《アーユルヴェーダ・マルマ》, 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 膀胱, 足太陽膀胱経, 坐骨神経痛, 下殿神経, 仙骨神経後枝

膀胱兪(ぼうこうゆ)

BL28膀胱(pang2guang1shu4)(ぼうこうゆ)

【取穴】

仙骨部、第2後仙骨孔と同じ高さ、正中仙骨陵の外方一寸五分。

※BL32)次髎と同じ高さにある。

・筋肉:大殿筋/仙棘筋

・運動神経:下殿神経(大殿筋)・脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

【名の由来】

本穴が膀胱絡の兪穴である事から。

【要穴】

『膀胱兪穴』

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水』

〔瀉〕疏通膀胱・清熱利湿

【弁証主治】

◆膀胱虚証/腎病

成長発育不全、代謝不全、極度の痩せ・顔色が黒い・※癥積・腰痛・泌尿器、婦人科疾患〔瀉〕・下痢、排便異常・痔・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】

下肢マヒ

【弁証配穴】

『兪募配穴(膀胱):中極+膀胱兪』…膀胱病

【主症配穴】

+脾兪…未消化便

+関元兪…風邪の後の腰痛

【私見】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。膀胱炎などに。

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「kukundara(腰の凹部/骨のマルマ)」と呼ばれ、下肢マヒに治効があるとされる。

 

※癥積…お腹の中に明確なしこりがあり、痛みや張りが強く、位置が一定なもの。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 足太陽膀胱経, 小腸, 仙骨神経後枝

小腸兪(しょうちょうゆ)

BL27小腸(xiao3chang2shu4)(しょうちょうゆ)

【取穴】

仙骨部、第1後仙骨孔と同じ高さ、正中仙骨陵の外方一寸五分。

・筋肉:腰背腱膜(胸腰筋膜)/多裂筋(脊柱起立筋)

・運動神経:脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

※BL31)上髎と同じ高さにある。

※妊娠月経圧診点(子宮頚部異常の診断点)に近い。

※前立腺圧診点(前立腺異常の診断点)に近い。

【名の由来】

本穴が小腸絡の兪穴である事から。

【要穴】

『小腸兪穴』

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水』

〔瀉〕清熱利湿

【弁証主治】

◆小腸虚証

過敏性腸症候群、心身症的な胃腸症状・躁鬱、統合失調症・顔が赤い・ひどい冷えなど

◆腎病

成長発育不全、代謝不全・泌尿器、婦人科疾患 〔瀉〕・下痢など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【弁証配穴】

『兪募配穴(小腸):関元+小腸兪』…小腸病

【主症配穴】

+長強〔瀉〕…二便不通

【私見】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。本穴は特に液の異常(湿熱や陰虚など)に関しては効果が高い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

《経外奇穴》, 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 腰神経後枝, 足太陽膀胱経, 大腸, 消化器疾患, 上殿神経, 下殿神経, 仙骨神経後枝

大腸兪(だいちょうゆ) ※腰宜(ようぎ) ※腰眼(ようがん)

BL25大腸(da4chang2shu4)(だいちょうゆ)

【取穴】

上背部、第4腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

・筋肉:腰背腱膜(胸腰筋膜)/脊柱起立筋

・運動神経:脊髄(腰)神経後枝

・知覚神経:脊髄(腰)神経後枝

・血管:腰動脈

【名の由来】

本穴が大腸絡の兪穴である事から。

【要穴】

『大腸兪穴』

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎利水・腸腑健固・伝化促進』

〔瀉〕通腸導滞・大腸気機調節・去邪散滞

【弁証主治】

◆大腸病

腹張、胃腸虚弱・排便異常・アレルギー疾患・脈浮など

◆腎病

成長発育不全、代謝不全・不妊・生理不順・陰嚢腫大・陰茎痛・夢精・排尿困難・夜間頻尿・尿が赤黄・下痢・脈沈遅など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆督脈病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【弁証配穴】

『兪募配穴(大腸):大腸兪+天枢』…大腸病

【主症配穴】

+関元〔補〕…※霍乱・便漏れ

+二白…痔

【私見】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

・『水兪五十七処』の“腎兪”に数えられる。大腸と腎は子午の表裏でもあるので、腎病および津液代謝の異常に関しては効果が高い。

 

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

 

────────────────

※腰宜(yao1yi2)(ようぎ)

※経外奇穴(新穴)。現代-針灸孔穴及其療法便覧-

【取穴】

上背部、第4腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

・筋肉:大殿筋・中殿筋

・運動神経:下殿神経(大殿筋)・上殿神経(中殿筋)

・知覚神経:中殿皮神経

・血管:上殿動脈

【由来】

「宜=適宜」。本穴が、腰痛の阿是穴として広く用いられてきた事から。

【主治】

腰痛・婦人科疾患

 

────────────────

※腰眼(yao1yan3)(ようがん)・鬼眼 

※経外奇穴。-肘後備急方-

【取穴】

上背部、第4腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸五分。

・筋肉:腰背腱膜(胸腰筋膜)・大殿筋

・運動神経:下殿神経(大殿筋)

・知覚神経:中殿皮神経

・血管:上殿動脈

【由来】

本穴のある部位が、眼窩のようにくぼんでいる事から。

【主治】

糖尿病・肺結核・腎下垂・腰痛・頻尿・婦人科疾患・睾丸炎

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675