バランス向上, 督脈, 筋の過緊張、こわばり, 精神疾患, , 腰背部痛, 項頚部痛, 足少陰経筋, 小児の病

身柱(しんちゅう)

 

GV12)身柱(shen1zhu4)(しんちゅう)・塵気・散気・智利介・チリケ・三椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第3胸椎棘突起下方の陥凹部。

【名の由来】

「身=身体」「柱=支柱」。本穴が肩胛骨中央に在り、天秤の支点の様に人体左右の平衡を保つ事から。

【作用】

〔瀉〕扶正去邪・鎮静安神

【弁証主治】

◆督脈病

認知症・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症〔灸100壮〕・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆肺病

呼吸器の虚弱〔灸100壮〕、息切れ・自律神経失調、口渇・臍右の強い拍動・脈浮など

【主症配穴】

+長強…小児のひきつけ〔瀉法〕

+本神…躁鬱

+霊台…小児喘息〔灸法〕

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に肺兪がある。肺の病にも有効と考える。

・脳の働きを高めるとも。精神疾患に対する主治が多く、重篤な精神疾患にはぜひ用いたい。

・本穴の穴名の由来が「天秤の支点の様に人体左右の平衡を保つ事から」とあるが、実際、人体上に腸骨稜腰方形筋起始と反側の頭蓋外側『角孫』を結ぶ線を引くと、左右の線と脊柱の交点はほぼココに位置する。人体の頭と骨盤のバランスの要となる部位と考える。

・臨床的には、本穴をいかに正しく「正中線に載せるか」を指標に治療を考えると、姿勢性の筋疾患には有効かと思う。個人的には足少陰経筋の治療ポイントと考えている。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告
《経外奇穴》, 督脈, 筋の過緊張、こわばり, 糖尿病,

筋縮(きんしゅく) ※膵兪(すいゆ)

 

GV8)筋縮(jin1suo1)(きんしゅく)・筋束・九椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第9胸椎棘突起下方の陥凹部。 ※マッケンジー胆石疝痛圧診点(胆石疝痛の診断点)に近い。 ※Th9~12は、腸の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

本穴の左右に肝兪が在り、この一連が筋肉の過収縮に対して効がある事から。

【作用】

〔瀉〕鎮驚熄風・通利筋骨

【弁証主治】

◆督脈病…躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆肝病…貧血、血液疾患 〔灸3壮〕・筋疾患 〔灸〕・眼疾患・吐き気・脇肋の不快感・臍左の強い拍動など

【主症主治】

肋膜炎・胃痛・悪寒戦慄を伴う高熱

【配穴】

+天突…小児の咬い締め・失語症・小児マヒ〔瀉法〕

+水道…背部のこわばり

【症例/個人的見解】

・本穴の左右に肝兪がある。肝の病にも有効と考える。

 

―――――――――――――――

※膵(cui4shu4)(すいゆ)・胃脘下兪(wei4wan3xia4shu4)(いかんげゆ)

※経外奇穴-備急千金要方-

【取穴】

上背部、後正中線上、第8胸椎棘突起下方の陥凹部、およびその外方一寸五分。計3穴。

【名の由来】

本穴が、膵臓疾患に効果がある事から。

【主治】

糖尿病・胃痛・膵炎・胸肋痛・嘔吐・咳嗽

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

筋の過緊張、こわばり

60代 男性 指のこわばり

感想文44 60代男性 指のこわばり左手指が曲がらなくなり整形外科、総合診療内科を受診しましたが、明確な原因と治療法が示されず、東洋医学の鍼治療をして頂きました。

初の鍼でしたが、丁寧な説明をしながら施術していただけたので、安心感と合わせ完治できる希望が湧いてきました。

宜しく治療お願いいたします。

クービック予約システムから予約する

筋の過緊張、こわばり, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 原穴, 柔軟性向上・ストレッチ

丘墟(きゅうきょ)

GB40)丘墟(qiu1xu1)(きゅうきょ)

【取穴】足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方。

※抵抗に抗して足の第2指から第5指を伸展させると、長指伸筋腱が明瞭に現れる。

【名の由来】「丘=小さい隆起」「墟=大きい隆起」。本穴が外果の際にある事から。

【要穴】

『胆原穴(木性)』

『根結:足少陽之溜』

【作用】

〔補〕補益原気・扶正袪邪・疏肝健脾

〔瀉〕利胆疏肝・駆邪散滞・清宣少陽・鬱熱消散

【弁証主治】

◆胆病

悪寒戦慄をともなう高熱、往来寒熱・リンパ節腫・胆石〔透照海〕・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆心病

健忘・睡眠障害・貧血、血液疾患・喉渇・心痛・動悸、胸苦しさ・掌の火照り・臍上の強い拍動、※癥積・静脈瘤・冷えのぼせなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・耳鳴・難聴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・肩痛・脇肋、側腹部痛・鼠径部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・外踝痛・足甲痛・足第4指の痛み、マヒ・ガングリオン

【弁証配穴】

『原絡配穴(胆⇒肝):丘墟+蠡溝』…胆病/筋病

『原募配穴(足少陽経):日月+丘墟』…足少陽経病

『原合配穴(少陽経):丘墟+陽陵泉』…足少陽経(筋)病

【主症配穴】

+曲池…胆嚢炎・肝炎〔丘墟透照海〕〔黄疸が強い場合は腕骨・至陽を追加〕

+金門…こむら返り

+竜眼〔瀉血〕…帯状疱疹〔丘墟透照海〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち胆原穴である丘墟は、手少陰心経の病(主に所生病)も主治とする。

・丘墟を打つ際は、「照海」の方へ向けて刺鍼することが基本。

 

※癥積…腹内に明確なしこりがあって、痛みや張りが強く、固定して移動しないもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675