《Ⅺ》副神経, 肩甲背神経, 胸神経後枝, 頚神経叢, 衝脈, 足太陽膀胱経, 八会穴, 治熱五十九兪

大杼(だいじょ)

 

BL11(da4zhu4)(だいじょ)・骨会・背兪

【取穴】

上背部、第1胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

・筋肉:僧帽筋/菱形筋

・運動神経:《Ⅺ》副神経、頚神経叢筋枝(僧帽筋)・肩甲背神経(菱形筋)

・知覚神経:脊髄(胸)神経後枝

・血管:頚横動脈の枝、肋間動脈

【名の由来】

「杼=機織に横糸を通す糸巻」。転じて椎骨横突起を古代「杼骨」と呼んでいた。本穴が第一胸椎横突起に位置する事から。

【要穴】

『督脈別絡』

『骨会』

【交会】

・経絡(4):手足太陽経-足少陽経-衝脈

【作用】

〔補〕壮筋補虚・舒筋活絡・温補肌肉(補陽)

〔通〕『衝脈(血海・脛街)之兪/通利衝脈・通経緩脈』

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清熱胸中・疏風散邪・経気通暢』

〔灸〕温経散邪

【弁証主治】

◆太陽経病

風邪・黄疸・リンパ節腫・発熱による疼痛・難聴・下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩背部痛・上肢後内側の痛み、火照り・腰背部痛など

◆足少陽経病/骨病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

身体が縮んだように感じる〔補〕

自律神経失調、更年期障害・内眼眦痛・喉のつまり、喘息・腹中のひきつれ、痙攣・泌尿器、婦人科疾患・股関節痛・筋力低下・皮膚静脈炎など

【弁証配穴】

『郄会配穴(骨)』大杼+外丘・水泉…骨病

【主症配穴】

+曲泉…急性のしびれ・マヒ・冷え

+束骨…頭痛〔瀉法:束骨は深刺〕

+長強…腸にガスが溜まって痛む

【私見】

・肩胛骨~上肢の痛みには上方に向け刺鍼、腰背痛では下方に向け刺鍼。

・督脈、衝脈の会でもあるので、感覚の異常(なんとなく不快な感じ、身体が膨張しているような、あるいは縮んでいるような)には選穴した方が良い。

・本穴を骨会とする根拠はなにか? 足少陽経の交会でもあるため骨病に効くということか、それとも第7頚椎に関連することか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《Ⅶ》顔面神経, 《Ⅺ》副神経, 精神疾患, 肩甲背神経, 脳、神経症状, 自律神経失調, 致命三十六穴, 項頚部痛, 頚横神経, 頭痛, 足少陽経筋, 大耳介神経, 手陽明経筋, 手太陽経筋, 手太陽小腸経, 手少陽経筋

天容(てんよう) ※頷結(がんけつ/伍行庵オリジナル)

SI17)天容(tian1rong2)(てんよう)

【取穴】

前頚部、下顎角の後方、胸鎖乳突筋の前方陥凹部。

・筋肉:胸鎖乳突筋/顎二腹筋後腹

・運動神経:《Ⅺ》副神経(胸鎖乳突筋)・《Ⅶ》顔面神経(顎二腹筋後腹)

・知覚神経:大耳介神経・頚横神経

・血管:外頚動脈

※胸鎖乳突筋は抵抗に抗して頭を反対側に向けるとより明瞭に現れる。

【名の由来】

「天=頭」「容=入れる」。本穴の位置が、頭を安定させる支点である事から。

【要穴】

『根結:足少陽之入』

【交会】

・経絡(2):手太陽経-足少陽経

【作用】

〔瀉〕清熱化痰

【弁証主治】

◆手太陽経病

下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩痛・上肢後内側の痛み、火照りなど

◆足少陽経(筋)病

半身不随・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋痛・側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】

自律神経失調・(自律神経のきりかえ時に生じやすい)偏頭痛・アレルギー疾患

【私見】

・陽経における根結において、『入』は絡穴と、胸鎖乳突筋周囲の2点がある。この頚の6点は、各経(筋)の病態を判断する診断点として使用できるように感じる。

・個人的には、上述の『入』と、頚前筋の分布になにかしらの関連を感じる。胸鎖乳突筋のすぐ裏には頸動脈鞘があり、脳の主要動静脈に加え、迷走神経も、この鞘に包まれている。のことから、胸鎖乳突筋上に分布する各『入』は、経筋のみならず、自律神経系や脳の代謝異常にも運用できるのではないだろうか?

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。頸動脈の損傷。

 

―――――――――――――――――


※頷結
(han4jie2)(がんけつ) ※伍行庵オリジナル

【取穴】

前頚部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁(天容)と後縁(天牖)の間。

・筋肉:胸鎖乳突筋/肩甲挙筋

・運動神経:《Ⅺ》副神経(胸鎖乳突筋)・肩甲背神経(肩甲挙筋)

・知覚神経:大耳介神経・頚横神経

・血管:外頚動脈

【名の由来】

「頷=下顎角」。この部位が、手三陽経筋-足少陽経筋の結である事から。

【交会】

・経筋(4):足少陽経筋-手三陽経筋の結する処

【弁証主治】

◆足少陽経筋病

半身不随・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・側腹部痛・膝痛・こむら返り・足第4指痛など

◆手三陽経筋病

視力低下・耳鳴・ろれつが回らない・項頚部痛・肩痛・肩胛骨痛・上肢痛、ひきつれなど・風邪による筋肉痛など

【主症主治】

自律神経失調

【私見】

・「頷」は足少陽経筋-手三陽経筋4条の経筋の結であることから、本穴を含め経筋病の重要な診断/治療点として応用できるのではないか?

・Gonion(顎角点…下顎体下縁と下顎枝後縁が移行する部分のうち、最も突出する点)の高さは、第二、三頚椎の椎間にあたり、この腹側には上頚神経節(交感神経幹の最上位)がある。

・上頚神経節は、動眼神経・顔面神経・舌咽神経・迷走神経の副交感神経枝と連携して、瞳(毛様体筋)・涙腺・唾液腺および心臓の調節を行っている。この点から考えるに、視力障害、シェーグレン症候群、顔面神経麻痺、味覚障害、動悸や血圧異常など幅広い疾患に対して応用が可能かと考えられる。

※上頚神経節へのアプローチポイントとして考察。

・上頚神経節へいかにリスクなく刺入するかが課題。本穴からのアプローチも可能かとは思うが、舌骨外端から上方45°外方に向けて刺鍼する方法もあるよう。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675