神経変性疾患, ED、男性生殖器疾患, 脛街/血海, 脛骨神経, 膝痛, 衝脈, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 大腿神経・伏在神経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

陰谷(いんこく)

 

KI10)陰谷(yin1gu3)(いんこく)

【取穴】

膝後内側、半腱様筋腱の外縁、膝窩横紋上。

・筋肉:半腱様筋・半膜様筋

・運動神経:脛骨神経

・知覚神経:伏在神経

・血管:膝関節動脈網

【名の由来】

本穴が膝内(陰)側、筋腱の陥凹部にある事から。

【要穴】

『足少陰経合水穴(水経水穴/水気の強い穴)』

【交会】

・経筋:足少陰経筋の結す処(内輔の下/脛骨内側顆)

【作用】

〔補〕滋腎清熱

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】

◆足少陰経(筋)病/気逆/衝脈病「逆気而泄を治す/逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

膝痛

【私見】

・水陰経の水穴は全経穴中、最も水陰性が強い。五行に基づけば、木性(肝/胆・筋・眼など)に対する補法にも応用できるが、【複合的臓腑連関】に基づけば、「水」と「木」の間には「もうひとつの火(心/小腸)」が挟まる。 故に本穴は、木性への波及効果はあまりないと考える。

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精-血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。 しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 郄穴「通経活血」, 陰維脈, 衝脈, 足首、足、踵痛, 足少陰腎経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

築賓(ちくひん)

 

KI9)築賓(zhu4bin1)(ちくひん)・腿肚・腨腸

【取穴】

下腿後内側、ひらめ筋とアキレス腱の間、内果尖の上方五寸。

※膝を屈し、抵抗に抗して足を底屈すると、脛骨内側縁にひらめ筋がより明瞭に現れる。

※KI3)太渓とKI10)陰谷を結ぶ線上で、LR5)蠡溝と同じ高さにある。

【名の由来】

「築=土台を築く」「賓=臏(膝蓋骨)」。本穴が膝蓋骨より下の疾患を主治する事から。

【要穴】

『陰維脈郄穴』

【作用】

〔補〕調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・清熱利湿』

【弁証主治】

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛・動悸、胸苦しさ・脇下のつかえ・躁鬱、不安障害・急性腰痛など

 

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

こむら返り

【弁証配穴】

『郄会配穴(臓):章門+養老・筑賓』…臓病

『郄会配穴(腑):中脘+温溜・筑賓』…腑病

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精-血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

神経変性疾患, ED、男性生殖器疾患, 郄穴「通経活血」, 腰背部痛, 陰蹻脈, 衝脈, 足少陰腎経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

交信(こうしん)

 

KI8)交信(jiao1xin4)(こうしん)・内筋

【取穴】

下腿内側、脛骨内縁の後方の陥凹部、内果尖の上方二寸。

※KI7)復溜の前方五分にある。

【名の由来】

「信=五徳の土=脾」。本穴より先で脾経の三陰交と交わる事から。

【要穴】

『陰蹻脈郄穴』

【作用】

〔補〕調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】

◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

悪風発熱〔瀉血〕・自律神経失調・視力低下、眼裏痛・※昌陽之脈腰痛・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【弁証配穴】

『郄会配穴(髄):懸鐘+交信・跗陽・水泉』…髄病

【主症配穴】

+陰包〔瀉〕…生理不順

+合陽…不正出血

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精/血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・『陽緩み陰急す』を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・照海同様、陰蹻脈に属するが、郄穴の性質上、照海より痛みに対する主治が多い。

・陰を病むと熱を生ず。

 

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※-素問刺腰痛篇第四十一-に記載の『昌陽之脈』を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

発汗調整, 経(金/火)穴「喘咳寒熱を治す」, ED、男性生殖器疾患, 脛街/血海, 脛骨神経, 衝脈, 足少陰腎経, 大腿神経・伏在神経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

復溜(ふくりゅう)

 

KI7復溜(fu4liu1)(ふくりゅう)・復白・伏白・胃陽・外命・外命兪・昌陽

【取穴】

下腿後内側、アキレス腱の前縁、内果尖の上方二寸。

・筋肉:踵骨腱・長母趾屈筋・長趾屈筋

・運動神経:脛骨神経

・知覚神経:伏在神経

・血管:後脛骨動脈

※KI8)交信と同じ高さで後方にある。

【名の由来】

「復溜=伏し留る」。足少陰脈気が本穴で一度停留する事から。

※子午流注説難の「其太溪是正经之脉、复从内踝稍后、二寸此溜」に由来するとも。

【要穴】

『足少陰経経金穴(水経金穴/金生水/自経母穴)』

【作用】

〔補〕培補腎陰・滋陰宣肺・益髄健脳・滋陰降火・壮筋補虚

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・開竅腠理』

【弁証主治】

◆腎虚証/肺腎両虚証「喘咳寒熱を治す/虚すれば其の母を補う」

発熱畏寒・発汗異常・鼻、口唇、肌の乾燥・咳嗽、喘息・成長発育不全・代謝不全・排便異常・痔・脈沈遅・17:00~19:00あるいは05:00~07:00の異常など

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(不眠・泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

内踝痛・踵痛・足底痛・足5指痛

【主症配穴】

+合谷…発汗調整

+水分…お腹が張る・むくみ・腹水

+承山…痔・腹痛

+委中…腰背部痛

+腎兪…頻尿・むくみ

【私見】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精、血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・甲乙経に「刺無多見血」とある。出血は控えるべきか?

