《経外奇穴》, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 精神疾患, 脳、神経症状, 陰蹻脈, 足陽明経筋, 足陽明胃経, 足太陽経筋, 足少陽経筋, 手陽明経筋, 三叉神経痛

下関(げかん) ※裏頄(りきゅう/伍行庵オリジナル)

 

ST7下関(xia4guan1)(げかん)・牙関

【取穴】

顔面部、頬骨弓の下縁中点と下顎切痕の間の陥凹部。

※口を閉じ、頬骨弓下方の陥凹部、GB3)上関の直下にある。

・筋肉:咬筋/外側翼突筋/内側翼突筋

・運動神経:《Ⅴ₃》下顎神経

・知覚神経:《Ⅴ₃》下顎神経

・血管:顔面横動脈

【名の由来】

「関=戸ぼそ」。本穴が頬骨弓下際にあり、顎関節開閉時に恰も戸ぼその様に働く事から。

【交会】

・経絡(2):足陽明経-足少陽経

【作用】

〔補〕壮筋補虚・関節強健

〔瀉〕疏風活絡・開竅益智・風寒温散・鬱熱消散

【弁証主治】

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】

歯根膜炎・顎関節の脱臼、こわばり

 

―――――――――――――――――

※裏頄(li2qiu2)(りきゅう)

※伍行庵オリジナル。

 


【取穴】

下顎切痕直上。下関のさらに深部。翼突筋を目標に。

※取穴の際には、患者に軽い口の開閉を数回してもらい、正確に下顎切痕を把握した方が良い。

・筋肉:咬筋/外側翼突筋/内側翼突筋

・運動神経:《Ⅴ₃》下顎神経

・知覚神経:《Ⅴ₃》下顎神経

・血管:顔面横動脈

【名の由来】

本穴が頄(頬骨)の奥にある事から。

【要穴】

『根結:足陽明之結(顙大、鉗耳/顎関節)』

『標本:手陽明之標(顔下合鉗上/顎関節)』

【交会】

・経絡(?):陰蹻脈(頄)

・経筋(4):足三陽経筋-手陽明経筋の結する処(頄)

【弁証主治】

◆陰蹻脈病/足三陽経筋病「陽緩み陰急す」

半身不随・錐体外路系障害・部位がはっきりしない疼痛・線維筋痛症など全身の運動機能障害・皮膚の強いしびれやこわばり・てんかん・寒熱症状、自律神経失調 ・視力低下、眼裏痛・※昌陽脈腰痛・疝痛・下肢内側のこわばり、O脚など

手陽明経(筋)病

三叉神経痛・項頚部痛・頚部の腫脹・肩背のひきつれ、五十肩・上肢痛、マヒ、悪寒、炎症・第2指痛など

 

【症例/検証/個人的見解】

・線維筋痛症、および群発頭痛の治療に関して、外側翼突筋へのアプローチが有効とのデータがある。陽明経(筋)病に該当する主訴も多いので、鍼による本穴からのアプローチは試す価値があるように思う。

・翼突筋が蝶形骨に起始することから、本穴(下関も)への刺鍼は、下垂体に関わる脳内分泌異常による疾患(精神疾患、パーキンソンなどの神経伝達障害)にも応用可能かと考える。

・上顎神経へは、下顎切痕直上から、鍼尖を翼状板を確認するように前方及び頭側方へ向ける。鍼を翼状板から離れるまで前方に進めると、眼窩底の眼窩下管に入って頭蓋に再び入る前に上顎神経に当たる。

・下顎神経には、下顎切痕直上から、鍼尖を後方に向ける。翼状板に当たったら鍼を更に後方に進め、翼状板を通り越すと、此処で下顎神経に当たる。

・奇経八脈考に、陰蹻脈が「頄の内側に入り上に行きて内目尻に属す」とある。陰蹻脈は「一身左右の陰を主」り、その病は「陽緩み陰急す」。これを姿勢からみると、前傾前屈姿勢となることに加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・陰蹻脈は臨床では、巨刺・繆刺を多用する。顎関節症の治療では、顎の偏移側の反側に刺入すると効果が高い様子。

・陰を病むと熱を生ず。

・検証:得気は、正確に入るとあまり感じない。手技を加えるとじんわりと副鼻腔へと響く感じ。

 

