手厥陰経筋, 手厥陰心包経, 正中神経, 井(木/金)穴「心下満を治す」

中衝(ちゅうしょう)

 

PC9)中衝(zhong1chong1)(ちゅうしょう)

【取穴】

中指、中指尖端中央。

(中指、末節骨橈側、爪甲角から近位外方一分(指寸)、爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点とも)

・知覚神経:正中神経浅枝

・血管:第2背側中手動脈の枝

【名の由来】

「衝=要衝」。本穴が中指尖端に位置し、厥陰経気が流れ着く要衝である事から。

【要穴】

『手厥陰経井木穴(火経木穴/木生火/自経母穴)』

【交会】

・経筋:手厥陰経筋の結する処

【作用】

〔瀉〕清心安神・清熱心包・開竅醒志・回陽救逆

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱 、黄疸・リンパ節腫・※霍乱・炎症〔瀉血〕など

◆(心)血虚気滞証「心下満を治す/虚すれば其の母を補う」

※尸厥・萎縮性舌炎〔金針で瀉血〕・胸苦しさ・心痛、激しい動悸・掌の火照り・19:00~21:00あるいは07:00~09:00の異常・※副腎髄質機能亢進症など

◆手厥陰経(筋)病

統合失調症・顔が赤い・上肢痛、痙攣やこわばり・第3指痛など

【配穴】

+廉泉…舌下部の炎症

【私見】

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

・経絡理論上は、労宮(火経火穴)は清熱、中衝(火経木穴)は醒神の作用がメインとなる。しかし両者は共に清熱と醒神の作用が強く、厳密に区別を付けがたい。状況に併せて使用すること。

 

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

※尸厥…突発性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《経外奇穴》, 発熱, 眼疾患, 禁灸穴, 手太陰経筋, 手太陰肺経, 指、手、手首痛, 榮(火/水)穴「身熱を治す」, 橈骨神経, 正中神経

魚際(ぎょさい) ※鳳眼(ほうがん)

LU10)魚際(yu2ji4)(ぎょさい)

【取穴】

手掌、第1中手骨中点の橈側、赤白肉際。

・筋肉:短拇指外転筋

・運動神経:正中神経

・知覚神経:橈骨神経浅枝、正中神経浅枝

・血管:橈骨動脈

【名の由来】

本穴位が魚の腹の様であり、また赤白肉の「際」に位置する事から。

【要穴】

『手太陰経榮火穴(金経火穴/火克金)』

【交会】

・経筋:手太陰経筋の結する処

【作用】

〔補〕滋陰清熱

〔瀉〕清泄肺熱・宣肺止咳・咽喉清利・舒筋活絡

【弁証主治】

◆肺実熱証「身熱を治す/火克金」

悪寒戦慄を伴う発熱・リンパ節腫・喉の炎症・急性乳腺炎・のぼせ・掌の火照りなど

◆手太陰経(筋)病

呼吸器の虚弱・自律神経失調・咳嗽、喘息・吐血・上肢痛、ひきつれ・肘痛・ばね指・両手を交えてもだえる・臍右の強い拍動・脈浮など

【配穴】

+液門…喉が渇いて痛む〔瀉法〕

+照海…喉が渇いて痛む〔補法〕

+委中…片側の脇から背中へのひきつれ

【症例/個人的見解】

・「禁灸穴」とある。

・診断点として有効。魚際の細絡が青ければ胃寒、赤ければ胃熱、黒ければ久痺。赤青黒が混じっていると寒熱が入り混じっていて、点状に青くなっていると気虚。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。本穴も手太陰経筋上の化膿性筋炎などには効果的と考える。

・検証:得気は鋭く「小商」と「陽渓」へと走る。

 

―――――――――――――――――

鳳眼(feng4yan3)(ほうがん)

※経外奇穴-肘後備急方-

【取穴】

母指指節関節横紋橈側端。母指を屈曲して取穴。

・筋肉:短拇指外転筋

・運動神経:正中神経

・知覚神経:橈骨神経浅枝、正中神経浅枝

・血管:橈骨動脈

【作用】

〔瀉〕通眼開竅

【名の由来】

「鳳=鳳凰」。掌を広げ、母指以外の四指を鳳凰の翼に見立てた時、本穴がちょうど鳳凰の眼の位置にくる事から。

【主治】

眼疾患・腱鞘炎

【私見】

・検証:得気はわずかに「曲池」にとどくか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

致命三十六穴, 風邪、呼吸器疾患, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 八会穴, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 原穴, 外側前腕皮神経, 慢性疲労、虚弱体質, 手太陰経筋, 手太陰肺経, 指、手、手首痛, 橈骨神経, 正中神経

太淵(たいえん)