・古典では総じて、多汗には復溜を補し、無汗には復溜を瀉す記述が多い。また発汗調節には「合谷」との配穴が多くみられる。

・個人的には、肺/腎というより、肺/大腸との関係を念頭に、選穴すべきと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

神経変性疾患, 絡穴「去痰化瘀」, ED、男性生殖器疾患, 衝脈, 足首、足、踵痛, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 婦人科疾患

大鐘(だいしょう)

 

KI4)大鐘(da4zhong1)(だいしょう)

【取穴】

足内側、内果後下方、踵骨上方、アキレス腱付着部内側前方の陥凹部。

【名の由来】

「鐘=天より賦与されるもの=先天之精」。本穴が精気の粋なるものが集まる場所である事から。

※余談ではあるが、古代日本の銅鐸(鐘)も、一説には蛇の蛋を模したとされる。蛇は不死再生の象徴であったことなどから、「鐘=精」を結び付ける発想は古代の共通意識にあったかもしれない。

【要穴】

『足少陰経絡穴/踝後から踵を循り、別れて足太陽経に行く。その別枝は本経に沿って心包へ上り行き、外に下りて腰脊を貫く』

【交会】

・経絡(2):足少陰経-衝脈 ※一説には衝脈との交会とも

・経筋:足少陰経筋の結す処(踵)

【作用】

〔補〕滋腎清肺・補腎通腰

〔瀉〕通経利気(胸中・膀胱)

【絡脈主治】表裏(足太陽経)にまたがる症状・足少陰絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕腰痛など

〔瀉〕胸苦しさ・排尿障害など

【弁証主治】

◆足少陰経(筋)病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

 

【弁証配穴】

『原絡配穴(膀胱⇒腎):京骨+大鐘』…膀胱病/筋病

+然谷・湧泉〔繆刺法…反対側を瀉血〕…足少陰絡脈の実証

【主症配穴】

+通里…躁鬱、不安障害

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・絡脈の流注は『心包』へとつながる。本穴で「ストレス由来の疼痛」へのアプローチは可能か?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 頻尿, 足太陽膀胱経, 排便異常, 下殿神経, 仙骨神経後枝

秩辺(ちっぺん)

 

BL54)秩辺(zhi4bian1)(ちっぺん)

【取穴】

臀部、第4仙骨孔と同じ高さ、正中仙骨陵の外方三寸。

※仙骨裂孔の外方三寸で、BL30)白環兪と同じ高さにある。

・筋肉:大殿筋 Gluteus maximus m

・運動神経:下殿神経 Inferior gluteal n

・知覚神経:中殿皮神経 Middle clunial n・上殿皮神経 Superior cluneal n(仙骨神経後枝)

・血管:上殿動脈

【名の由来】

「秩=順序」「辺=遠」。本穴が規則正しく並ぶ足太陽経背部穴の一番下に在る事から。

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水・強健腰膝』

〔瀉〕疏通経絡

【弁証主治】

◆腎不納気

泌尿器(頻尿・尿失禁)、婦人科疾患(子宮脱・内臓下垂)脱肛、便失禁・下痢・足裏の火照り・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【私見】

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。津液代謝の異常に関しては効果が高い。

・陰部神経 Pudendal n(S2-4)は大坐骨孔経由で骨盤のから出、仙骨結節靭帯 Sacrospinous ligamentを回り込んで、小坐骨孔経由で会陰に入る。

・上記のことから、本穴を角度を調整して深刺すれば、陰部神経の支配する括約筋系の問題にアプローチできるのではと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 腰背部痛, 足太陽膀胱経, 排尿障害, 排便異常, 仙骨神経後枝

下髎(げりょう)

BL34(xia4liao2)(げりょう)・太陽中絡・巨陽中絡・会陰之脈

【取穴】

仙骨部、第4後仙骨孔。

※第4後仙骨孔は、BL32)次髎から擦り下ろし、2つめの陥凹部にある。仙骨裂孔と同じ高さにある。

・筋肉:仙棘筋 Sacrospinalis M

・運動神経:脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経 Middle clunial N(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

【名の由来】

「髎=骨際にある陥凹、孔」。後仙骨孔を併せて「八髎」と称す。本穴は第四仙骨孔に相当する。

※八髎~会陽(~会陰)の行を「太陽(巨陽)中絡」・「会陰之脈」と呼ぶ。

【交会】

・経絡(2) :足太陽経-(督脈)

