とからめて語ると・・・まぁ色々ありますが、シンプルなトコロではやはり「豆」と「鬼」でしょうね。季節の変わり目に

【豆のお話】は昨年やったので、今年は「鬼」に因んで、【鬼宮(きぐう)】という異名を持つツボをご紹介。

ツボの位置は・・・顔の正中、唇と鼻の真ん中。

ココは【人中(じんちゅう)】という名で一般のヒトも知っている方が多いツボ(我々プロは水溝(すいこう)】と呼ぶことが多いです)。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%ba%9d
まぁ、コレ知っている方はほぼ武道経験者かと思いますが。

このツボは人体急所の一つとして知られていますが、実は治療でもよく使うポイントの一つ。

にうつ病や不安障害、てんかんやチックなど・・・脳に関わる病気には常用の一穴です。

患者さんのご感想では、「鼻から脳天にツーンッと抜けて、スーッとする」そうですよ。

またこのツボは、頭部のバランスを調整する効果もあるようで、猫背や腰痛にも、使ってみると時にコチラがビックリするくらい効くこともあります。%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e9%a0%ad%e7%97%9b

これから確定申告の季節。

領収書をそろえたり、数字とにらめっこしたり、PCにかじりついたり・・・

普段以上に、頭がこんがらがりやすい時期です。

一休みしてアタマをスッキリさせたいと思ったら、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する

督脈, 腰背部痛, 致命三十六穴, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 意識障害

水溝(すいこう)/人中(じんちゅう)

GV27)水溝(shui3gou1)(すいこう)/人中(ren2zhong1)(じんちゅう)・鬼宮(gui3gong1)(きぐう) ・鼻人中・鬼宮庁・鬼市

【取穴】顔面部、人中溝の中央(顔面部、人中溝の上から1/3とも)。

【名の由来】

水溝:本穴のある部位の形状から。

人中:鼻は天気を、口は地精を取り、本穴はその中間である”人”の位置にある事から。

【交会】・経絡(4):督脈-手足陽明経(-任脈)  ※一説には任脈との交会とも。内部の齦交との関係か?

【作用】〔瀉〕清脳醒志・督脈宣通・面絡通調・回陽救逆

【弁証主治】

◆督脈病

意識障害〔指圧でも可〕・チック〔十三鬼穴法。水溝一穴でも効能大〕・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷え・サルコペニア(加齢による筋力低下)など

◆陽明経病

歯痛・頚部の腫脹・筋力低下など

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】顔面痙攣・口臭・顔面神経マヒ・顔の腫れ(むくみ)・喘息・しゃっくり

【主症配穴】
【十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患】〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

【三才穴:水溝+湧泉+百会/意識障害・昏睡】〔瀉法〕

+足三里…意識障害

+百会…不安障害

+曲池〔補〕…猫背〔水溝は瀉〕

+天牖…嗅覚異常〔瀉法〕

+頬車…口中に唾が溜まる〔瀉法〕

+前頂…顔のむくみ(虚性)

+委中…腰背部痛

【症例/個人的見解】

・十三鬼穴の第一穴。精神疾患には著効あり。

・猫背など頭部の位置不正からくる背部痛(項や肩甲間部、腰痛)には効果が高いようにに思う。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。頭蓋の損傷。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675