うつ病(寡動性精神疾患), てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, めまい、気象病, 眼精疲労、眼裏痛, 頭痛, 風邪、呼吸器疾患, 標準耳穴

枕(ちん)

AT3)(zhen3)(ちん/まくら/こうとうこつ)(occiput)・暈点

【取穴】対耳屏部の外側面後部。

【主治】頭痛・眩暈・気管支喘息・てんかん・神経衰弱

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

 

《Ⅺ》副神経, 眼疾患, 眼精疲労、眼裏痛, 精神疾患, 脳、神経症状, 自律神経失調, 項頚部痛, 頚神経叢, 頚神経後枝, 頭痛, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 三叉神経痛

天柱(てんちゅう)

BL10)天柱(tian1zhu4)(てんちゅう)

【取穴】

後頭部、第2頚椎棘突起上縁と同じ高さ、僧帽筋外縁の陥凹部。

・筋肉:僧帽筋/頭半棘筋

・運動神経:《Ⅺ》副神経、頚神経叢筋枝/脊髄(頚)神経後枝

・知覚神経:大後頭神経(C2頚神経後枝)

・血管:後頭動脈

【名の由来】

「天柱=頚椎」。本穴が頚椎の最上部にある事から。

※同名の古代の星座(五星。五行の調和を司る)からとも。

【要穴】

『経別:第一合(項/足太陽・足少陰の出る処)』

『根結:足太陽之入』

【交会】

・経筋:足太陽経筋の結す処(項)

【作用】

〔瀉〕清頭散風

【弁証主治】

◆膀胱/腎/心病

成長発育不全・黄疸・貧血、血液疾患・シェーグレン症候群、膠原病・※脳風・痴呆、健忘・脳神経症状、運動機能障害・精神症状・睡眠障害・手足の火照り・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・喘息・泌尿器、婦人科疾患・痔・下痢・脈沈遅など

◆足太陽経(筋)病

風邪・発熱による疼痛・頭痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】

眼疾患・顔面神経麻痺・味覚障害・アレルギー疾患

【配穴】

+束骨…頭痛〔瀉法:束骨、足通谷は深刺〕

+養老…視力低下・かすみ目

【私見】

・陽経における根結において、『入』の穴は絡穴と、胸鎖乳突筋周囲の2点がある。この頚の6点は、各経(筋)の病態を判断する診断点として使用できるように感じる。

・個人的には、上述の『入』と、頚前筋の分布になにかしらの関連を感じる。胸鎖乳突筋のすぐ裏には頸動脈鞘があり、脳の主要動静脈に加え、迷走神経も、この鞘に包まれている。このことから、胸鎖乳突筋上に分布する各『入』は、経筋のみならず、自律神経系や脳の代謝異常にも運用できるのではないだろうか?

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・経別第一合において、足太陽と足少陰は体内で「心に入り散じ」、共に「項」に出る。玉枕と天柱はその意味からも、膀胱/腎/心に関わる病態へのアプローチが期待できる。そのため守備範囲は非常に広い。 

・また足太陽膀胱経は、『複合的臓腑連関』から、小腸(手足太陽)と肺ともつながる。表証(風邪、感染性疾患など)には広く適用と考える。

・「天」の字がつくツボは、リンパ系の走行に多く分布している。免疫系への治療効果を期待できるかも。

・本穴は第2頚椎棘突起上縁に位置し、第2頚椎腹側には、交感神経幹の中で最も頭側にある上頚神経節がある。上頚神経節は、動眼神経・顔面神経・舌咽神経・迷走神経の副交感神経枝と連携して、瞳(毛様体筋)・涙腺・唾液腺および心臓の調節を行っている。本穴から刺入して、この上頚神経節に対して直接的なアプローチは困難だが、過去の経験上、本穴は視力障害、シェーグレン症候群、顔面神経麻痺、味覚障害、動悸や血圧異常といった、自律神経失調に対し、著効がみられる事が多い。脊髄神経後枝からの刺激の伝播によるものか?