※線維筋痛症(Fibromyalgia-Syndrome:FMS)…全身の強い恒常的疼痛(電撃様・ガラスの破片が流れる様な)を主症状とし、様々な随伴症状を伴う原因不明(明確な診断基準なし)の疾患。 多様な「痛み(事故や手術、出産など)」が起点となる事が多い。男:女=1:7、中高年に多く、しばしば膠原病などの自己免疫疾患と併発する。  随伴症状としては微熱・躁鬱、不安障害・不眠・理解力、思考力、集中力の低下・全身の重だるさ、こわばり・頻尿・下痢・眼や喉の乾燥・筋力低下・四肢の冷え(レイノー現象)など。 しばしば膠原病などの免疫疾患を併発する。

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※素問刺腰痛篇第四十一に記載の「昌陽之脈」を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《経外奇穴》, 発熱, 発汗調整, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 腰背部痛, 顔面神経麻痺, 原穴, 回陽九針, 手陽明経筋, 手陽明大腸経, 三叉神経痛, 代謝障害

合谷(ごうこく) ※腰痛点威霊(ようつうてん いれい)

 

LI4)合谷(he2gu3)(ごうこく)・虎口・含口・合骨

【取穴】

手背、第2中手骨中点の橈側。

【名の由来】

本穴が示指と母指を締めた時に肉が盛り上がる(大会する)事から。

【要穴】

『大腸原穴』

『根結:手陽明之溜』

【作用】

〔補〕補益原気

〔瀉〕清宣陽明・舒筋活絡・行気散滞・開竅醒志

【弁証主治】『四関穴』

◆大腸/胃/腎病(発汗、排泄など水分代謝の諸問題)

貧血、血液疾患(脈浮緩)・アレルギー疾患・発汗調節・黄疸・口や喉が渇く・消化器症状(便秘、下痢)・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆手陽明経(筋)病

歯痛・耳鳴、難聴・めまい・頚部の腫脹・項頚部痛・肩背のひきつれ、五十肩・上肢痛、マヒ、悪寒、炎症・第2指痛〔透後渓〕など

【主症主治】

『四総穴/顔口の症状』

『馬丹陽天星十二穴/頭痛・顔の腫れ・感染性発熱疾患・鼻血・虫歯・咬い絞め』

【弁証配穴】

『原合配穴(陽明):合谷+足三里』…腑病・胃気の病全般

『原絡配穴(大腸⇒肺):合谷+列缺』…大腸/津病〔瀉法〕

『原募配穴(手陽明経):合谷+天枢』…手陽明経病

『原合配穴(陽明経):合谷+曲池』…手陽明経(筋)病

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+復溜…多汗〔先に合谷を瀉、次に復溜を補〕

+復溜…汗がでにくい〔先に合谷を補、次に復溜を瀉〕

+解渓…めまい・眉陵の強い痛み

+内庭…鼻血

+厲兌…下歯痛

+手三里…舌の腫瘤

+迎香…顔の腫れ・痒み

+天突…喉の痙攣

+至陰…不妊

+三陰交〔瀉〕…胎児が心窩部を衝き上げる

+右足の内踝上一寸〔灸〕…堕胎

【症例検証/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の対角にある臓腑経絡も主治する。すなわち本穴は、足少陰腎経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「大腸/胃/腎」をつなぐ病状として、特に水湿代謝の問題には適応と考える。

・『四総穴』での本穴の主治も、顔面部をめぐる手(大腸)足(胃)陽明経に基づくものと考える。そういう意味では頭痛には適応とは思わない。

・また、手陽明絡脈は耳に合す。また原穴は本経だけでなく絡脈の阻滞にも有効なので、耳疾患にも適用。

・肺衛、気分証、気虚などに対する常用穴。

・汗法に用いる。汗を出させすぎないよう注意。

・『四関穴(合谷/太衝)』は、穴位としての類似性はあるが、臓腑のつながりとしては遠い。個人的には、配穴ではなく、それぞれ個別に使うべきかと思う。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・暈鍼の救急処置穴。臨床的に、陽虚上浮証などにも有効。

・検証:得気は「後渓」、「労宮」、「魚際」、「曲池」と多方に拡散する。刺鍼方向にもよるかと。

 

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

 

―――――――――――――――

※腰痛点 威霊(yao1tong4dian3wei1ling2)(ようつうてん いれい)・腰腿点・腰腿痛点

※経外奇穴-小児推拿方脈活嬰秘旨全書-

【取穴】

手背、第2・3中手骨間、背側手関節横紋と中手指節関節の中点。

【由来】

本穴が腰痛に高い効果を有する事から。

【主治】

ぎっくり腰・意識障害・小児のひきつけ・頭痛・耳鳴・ねちがい・頚椎症・肩関節周囲炎・手背が紅く腫れて痛む

【症例/個人的見解】

・養老と腰痛点は、急性腰痛の第一鍼として用いる事が多い。威霊は反側の脊柱際の腰痛に効果があるように感じる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675