《アーユルヴェーダ・マルマ》, 《経外奇穴》, ストレス/不安障害、パニック障害, 督脈, 精神疾患, 陰蹻脈, 頚神経後枝, 頭街/髄海, 血流不全、血圧異常, 小児禁鍼, 意識障害, 抜け毛、円形脱毛症, 治熱五十九兪, 中風七穴

百会(ひゃくえ)/泥丸(でいがん) ※四神聰(ししんそう)

 

GV20)百会(bai3hui4)(ひゃくえ)・泥丸・鬼門・三陽五会・嶺上・天満

【取穴】

頭部、前正中線上、前髪際の後方五寸。

※『WHO標準経穴部位』では、「前髪際と後髪際を結ぶ線上の中点の前方一寸にある陥凹部。耳を折り返したとき、両耳尖を結ぶ線の中点にある」とあるが、

※個人的には本穴は「前正中線上、矢状縫合の中点」に取穴すべきと考える。

・筋肉:帽状腱膜

・知覚神経:大後頭神経

・血管:後頭動脈

【名の由来】

本穴にて五経が交わる事から。

【交会】

・経絡(8):督脈-(手)足太陽経-手足少陽経-足厥陰経-(手足陽明経-陰蹻脈)

※一説には六陽経全ての交会とも。

※一説には陰蹻脈の交会とも。

・経別:第五合(手少陽の別れる処)

【作用】

〔補〕 『髄海(頭街)之兪/補髄益脳・昇陽益気・回陽固脱』

〔瀉〕 『治熱病五十九兪/清脳開竅・熄風潜陽・去風散寒・通督解痙・鼻竅温通』

【弁証主治/百病を皆治す】

◆督脈病/頭街の病/陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

※脱証・半身不随〔透曲鬢〕・発作性の痙攣、ひきつけ・躁鬱、不安障害〔灸〕・注意欠陥多動性障害、統合失調症・健忘・自律神経失調 、嗜眠・頭痛・頭が重く、ふらふらする・視力低下、眼裏痛・肩背部痛・腰背部痛・※昌陽脈腰痛・四肢の痛み、マヒ、冷え、こわばり・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

◆陽病

悪寒戦慄・悪風発熱・黄疸・多汗・出血傾向・発熱による疼痛・歯痛・口苦、口渇・顔色が黒い・皮膚の乾燥)・蕁麻疹、発疹〔瀉血〕など

◆足厥陰経病

※積聚・性欲の異常・※疝痛・泌尿器、婦人科疾患〔灸〕・更年期障害など

◆三焦病

耳鳴、難聴・喉痛・※副腎皮質機能亢進症状など

【主症主治】

鼻づまり・鼻水が止まらない〔灸〕

【主症配穴】

『中風七穴:百会+風池(曲鬢)+肩井+大椎(風市)+足三里+間使(懸鐘)+曲池/半身不随』

『三才穴:百会+湧泉+水溝/意識障害・昏睡』

⇒膻中⇒玉堂…注意欠陥多動性障害、統合失調症など(熱い精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。百会⇒膻中⇒玉堂の順に施灸していく。順番が大切らしい〕

+隠白…意識障害・昏睡〔瀉法〕

+絲竹空…涎をたらす

+風池〔灸法〕…発作性の痙攣・ひきつけ

+太衝…四肢の痙攣

+神庭…発熱

+顖会…嗜眠〔瀉法〕

+水溝…不安障害

+少商〔瀉血〕…鼻血〔百会は灸〕

+鳩尾…小児の脱肛〔先ず百会に灸、後に鳩尾〕

+帯脈…おりものに血や膿が混じる・子宮脱垂〔灸法〕

【私見】

・個人的には頭部の穴は頭蓋縫合に沿ってに取穴すべきと考える。

・陰蹻脈は「泥丸(百会)に通ず」とされる。一方「天門(顖会)を開く」ともされ、どちらを頭部の基準点とすべきかは、悩ましいところ。

・週一で本穴に透熱灸を据えている患者さんの話では、髪が黒くなってきたとのこと。

・第5合は、他の経別と比べ特殊な走行をとる。霊枢経別第十一での手少陽経別の記述は、手太陽経の記述と対になっている。この対が何を意味するのかは、現時点では不明。

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・戦国時代の武将、松永弾正久秀は自害の間際、「切腹中に中風がおこり、五体がままならなくなること」を畏れ、百会に灸を据えさせたと云う。当時から脳卒中の予防穴として有名だった様子。

