筋の過緊張、こわばり, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 原穴, 柔軟性向上・ストレッチ

丘墟(きゅうきょ)

GB40)丘墟(qiu1xu1)(きゅうきょ)

【取穴】足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方。

※抵抗に抗して足の第2指から第5指を伸展させると、長指伸筋腱が明瞭に現れる。

【名の由来】「丘=小さい隆起」「墟=大きい隆起」。本穴が外果の際にある事から。

【要穴】

『胆原穴(木性)』

『根結:足少陽之溜』

【作用】

〔補〕補益原気・扶正袪邪・疏肝健脾

〔瀉〕利胆疏肝・駆邪散滞・清宣少陽・鬱熱消散

【弁証主治】

◆胆病

悪寒戦慄をともなう高熱、往来寒熱・リンパ節腫・胆石〔透照海〕・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆心病

健忘・睡眠障害・貧血、血液疾患・喉渇・心痛・動悸、胸苦しさ・掌の火照り・臍上の強い拍動、※癥積・静脈瘤・冷えのぼせなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・耳鳴・難聴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・肩痛・脇肋、側腹部痛・鼠径部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】足首痛・外踝痛・足甲痛・足第4指の痛み、マヒ・ガングリオン

【弁証配穴】

『原絡配穴(胆⇒肝):丘墟+蠡溝』…胆病/筋病

『原募配穴(足少陽経):日月+丘墟』…足少陽経病

『原合配穴(少陽経):丘墟+陽陵泉』…足少陽経(筋)病

【主症配穴】

+曲池…胆嚢炎・肝炎〔丘墟透照海〕〔黄疸が強い場合は腕骨・至陽を追加〕

+金門…こむら返り

+竜眼〔瀉血〕…帯状疱疹〔丘墟透照海〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち胆原穴である丘墟は、手少陰心経の病(主に所生病)も主治とする。

・丘墟を打つ際は、「照海」の方へ向けて刺鍼することが基本。

 

※癥積…腹内に明確なしこりがあって、痛みや張りが強く、固定して移動しないもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
禁灸穴, 脳、神経症状, 陽蹻脈, 足太陽膀胱経, 八宗穴/八脈交会穴, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 柔軟性向上・ストレッチ

申脈(しんみゃく)

 

BL62)申脈(shen1mai4)(しんみゃく)・鬼路(gui3lu4)(きろ)・陽蹻

【取穴】

足外側、外果尖の直下、外果下縁と踵骨の間の陥凹部。

※外果下縁の下方陥凹部にある。BL62)申脈に対応する内側の経穴はKI6)照海である。

【名の由来】

「申=伸」「脈=筋脈」。本穴が陽蹻脈の生じる処であり、筋脈を伸びやかにする効がある事から。

【要穴・交会】

『八宗穴/八脈交会穴(×陽蹻脈)』

※正穴中、特に奇経の性質が強い。

【作用】

〔瀉〕袪風通絡・清利頭目・舒筋活絡

【弁証主治】

◆陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

悪寒発熱・てんかん・統合失調症睡眠障害・半身不随・めまい・頭痛〔金鍼。痒麻が主ならば補、疼痛が主ならば瀉〕・眼疾患〔繆刺〕・鼻血・腰背部痛・下肢外側のこわばり、外反足・むずむず脚症候群・パーキンソン症候群など

◆足太陽経病(表証/風邪)

発熱による疼痛など

【弁証配穴】

『八脈交会配穴:申脈+後渓』…表証・背部全般の問題

+飛揚+患部周囲の夾脊穴…足太陽絡脈の実証〔申脈は繆刺法…反対側を瀉血〕

【主症配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

【症例/個人的見解】

・繆刺を多用。

・『後渓+申脈』の配穴は、太陽の関係に基づくものと考える。そう考えると、背部全般の広い範囲の問題(主に疼痛)が適応かと。

・個人的には、陰陽蹻脈は、中枢神経系との関わりが強い脈を考えている。精神疾患やパーキンソン、むずむず脚症候群などには多用している。

・筋を緩める効果は高く即効がある。

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675