皮膚疾患, 禁鍼穴, 糖尿病, , 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 自律神経失調, 足太陽膀胱経, 小児の病, 治熱五十九兪

肝兪(かんゆ)

 

BL18)(gan1shu4)(かんゆ)

【取穴】

上背部、第9胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

※背部十二指腸潰瘍圧診点(十二指腸潰瘍の診断点)に近い。

※左側は膵・肝・胆疾患の圧診点に近い。

【名の由来】

本穴が肝絡の兪穴であるところから。

【要穴】

『肝兪穴』

『標本:足厥陰之標』

【作用】

〔補〕肝血補養・補益明目

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清瀉肝熱・行気去瘀・駆邪散滞』

【弁証主治】

◆肝(血)虚)証

貧血、血液疾患 〔灸3壮〕・筋疾患・眼疾患・吐き気・脇肋の不快感・臍左の強い拍動・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆足厥陰経病

更年期障害・腰痛 〔下方に斜刺〕・泌尿器、婦人科疾患・性欲の異常など

◆足太陽経病

悪寒戦慄を伴う高熱・発作性の痙攣・ひきつけ〔灸〕・発熱による疼痛など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【主症主治】

しゃっくり・糖尿病

【弁証配穴】

『兪募配穴(肝):期門+肝兪』…肝病

『兪原配穴(肝):肝兪+太衝』…肝血虚証〔補法〕

【主症配穴】

『小児斜差の灸穴:肝兪〔灸…左:右〕+脾兪〔灸…右:左〕/小児疾患・疳の虫』

『胃の六つ灸:肝兪+膈兪+脾兪/胃疾患』〔灸法〕

『騎竹馬灸法:肝兪+膈兪/皮膚疾患』〔灸法〕

+上星〔瀉〕…内眼眦の炎症

+少澤…翼状片〔涙が止まらないような場合は+臨泣・頭維〕

+頭臨泣…白内障

+命門…視力低下

+商陽〔巨刺法〕…急性の失明

【症例/個人的見解】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて刺激の方法や種類を変えるべきかと考える。

 

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

・和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。肝に刺入する事を恐れた為か?

・古典には眼疾患に関する主治が多い。理論的には理解できるが、正直あまり臨床で使ったことはない。

・『胃の六つ灸』は、老齢の慢性の逆流性食道炎(食後のむかつき)には、効果が高いように思える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告
《アーユルヴェーダ・マルマ》, アレルギー疾患, 皮膚疾患, 精神疾患, 手太陽小腸経

天宗(てんそう)

 

SI11)天宗(tian1zong1)(てんそう)

【取穴】

肩甲部、肩甲棘の中点と肩甲骨下角を結んだ線上、肩甲棘から1/3にある陥凹部。

※肩胛点(肩関節痛の診断点)に近い。

【名の由来】

「天=肺」「宗=一族」。本穴が肺の表に在る事から。

【交会】

経別:第四合(肩/手太陽の別れる処?)

【作用】

〔瀉〕粛降肺気・舒筋活絡

【弁証主治】

◆手太陽経病

下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩痛・上肢の痛み、火照り、知覚異常、筋力低下など

【主症主治】

肝障害〔右〕・心障害〔左〕・アレルギー疾患

【症例/個人的見解】

・第四合は、経別の中でも少々特殊で、

1,手少陰経別が明確に「手太陽に合す」という記述がない。 

2,手太陽経別は体表に出ることがない。 

3,手太陽経別の記述が、手少陽経の記述と対になっている。 

この対が何を意味するのかは、現時点では不明。三焦との関わりを考えるべきか?