・アーユルヴェーダでは5つの頭蓋縫合線自体を「simanta(毛髪の分け目/関節のマルマ)」と捉えている。パニック症候群など過剰な感情の起伏に効があるとされる。

・『美容と健康の鍼灸(張仁編著・浅野周訳/三和書籍)』によれば、「血圧に対してはっきりした双方向調節作用がある」とある。

 

※脱証…珠ような汗がながれ、手足がひどく冷える・眼は閉じ口は開いたまま、手は巻き上がる・尿漏れ・脈微細絶。虚証。描写から考えるに、錐体路、錐体外路変性、進行性球マヒなども含まれるかと。

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

※疝気・疝…元来は腹痛を指したが、現在は色々な意味をもたせている。体腔内容物が外に突出する事の総称。ヘルニア。生殖器・睾丸・陰嚢部の病証。腹部激痛に二便不通が伴う病証。腸閉塞・腹膜炎の類etc。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に作用する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

―――――――――――――――

四神聰(si4shen2cong1)(ししんそう)・神聰

※経外奇穴-太平聖恵方-

【取穴】

頭頂部。百会の前後左右一寸。計4穴。

・筋肉:帽状腱膜

・知覚神経:大後頭神経

・血管:後頭動脈

【名の由来】

「神=神志」「聰=聡明」。本穴が百会の前後左右に位置し、神明を啓かにし、頭脳を明晰にする効を持つ事から。

【作用】

〔瀉〕理気降逆・醒神開竅

【弁証主治】

肝火証〔瀉血〕

【主症主治】

頭痛・眼痛・半身不随・てんかん・パーキンソン病・精神疾患・健忘・小児の多動性症候群・不眠・めまい・円形脱毛症

【配穴】

+太衝…頭痛〔四神聡は瀉血〕

【私見】

・百会と併せて用いる事が多い。

・円形脱毛症の患者に対し、頭皮の感触の違和感から四神聰様に前後左右4穴を選定し、百会に向けての横刺をして効果を得ることがあった。その時は百会の前後左右二寸強であった。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《アーユルヴェーダ・マルマ》, ストレス/不安障害、パニック障害, 督脈, 禁灸穴, 脳、神経症状, 頚神経後枝

強間(きょうかん)

GV18強間(qiang3jian1)(きょうかん)・大羽

【取穴】

頭部、後正中線上、後髪際の上方四寸。

・筋肉:帽状腱膜

・知覚神経:大後頭神経(C2後枝)

・血管:後頭動脈

※GV17)脳戸の上方一寸五分の陥凹部にある。

※個人的には本穴は「Lambda(Λ縫合と矢状縫合の交点・小泉門部)」に取穴すべきと考える。

【名の由来】

「強=強固な骨…頭蓋骨」。本穴が頭蓋Λ縫合間にある事から。

【作用】

〔瀉〕醒脳開竅・舒筋活絡

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【私見】

・アーユルヴェーダでは5つの頭蓋縫合線自体を「simanta(毛髪の分け目/関節のマルマ)」と捉えている。パニック症候群など過剰な感情の起伏に効があるとされる。

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《Ⅶ》顔面神経, 督脈, 神経変性疾患, 禁灸穴, 禁鍼穴, 頚神経後枝, 足少陰経筋

脳戸(のうこ)

 

GV17脳戸(nao3hu4)(のうこ)・玉枕関・匝風・会額・合顱

【取穴】

頭部、外後頭隆起上方の陥凹部。

※後正中線の垂線と外後頭隆起上縁の水平線の交点にある陥凹部。BL9)玉枕と同じ高さにある。

・筋肉:後頭筋

・運動神経:《Ⅶ》顔面神経

・知覚神経:大後頭神経(頚神経後枝)

・血管:後頭動脈

【名の由来】

「戸=扉」。本穴から脳気で出入りする事から。

【要穴】『後三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。左右の「玉枕」と併せて考えられる。

【交会】

・経絡(2):督脈-足太陽経 ※甲乙経に「此別脳之会」とある。

・経筋:足少陰経筋の結す処(枕骨)?