LU9太淵(tai4yuan1)(たいえん)・鬼心(gui3xin1)(きしん)・太泉

【取穴】

手関節前外側、橈骨茎状突起と舟状骨の間、長母指外転筋腱の尺側陥凹部。

・筋肉:屈筋支帯/長母指屈筋腱・長母指外転筋腱

・運動神経:前腕骨間神経(正中神経の枝(長母指屈筋))・橈骨神経(長母指外転筋)

・知覚神経:外側前腕皮神経

・血管:橈骨動脈

※手関節掌側横紋の橈側、橈骨動脈上。

【名の由来】

「太=大」「淵=深い水溜り」。経渠からの流れが全て本穴に集う事から。

【要穴】

『手太陰経兪土穴(金経土穴/土生金/自経母穴)』

『肺原穴』

『標本:手太陰之本』

『八会穴:脈会』

【作用】

〔補〕補中益肺

〔瀉〕清肺宣肺・疏理肺気・清熱解熱

【弁証主治】

◆肺/太陽病(表証・風邪)「虚すれば其の母を補う」

悪寒戦慄を伴う発熱(脈浮緩・両手を交えてもだえる・排尿痛)・発熱による疼痛(頭痛)・咳嗽、喘息・不眠・顔色が黒い・痔・臍右の強い拍動など

◆肺/脾病

貧血(脈沈遅)・不眠、自律神経失調・不安障害・呼吸器の虚弱・胃腸虚弱、萎縮性胃炎、※積聚・軟便・泌尿器、婦人科疾患・部位のはっきりしない疼痛など

◆手太陰経(筋)病「体重節痛を治す」

呼吸困難・げっぷ・吐血・肩背部痛・上肢痛、ひきつれ・肘痛・腱鞘炎・母指、第2指痛など

【弁証配穴】

『郄会配穴(脈):太淵+郄門・孔最』…脈病

『兪原配穴(肺):肺兪+太淵』…肺虚証〔補法〕

『原絡配穴(肺⇒大腸):太淵+偏歴』…肺病

『原募配穴(手太陰経):太淵+中府』…手太陰経病

『原合配穴(手太陰経):太淵+尺澤』…手太陰経筋病

『二原配穴(肺/脾):太淵+太白』…肺脾気虚〔補法〕

『二原配穴(肺/膀胱):太淵+京骨』…腎不納気証(尿漏れなど)〔補法〕

【主症配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+列缺〔瀉〕…胸痛・痰がからんだ咳・頭痛〔繆刺〕

【私見】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の対角にある臓腑経絡も主治する。すなわち本穴は、足太陽膀胱経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「肺/膀胱」をつなぐ病状として、表証=風邪など感染性疾患全般、「肺/脾」をつなぐ病状として虚弱体質などには適応と考える。

・肺・衛疾患に著効。

・検証:得気は浅層で「曲澤」、中層で「手三里」、深層で「陽渓」に走る。全体として「合谷」から示指尖端へ走る感覚はある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。橈骨動脈からの出血。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。 しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

郄穴「通経活血」, 外側前腕皮神経, 手太陰肺経, 正中神経

孔最(こうさい)

LU6)孔最(kong3zui4)(こうさい)

【取穴】

前腕前外側、LU5)尺澤とLU9)太淵を結ぶ線上、手関節掌側横紋の上方七寸。

※LU5)尺澤の下方五寸で、LU5)尺澤とLU9)太淵を結ぶ線の中点の上方一寸にある。

・筋肉:長拇指屈筋・円回内筋

・運動神経:前腕骨間神経(正中神経の枝)

・知覚神経:外側前腕皮神経

・血管:橈骨動脈

※個人的には長拇指屈筋と円回内筋の走行が交わるポイントに取穴すべきと考える。

【名の由来】

「孔=穴」「最=聚(集まる)」。本穴が太陰経の気血が深く集まる処に位置する事から。

【要穴】

『手太陰経郄穴』

【作用】

〔瀉〕降気止血・清熱解表・宣肺平喘

【弁証主治】

◆太陰経の血病

貧血、血液疾患・風邪をひきやすい・皮毛の乾燥・臍右の強い拍動・脈浮緩・婦人科疾患など

【弁証配穴】

『郄会配穴(気):膻中+会宗・孔最・陰郄』…気病

『郄会配穴(脈):太淵+郄門・孔最』…脈病

【主症配穴】

+承山…痔・裂肛・肛門痛・尾骶骨痛

【私見】

・陰経の郄穴は、手足同名経の血病を主治する。

・検証:得気は浅層で手太陽経の「小海~肩貞」に、深層で「合谷」付近に届く。

・「結」ではないが、筋の起始-停止の関係から、手太陰経筋病にも使えるように思う。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675