・薬物中毒者が、肩貞や天宗付近のコリや不快感を訴える例が多い。

・アトピー性皮膚炎の患者に対し、本穴より瀉血をしたところ、著効がみられた。

 ・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「amasaphalaka(肩甲骨/骨のマルマ)」と呼ばれ、上肢の知覚異常、筋力低下に治効があるとされる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

皮膚疾患, 絡穴「去痰化瘀」, 肘痛, 致残十八穴, 手太陽経筋, 手太陽小腸経, 指、手、手首痛

支正(しせい)

 

SI7)支正(zhi1zheng4)(しせい)

【取穴】

前腕後内側、尺骨内縁と尺骨手根屈筋の間、手関節背側横紋の上方五寸。

※SI5)陽谷とSI8)小海を結ぶ線上の中点の下方一寸にある。

【名の由来】

「支=枝」「正=正経」。本穴が手太陽経絡穴であり、分枝して手少陰経に連絡する事から。

【要穴】

『手太陽経絡穴/手首の上五寸、内にて少陰経に注ぐ。その別枝は上りて肘に行き、肩髃を絡す』

『根結:手太陽之入』

【作用】

〔補〕清熱養陰

〔瀉〕疏筋活血

【絡脈主治】表裏(手少陰経)にまたがる症状・手太陽絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕いぼ

〔瀉〕肘関節の弛緩、マヒ〔繆刺法…反対側を瀉血〕

【弁証主治】

◆手太陽経(筋)病

発熱による疼痛・視力低下・耳鳴・下顎痛・項頚部痛・頚部静脈瘤・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛など

【弁証配穴】

『原絡配穴(心⇒小腸):神門+支正』…心所生病

【主症配穴】

+委中…いぼ

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・絡脈の虚によって”いぼ”が生じるとある。賀偉先生によれば、「全身のいぼに対して効果がある」という。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により握力の低下を招く。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 発熱, 皮膚疾患, 眼疾患, 血流不全、血圧異常, 風邪、呼吸器疾患, 原穴, 手太陽経筋, 手太陽小腸経

腕骨(わんこつ)

 

SI4)腕骨(wan4gu3)(わんこつ)・枕骨

【取穴】

手関節後内側、第5中手骨底部と三角骨の間の陥凹部、赤白肉際。

※SI3)後渓から第5中手骨を骨の突起まで擦上していくと、第5中手骨底部と三角骨の間の陥凹部にある。

【名の由来】

「腕骨=手根骨」。本穴が第5中手骨底・三角骨間の陥凹部に在る事から。

【要穴】

『小腸原穴』

『標本:手太陽之本』 ※原文には「外踝後」とある。

【交会】

・経筋:手太陽経筋の結ぶ処(腕/手首)

【作用】

〔補〕補益原気・増液止渇

〔瀉〕利胆退黄

【弁証主治】

◆外風/太陽病(表証)

風邪(強い悪寒発熱・リンパ節腫)・発熱による疼痛など

◆内風証

血圧異常(※厥証・高血圧・脈浮洪)・黄疸・てんかん発作・眼疾患・鼻痛・顔面痙攣・顔が赤い・口が渇く・吐き気、胸苦しさ・乳腺炎・腋下のしこり、つかえ、不快感・臍左の強い拍動・性欲の異常・睾丸痛・皮膚疾患・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆手太陽経(筋)病

耳鳴、難聴・下顎痛・項頚部痛・頚部静脈瘤・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛など

【主症主治】

半身不随〔補瀉をよく考慮して〕・肘痛・腱鞘炎

【弁証配穴】

『原絡配穴(小腸⇒心):腕骨+通里』…小腸所生病/液病

『原募配穴(手太陽経):関元+腕骨』…手太陽経病

【主症配穴】

+至陽〔金鍼〕…黄疸

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち小腸原穴である腕骨は、足厥陰肝経の病(主に所生病、黄疸)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「小腸/膀胱/肝」をつなぐ病状として、表証(風邪、感染性疾患)、肝風内動に代表されるような内風証に、適応と考える。

・別名が「枕骨」であるところからも、項頚部の不調への効能はうかがえる。

 

※厥証・暈厥…発作性のめまい、昏倒。しばらくすると覚醒する。脳虚血性発作に近いか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

皮膚疾患, 精神疾患, 自律神経失調, 致残十八穴, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 原穴, 手少陰経筋, 手少陰心経

神門(しんもん)

 

HT7)神門(shen2men2)(しんもん)・兌衝・中都・鋭中・鋭衝鋭骨

【取穴】

手関節前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋上。

※豆状骨の上縁橈側の陥凹部、手関節掌側横紋にある。

【名の由来】

「神=神志」「門=出入口」。心は神を蔵し、本穴が手少陰経の原穴である事から。

【要穴】

『心原穴』

『手少陰経兪土穴(火経土穴/火生土/自経子穴)』

『標本:手少陰之本』

【交会】

・経筋:手少陰経筋の結す処(鋭骨)