・経別:第一合(項)(足太陽の出る処・足少陰の出る処)

【作用】

〔瀉〕清熱散風

【弁証主治】

◆督脈病/足少陰経筋病

※脳風・脳性マヒ、半身不随・てんかん発作・錐体外路系障害・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・メニエル病・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・下肢~足底の冷え、ひきつれなど

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆膀胱/腎病

成長発育不全、代謝不全・脱毛・耳鳴、難聴・歯槽膿漏・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患〔金鍼〕・下痢〔灸100壮〕・脈沈遅など

【私見】

・甲乙経・和漢三才図会には「禁鍼灸穴」とある。何故か?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《Ⅺ》副神経, 眼疾患, 眼精疲労、眼裏痛, 精神疾患, 脳、神経症状, 自律神経失調, 項頚部痛, 頚神経叢, 頚神経後枝, 頭痛, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 三叉神経痛

天柱(てんちゅう)

BL10)天柱(tian1zhu4)(てんちゅう)

【取穴】

後頭部、第2頚椎棘突起上縁と同じ高さ、僧帽筋外縁の陥凹部。

・筋肉:僧帽筋/頭半棘筋

・運動神経:《Ⅺ》副神経、頚神経叢筋枝/脊髄(頚)神経後枝

・知覚神経:大後頭神経(C2頚神経後枝)

・血管:後頭動脈

【名の由来】

「天柱=頚椎」。本穴が頚椎の最上部にある事から。

※同名の古代の星座(五星。五行の調和を司る)からとも。

【要穴】

『経別:第一合(項/足太陽・足少陰の出る処)』

『根結:足太陽之入』

【交会】

・経筋:足太陽経筋の結す処(項)

【作用】

〔瀉〕清頭散風

【弁証主治】

◆膀胱/腎/心病

成長発育不全・黄疸・貧血、血液疾患・シェーグレン症候群、膠原病・※脳風・痴呆、健忘・脳神経症状、運動機能障害・精神症状・睡眠障害・手足の火照り・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・喘息・泌尿器、婦人科疾患・痔・下痢・脈沈遅など

◆足太陽経(筋)病

風邪・発熱による疼痛・頭痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】

眼疾患・顔面神経麻痺・味覚障害・アレルギー疾患

【配穴】

+束骨…頭痛〔瀉法:束骨、足通谷は深刺〕

+養老…視力低下・かすみ目

【私見】

・陽経における根結において、『入』の穴は絡穴と、胸鎖乳突筋周囲の2点がある。この頚の6点は、各経(筋)の病態を判断する診断点として使用できるように感じる。

・個人的には、上述の『入』と、頚前筋の分布になにかしらの関連を感じる。胸鎖乳突筋のすぐ裏には頸動脈鞘があり、脳の主要動静脈に加え、迷走神経も、この鞘に包まれている。このことから、胸鎖乳突筋上に分布する各『入』は、経筋のみならず、自律神経系や脳の代謝異常にも運用できるのではないだろうか?

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・経別第一合において、足太陽と足少陰は体内で「心に入り散じ」、共に「項」に出る。玉枕と天柱はその意味からも、膀胱/腎/心に関わる病態へのアプローチが期待できる。そのため守備範囲は非常に広い。 

・また足太陽膀胱経は、『複合的臓腑連関』から、小腸(手足太陽)と肺ともつながる。表証(風邪、感染性疾患など)には広く適用と考える。

・「天」の字がつくツボは、リンパ系の走行に多く分布している。免疫系への治療効果を期待できるかも。

・本穴は第2頚椎棘突起上縁に位置し、第2頚椎腹側には、交感神経幹の中で最も頭側にある上頚神経節がある。上頚神経節は、動眼神経・顔面神経・舌咽神経・迷走神経の副交感神経枝と連携して、瞳(毛様体筋)・涙腺・唾液腺および心臓の調節を行っている。本穴から刺入して、この上頚神経節に対して直接的なアプローチは困難だが、過去の経験上、本穴は視力障害、シェーグレン症候群、顔面神経麻痺、味覚障害、動悸や血圧異常といった、自律神経失調に対し、著効がみられる事が多い。脊髄神経後枝からの刺激の伝播によるものか?

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675