肋間神経, 任脈

紫宮(しきゅう)

 

CV19紫宮(zi3gong1)(しきゅう)

【取穴】

前胸部、前正中線上、第二肋間と同じ高さ。

・知覚神経:肋間神経前皮枝

・血管:内胸動脈の枝

【名の由来】

「紫=君主を示す色」。任脈が此所に至って、内は心に会合する事から。(「紫=赤色=血脈」とするものも)

【作用】

〔瀉〕寛胸理気・止咳平喘

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】

喉痛・喘息・吐血・嘔吐

【配穴】

+太渓…咳逆・胸焼け〔紫宮は瀉〕

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

肋間神経, 任脈

中庭(ちゅうてい)

CV16中庭(zhong1ting2)(ちゅうてい)・竜頷

【取穴】

前胸部、前正中線上、胸骨体下端の中点。

・知覚神経:肋間神経前皮枝

・血管:内胸動脈の枝

【名の由来】

「庭=宮殿の前庭」。本穴が内部に心を蔵し、胸部の平らな様が庭を思わせる事から。

【作用】

〔瀉〕寛胸消脹・降逆止嘔

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】

喘息・小児の嘔吐〔灸瀉〕・食道炎・肺結核・心痛・胃酸過多

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

ED、男性生殖器疾患, 肋間神経, 衝脈, 足少陰腎経, 婦人科疾患, 慢性疲労、虚弱体質, 消化器疾患, 任脈

陰交(いんこう)

 

CV7陰交(yin1jiao1)(いんこう)・丹田・横戸・少関・小関

【取穴】

下腹部、前正中線上、臍中央の下方一寸。

・筋肉:白線

・知覚神経:肋間神経前皮枝

・血管:浅腹壁動脈、下腹腔動脈

※キュンメル点(虫垂炎の診断点)に近い。

【名の由来】

任・衝・足少陰の三陰経が交わる場所である事から。

【交会】

・経絡(3):任脈-衝脈-足少陰経

※甲乙経に「任脈、気衝之会」とある。

【作用】

〔瀉〕調経固帯・利水消腫

【主治】

◆任/衝脈/足少陰経病「逆気して裏急す」

泌尿器、婦人科疾患(生理痛・婦人科系の疼痛、しこり)

身体が膨張したように感じる(自律神経失調、更年期障害・鼻血・喘息、梅核気・皮膚静脈炎)〔瀉〕・

身体が縮んだように感じる(冷え性〔灸200~300壮〕・認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下)・※ 奔豚)〔補〕 など

 

【配穴】

+湧泉…下腹部痛(鋭い痛み・腹部のしこり・陰部のひきつれ)〔瀉法〕

+委陽…排尿障害〔瀉法〕

+石関…不妊

【私見】

・難経第三十一難には、下焦の病を治す場として「臍下一寸」としている。

・和漢三才図会には「妊婦禁灸」とある。要注意。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

ストレス/不安障害、パニック障害, 禁鍼穴, 肋間神経, 背兪穴「補虚/交感神経賦活」, 胸神経後枝, 胸背神経, 脾(膵), 足太陽膀胱経, 小児の病, 慢性疲労、虚弱体質, 治熱五十九兪, 消化器疾患

脾兪(ひゆ)

 

BL20)(pi2shu4)(ひゆ)

【取穴】

上背部、第11胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

※ボアス・エワルド圧診点(胃・十二指腸潰瘍の診断点)に近い。

・筋肉:広背筋・胸腰筋膜/下後鋸筋上縁/脊柱起立筋

・運動神経:胸背神経(広背筋)・肋間神経(下後鋸筋)・胸神経後枝(脊柱起立筋)

・知覚神経:胸背神経(広背筋)・肋間神経(下後鋸筋)・胸神経後枝(脊柱起立筋)

・血管:肋間動脈

【名の由来】

本穴が脾絡の兪穴である事から。

【要穴】

『脾兪穴』

『標本:足太陰之標』

【作用】

〔補〕補脾益気・健脾益胃・脾陽温補・温脾制湿

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清瀉脾熱・駆邪散滞』

【弁証主治】

◆(脾)虚証

貧血、血液疾患・胃腸虚弱、萎縮性胃炎、※積聚・軟便・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

◆足太陰経病

嚥下困難・胸苦しさ、心窩部痛など・股関節痛・膝痛・足第1指のマヒなど

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【弁証配穴】

『兪募配穴(脾):章門+脾兪』…脾病

『兪原配穴(脾):脾兪+太白』…脾虚証〔補法〕

【主症配穴】

『小児斜差の灸穴:肝兪〔灸…男は左:女は右〕+脾兪〔灸…男は右:女は左〕/小児諸症・疳の虫』

『胃の六つ灸:脾兪+膈兪+肝兪/胃疾患』〔灸法〕

+腎兪…中風

+聴宮…心下之悲凄(PTSDのようなものか?)

+胃兪…たくさん食べるのに痩せる〔補法〕

+膀胱兪…未消化便・食欲不振

+幽門…下腹部の張り〔灸法〕

【私見】

・個人的には、背部兪穴と交感神経幹の関連を考えている。交感神経の状況に応じて、刺激の種類や強弱を変えるべきと考える。

・足太陽経の背部兪穴は、督脈の性質も帯びる。上記の交感神経幹との関連も含めて、施術法を吟味すべし。

・和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。脾に刺入する事を恐れた為か?

・『胃の六つ灸』は、老齢の慢性の逆流性食道炎(食後のむかつき)には、効果が高いように思える。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

肋間神経, 足太陰脾経, 内側胸筋神経, 外側胸筋神経

周栄(しゅうえい)

 

SP20周栄(zhou1rong2)(しゅうえい)・周営

【取穴】

前胸部、第2肋間、前正中線の外方六寸。

・筋肉:大胸筋/小胸筋

・運動神経:内側胸筋神経、外側胸筋神経(大胸筋)・内側胸筋神経(小胸筋)

・知覚神経:肋間神経外側皮枝

・血管:外側胸動脈・肋間動脈

※SP20)周栄、ST15)屋翳、KI25)神蔵は、第2肋間の曲線に沿って並ぶ。

【名の由来】

「周=全身」「栄=栄養」。脾気が本穴より出て全身を巡り栄養する事から。

【作用】

〔瀉〕寛胸理脾

【弁証主治】

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675