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《Ⅴ₁》眼神経, 《Ⅶ》顔面神経, 眼精疲労、眼裏痛, 精神疾患, 精神安定、リラックス, 線維筋痛症・機能性疼痛疾患, 脳力・認知機能向上, 自律神経失調, 足太陽膀胱経, 慢性疲労、虚弱体質, 更年期障害, 三叉神経痛

攅竹(さんちく)

BL2)攅竹(cuan2zhu2)(さんちく) ・始光・圓柱・光明・夜光・明光・眉頭・員在・始元・元柱・員柱・眉本

【取穴】

頭部、眉毛内端の陥凹部。

・筋肉:眼輪筋・前頭筋・皺鼻筋

・運動神経:《Ⅶ》顔面神経

・知覚神経:《Ⅴ₁》眼神経

・血管:滑車上動脈

※前頭切痕の陥凹部は、BL1)睛明の直上、眉毛内端に触知できる。

【名の由来】

「攅=集まる」「竹=眉毛の形」。眉毛の様が密集した竹林を想わせる事から。

【要穴】

『標本:手太陽之標(命門上一寸)』

【作用】

〔補〕明目健瞼

〔瀉〕疏風清熱・通絡明目・駆邪散滞・泄血散瘀

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・黄疸・リンパ節腫・発熱による疼痛・難聴・項頚部痛・肩痛・上肢後内側の痛み、火照りなど

【主症主治】

精神疾患・自律神経失調症(副交感神経系への賦活を目的に)

てんかん・眼疾患〔瀉/睛明も同様〕・鼻血・くしゃみ・三叉神経痛〔透魚腰〕・顔面神経マヒ

【配穴】

+合谷…頭痛

+頭維…頭痛・眉間痛・眼痛・眼瞼痙攣〔斜刺・横刺。視界不良の場合、頭維も加える〕

+三間…眼がごろごろする

+絲竹空…眼の炎症・三叉神経痛(眼神経痛)

【私見】

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・眼疾患には非常に効果が高い。ただし出血に注意。

・本穴の奥には『眼窩前頭皮質(Orbitofrontal area)』と呼ばれる場所がある。いまだに謎の多い部位だが、意思決定につよく関わる領域と考えられており、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などでは、この部位の萎縮がみられるらしい。

・こういった強いストレスからくる症状に対して、心理療法では、EMDR(Eye Movement Desensitization and Retrocession)という、過去のつらい体験を思い出させて眼球を左右に動かす療法があるが、本穴への刺激も似たような効果をだせるのではないだろうか?

・眼球を動かす神経は、《Ⅲ》動眼神経・《Ⅳ》滑車神経・《Ⅵ》外転神経。うち《Ⅲ》には副交感神経を含むことから、眼球運動自身が副交感神経系を活性化する可能性がある。

・当院では眼球運動を目的として、本穴周囲を多用する。

 

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

眼精疲労、眼裏痛, 筋皮神経, 腋窩神経, 陽維脈, 項頚部痛, 頭痛, 外側上腕皮神経, 手陽明大腸経

臂臑(ひじゅ)

LI14臂臑(bi4nao4)(ひじゅ)・頭衝・頚衝

【取穴】

上腕外側、三角筋前縁、LI11)曲池の上方七寸。

・筋肉:三角筋/上腕二頭筋長頭

・運動神経:腋窩神経(三角筋)・筋皮神経(上腕二頭筋)

・知覚神経:外側上腕皮神経

・血管:上腕深動脈三角筋枝

【名の由来】

「臂=上腕外側部」「臑=筋腹」。本穴が三角筋前縁に位置する事から。

【要穴】

『手陽明之絡』

※鍼灸甲乙経巻之三・鍼灸聚英より

【交会】

・経絡(4):手陽明経-手足太陽経-陽維脈

※奇経八脈考・鍼灸大成・鍼灸聚英などでは「陽維脈の会」とされるが、鍼灸甲乙経では記載はない。

【作用】

〔瀉〕疏経散風

【弁証主治】

◆手陽明経病

歯痛・肩痛・上肢のマヒ、悪寒、炎症など

◆陽維脈病/太陽経病「寒熱に苦しむ」

風邪、感染症、リンパ節腫・発熱による疼痛など

【主症主治】

眼疾患・五十肩〔巨刺(繆刺)〕

【配穴】

+手五里…頚部リンパ節結核

【私見】

・全体として発熱とその随伴症状に対する主治が多い。

・五十肩に対し、巨刺法での効果は高い。臂臑は『手陽明之絡』でもあるので繆刺とするべきか?

・古典では眼への効能がよく記される。追試対象。また、別名が「頭(頚)衝」であることから、頭痛や頚痛への効果も期待できるのでは?

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

・検証:上腕骨を掠る角度で刺入。得気は第2指へと響く感じ。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675