【作用】

〔補〕補益原気・心気補益・心神安寧・心血補養

〔瀉〕通調心絡・清心開竅・心火清熱

【弁証主治】

◆心/胆/腎病(実証)「実すれば其の子を瀉す」

精神症状(几帳面な性格、イライラして怒りやすい・躁鬱、統合失調症・被害妄想・高血圧、顔が赤い、脈浮洪・摂食障害など)

自律神経失調(睡眠障害、昼夜の逆転・梅核気・喉の渇き・掌の火照り・臍上の強い拍動、※伏梁・ひどい冷えなど)

皮膚疾患など

◆手少陰経(筋)病「体重節痛を治す」

しゃっくり・腋下痛・上肢前内側の冷え、痛み、静脈瘤・※肘網の痛み・第5指痛・インポテンツなど

 

【弁証配穴】

『兪原配穴(心):心兪+神門』…心虚証〔補法〕

『原絡配穴(心⇒小腸):神門+支正』…心所生病

『原募配穴(手少陰経):巨闕+神門』…手少陰経病

『二原配穴(心/胆):神門+丘墟』…心肝火旺証〔瀉法〕

『二原配穴(心/腎):神門+太渓』…心腎不交証

【主症配穴】

+尺澤…上肢の悪寒

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち心原穴である神門は、足少陽胆経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「心/胆/腎」をつなぐ病状として、精神疾患、自律神経失調症、特に心身のバランスが崩れるような病状には、適応と考える。

・神門にて脈が触れる場合、妊娠の可能性あり。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により握力の低下を招く。

 

※心積伏梁…五積之一。慢性の臍~心窩部にしこりがあり、胸苦しさや動悸、イライラを生じさせるもの。加えて脈沈芤・お腹の熱感・顔が赤い・唾に血が混じる・掌のほてり。甚だしきは抽搐を伴う。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

《経外奇穴》, むくみ、冷え症, 発熱, 皮膚疾患, 足陽明経筋, 足陽明胃経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」, 消化器疾患

内庭(ないてい) ※裏内庭(うらないてい)

 

ST44)内庭(nei4ting2)(ないてい)

【取穴】

足背、第2・3足指間、みずかきの後縁、赤白肉際。

【名の由来】

「庭=居住地」。本穴の効能が内証を主治とする事から。子宮を内庭と称する事もあり、下腹部の疾患に著効があるからとも。

【要穴】

『足陽明経榮水穴(土経水穴/土克水)』

【作用】

〔瀉〕裏熱泄瀉・清胃湿熱・理気鎮痛・養筋活絡

【弁証主治】

◆胃実証「身熱を治す/土克水」

発熱・アレルギー疾患・自己免疫疾患・黄疸・鼻血・チック・頚部リンパ節腫・消化器症状・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経(筋)病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【主症主治】

馬丹陽天星十二穴/胃腸系の感染症・聴覚過敏・歯痛・よくあくびする・喉痛・四肢の冷え・蕁麻疹、帯状疱疹など』

【主症配穴】

+上星…眼痛

+合谷…鼻血

+太渓…上歯痛

+通里…あくび

+太衝…喘息

+懸鐘…心窩部からお腹の張り〔瀉法〕

+足臨泣…下腹部の張り〔気滞性なら内庭に、水湿が診られる様なら臨泣を〕〔瀉〕

+僕参…踵の問題?〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会に「吐腹の病の妙灸の穴」とある。細菌性の下痢に効果が高い。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

 

―――――――――――――――――

裏内庭(li3nei4ting2)(うらないてい)

※経外奇穴…日本由来と思われる。

【取穴】

足底、第2・第3足指間。

【名の由来】

本穴が内庭の裏面(足底面)にある事から。

【主治】

急性胃腸炎・小児の消化不良・足指の痛み・小児のひきつけ

【症例/個人的見解】

・日本では消化器系へ用いる事が多く〔灸法〕、中国ではひきつけやてんかんに用いる事が多い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675