発熱, 皮膚疾患, 婦人科疾患, 更年期障害, 標準耳穴

内分泌(ないぶんぴ) 

 

CO18)内分泌(nei4fen1mi4)(ないぶんぴ)(endocrine)・屏間

【取穴】

屏間切痕内、耳甲腔の前下部。

【主治】

生理痛・生理不順・更年期障害・挫創・マラリアなど

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

めまい、気象病, 婦人科疾患, 標準耳穴, 消化器疾患

脾(ひ) 

 

CO13)(pi3)(ひ)(spleen)

【取穴】

B-D線下方。耳甲腔の後上部。

【主治】

腹張・下痢・便秘・食欲不振・不正出血(機能性)・おりものが多い・内耳性眩暈

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

めまい、気象病, 眼疾患, 婦人科疾患, 更年期障害, 標準耳穴

肝(かん) 

 

CO12)(gan1)(かん)(liver)

【取穴】

耳甲艇の後下部。

【主治】

肝痛・眩暈・PMS(月経前症候群)・生理不順・更年期障害・高血圧・仮性近視・単純性緑内障

【症例/個人的見解】

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 婦人科疾患, 標準耳穴

内生殖器(ないせいしょくき)

TF2内生殖器(nei4sheng1zhi2qi4)(ないせいしょくき)(internal genitals)・子宮・精宮・天癸

【取穴】

三角窩の前1/3の下部。

【主治】

生理不順・おりものが多い・不正出血・遺精・早漏

【症例/個人的見解】

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

婦人科疾患, 心、循環器疾患, 標準耳穴

胸(むね)

 

AH10(xiong1)(胸) (chest)

【取穴】

対耳輪体の前、中部の2/5。

・知覚神経:《Ⅴ₃》耳介側頭神経

【主治】

胸肋部の痛み・胸苦しさ・乳腺炎

【症例/個人的見解】

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《経外奇穴》, 致命三十六穴, 足太陰経筋, 婦人科疾患, 意識障害, 手少陰経筋, 更年期障害, 任脈

神闕(しんけつ) ※三角灸(さんかくきゅう)

CV8)(shen2que4)(しんけつ)・維会・臍中・気舎・闕陰・命蔕・気合

【取穴】上腹部、臍中央。

【名の由来】「闕=宮中」。臍は「先天之結帯、後天之気舎」と云い、胎児の神気を結び、営気を送る場である事から。

【交会】・経筋(2):足太陰経筋の結す処・手少陰経筋の系する処

【作用】〔基本、神闕は灸〕

〔灸補〕中陽奮起・下元温補・回陽固脱

〔灸瀉〕駆冷散結・寒邪温散・血脈温通・開竅復蘇

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり、※奔豚・痔・糖尿病など

◆足太陰経筋病

脇腹、下腹部~臍、陰部への引きつれと鋭い痛み・股関節痛・陰部痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・背深部の痛みなど

◆手少陰経筋病

しゃっくり・※伏梁・※肘網の痛み・上肢内側痛・インポテンツなど

【主症主治】むくみ・※尸厥 〔灸1壮〕・※脱証

【主症配穴】

+公孫…腹張

+復溜…お腹のむくみ

+三間〔瀉〕…過敏性腸症候群

+三陰交…排尿障害

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会に「禁鍼穴」とある。常識的に考えて鍼は使わないほうが良いかと。

・尸厥に対し、扁鵲が鍼をしたとの逸話あり。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。腹腔内臓器の損傷。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

※尸厥…突然昏倒し仮死状態を呈する。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。 描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

 

―――――――――――――――――

三角灸(san1jiao3jiu3)(さんかくきゅう)・疝気穴・臍傍穴・臍三角

※経外奇穴-世医特効方-

【取穴】下腹部、患者の両口角の長さを一辺とした正三角形をつくり、その頂点を臍にあてる。その底辺を水平にして、両底角を取穴する。

【名の由来】その取穴の方法と、一般に灸法に用いる事から。

【主治】鼠径ヘルニア・肝斑・過敏性腸症候群・慢性結腸炎・不妊症

【配穴】+足三里+大敦…陰嚢ヘルニア

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ED、男性生殖器疾患, 胸腹神経, 衝脈, 足少陰腎経, 婦人科疾患, 慢性疲労、虚弱体質, 消化器疾患, 任脈

陰交(いんこう)

CV7陰交(yin1jiao1)(いんこう)・丹田・横戸・少関・小関

【取穴】

下腹部、前正中線上、臍中央の下方一寸。

・筋肉:白線

・知覚神経:胸腹神経前皮枝 Anterior cutanous baranches of Thoracoabdominal nerves(T6~T12脊髄神経前枝)

・血管:浅腹壁動脈、下腹腔動脈

※キュンメル点(虫垂炎の診断点)に近い。

【名の由来】

任・衝・足少陰の三陰経が交わる場所である事から。

【交会】

・経絡(3):任脈-衝脈-足少陰経

※甲乙経に「任脈、気衝之会」とある。

【作用】

〔瀉〕調経固帯・利水消腫

【主治】

◆任/衝脈/足少陰経病「逆気して裏急す」

泌尿器、婦人科疾患(生理痛・婦人科系の疼痛、しこり)

身体が膨張したように感じる(自律神経失調、更年期障害・鼻血・喘息、梅核気・皮膚静脈炎)〔瀉〕・

身体が縮んだように感じる(冷え性〔灸200~300壮〕・認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下)・※ 奔豚)〔補〕 など

【配穴】

+湧泉…下腹部痛(鋭い痛み・腹部のしこり・陰部のひきつれ)〔瀉法〕

+委陽…排尿障害〔瀉法〕

+石関…不妊

【私見】

・難経第三十一難には、下焦の病を治す場として「臍下一寸」としている。

・和漢三才図会には「妊婦禁灸」とある。要注意。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675