※素問・奇経八脈考には「督脈の合」とある。

【作用】

〔補〕健補腰腿

〔瀉〕通理下焦

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・痔、脱肛、下血など

【主症主治】

腰痛、坐骨神経痛・ED・排尿障害・便秘

【私見】

・本穴の腹腔側(第4仙骨神経前枝)からは、骨盤内臓神経 Pelvic Splanchinic nerve(副交感神経 Parasympathetic)が起こる。骨盤内に分布する副交感神経線維は、膀胱と直腸を収縮し、それぞれ排便と排尿を起こし、勃起を生じる。(出典:臨床のための解剖学)

・上記のことから、本穴は便秘・排尿障害・EDなどには使用すべき穴と考える。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 腰背部痛, 足太陽膀胱経, 坐骨神経痛, 排尿障害, 排便異常, 仙骨神経後枝

中髎(ちゅうりょう)

BL33(zhong1liao2)(ちゅうりょう)・中空・太陽中絡・巨陽中絡・会陰之脈

【取穴】

仙骨部、第3後仙骨孔。

※第3後仙骨孔は、BL32)次髎から擦りおろし、最初の陥凹部にある。

・筋肉:仙棘筋 Sacrospinalis M

・運動神経:脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経 Middle clunial N(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

【名の由来】

「髎=骨際にある陥凹、孔」。後仙骨孔を併せて「八髎」と称す。本穴は第三仙骨孔に相当する。

※八髎~会陽(~会陰)の行を「太陽(巨陽)中絡」・「会陰之脈」と呼ぶ。

【交会】

・経絡(4):足太陽経-足少陽経-足厥陰経-(督脈)

※素問・奇経八脈考には「督脈の合」とある。

【作用】

〔補〕健補腰腿

〔瀉〕通理下焦

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛など

◆足厥陰経病

ED・泌尿器(排尿障害)、婦人科疾患・更年期障害・皮膚の乾燥、顔に粉をふき色つやがなくなるなど

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・痔など

【主症主治】

腰痛、坐骨神経痛便秘

【私見】

・本穴の腹腔側(第3仙骨神経前枝)からは、骨盤内臓神経 Pelvic Splanchinic nerve(副交感神経 Parasympathetic)が起こる。特に第3仙骨神経由来の神経線維は最も貢献する。骨盤内に分布する副交感神経線維は、膀胱と直腸を収縮し、それぞれ排便と排尿を起こし、勃起を生じる。(出典:臨床のための解剖学)

・上記のことから、本穴は便秘・排尿障害・EDなどには使用すべき穴と考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 腰背部痛, 膀胱, 足太陽膀胱経, 排尿障害, 排便異常, 仙骨神経後枝

次髎(じりょう)

BL32)(ci4liao2)(じりょう)・太陽中絡・巨陽中絡・会陰之脈

【取穴】

仙骨部、第2後仙骨孔。

※第2後仙骨孔は、上後腸骨棘下縁と正中仙骨陵の中央、陥凹部にある。

・筋肉:仙棘筋 Sacrospinalis M

・運動神経:脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経 Middle clunial N(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

【名の由来】

「髎=骨際にある陥凹、孔」。後仙骨孔を併せて「八髎」と称す。本穴は第二仙骨孔に相当する。

※八髎~会陽(~会陰)の行を「太陽(巨陽)中絡」・「会陰之脈」と呼ぶ。

【交会】

・経絡(2) :足太陽経-(督脈)

※素問・奇経八脈考には「督脈の合」とある

【作用】

〔補〕提肛約胞・虚損補益・健補腰腿

〔瀉〕行血散瘀・鬱熱消散・駆邪散滞・寒湿温散・通理下焦

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆膀胱病

顔色が黒い・泌尿器疾患(排尿障害便秘・痔、脱肛、血便など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛など

【主症主治】

腰痛、坐骨神経痛EDなど

【配穴】

+章門…腰痛〔瀉法〕

【私見】

・本穴は膀胱兪の内方にあるので、膀胱病にも適応かと思う。

・本穴の腹腔側(第2仙骨神経前枝)からは、骨盤内臓神経 Pelvic Splanchinic nerve(副交感神経 Parasympathetic)が起こる。骨盤内に分布する副交感神経線維は、膀胱と直腸を収縮し、それぞれ排便と排尿を起こし、勃起を生じる。(出典:臨床のための解剖学)

・上記のことから、本穴は便秘・排尿障害・EDなどには使用すべき穴と考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

《アーユルヴェーダ・マルマ》, ED、男性生殖器疾患, 股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 腰背部痛, 足太陽膀胱経, 婦人科疾患

関元兪(かんげんゆ)

BL26)関元(guan1yuan2shu4)(かんげんゆ)

【取穴】上背部、第5腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

【名の由来】本穴が任脈の関元と相対している事から。

【作用】〔補〕統領下焦気血・調補丹田

【弁証主治】◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】腰痛・下痢・泌尿器、婦人科疾患(骨盤腔内の血流改善)下肢マヒ

【配穴】+膀胱兪…風邪の後の腰痛

【症例/個人的見解】

・個人的には、「関」の付く経穴は、筋骨格系の疼痛に有効なように感じる。本穴に関しては当然、仙腸関節痛に対して有効かと思う。

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「kati-kataruna(柔らかな腰/骨のマルマ)」と呼ばれ、骨盤腔内の血流改善と下肢マヒに治効があるとされる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675