ED、男性生殖器疾患, 致命三十六穴, 陰部神経, 衝脈, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 後大腿皮神経, 意識障害, 任脈

会陰(えいん)

 

CV1)会陰(hui4yin1)(えいん)・屏翳(ping2iyi4)(へいえい)・鬼蔵(gui3cang2)(きぞう)・下極・金門・海底・下陰別

【取穴】

会陰部、男性は陰嚢根部と肛門を結ぶ線の中点、女性は後陰唇交連と肛門を結ぶ線の中点。

※側臥位あるいは膝胸位で、肛門と外生殖器の中央にある。

・筋肉:会陰腱中心・外肛門括約筋

・運動神経:陰部神経

・知覚神経:後大腿皮神経の会陰枝、陰部神経

・血管:内陰部動脈

【名の由来】

「陰=二陰(ここでは生殖器と肛門)」。本穴がその間にある事から。

【交会】

・経絡(3):任脈-督脈-衝脈(一源三岐)

・経別:第一合(肛門/足太陽の別れ入る処・足少陰の別れ合する処)

【作用】

〔瀉〕醒神鎮驚・通調二陰

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・慢性の痔、脱肛・下痢、ひどい血便・糖尿病など

◆督脈病(膀胱/腎)病

溺水窒息、意識障害・※脳風、痴呆・てんかん・痙攣、チック・シェーグレン症候群、膠原病・顔色が黒い・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる(自律神経失調、更年期障害・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

内眼眦痛・喘息・股関節痛・皮膚静脈炎など

【配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+三陰交…突発性の卒倒・意識障害〔瀉法〕

【私見】

・溺水窒息の場合以外は禁鍼とある。溺水窒息の場合、「人を逆さにしてを吐水し、会陰に鍼して之を補い、屎尿が出れば活く」とある。

・十三鬼穴の第十一穴。この場合は精神疾患というより、意識障害に対して。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・EDに対する新穴として、睾丸の下正中線上に「陽萎穴Ⅵ号」がある。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

発熱, 禁灸穴, 脛骨神経, 腰背部痛, 膝痛, 致残十八穴, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 坐骨神経痛, 後大腿皮神経

委中(いちゅう)

BL40)委中(wei3zhong1)(いちゅう)・(xue4xi4)(けつげき)・郄中・委中央・腿凹・曲目秋内

【取穴】

膝後面、膝窩横紋の中央。

※脛骨神経が深部を走る。

・知覚神経:後大腿皮神経

・血管:膝窩動脈

※委中は膝を軽く屈した状態で取ると良い。

【名の由来】

「委=曲がる」。本穴が膝窩中央に在る事から。

【要穴】

『足太陽経合土穴/下合穴(水経土穴/土克水)』

【交会】

・経筋:足太陽経筋の結す処(膕)

・経別:第一合(膕/足太陽の別れ入る処・足少陰の別れ合する処)

【作用】

〔補〕壮筋補虚

〔瀉〕駆邪散滞・通経活絡・利機腰膝

〔瀉血〕涼血解毒・清熱四肢

【弁証主治】

◆気逆(血熱)証「逆気而泄を治す/土克水」

発熱、※霍乱〔立位で”アキレス腱のばし”の体勢をとって取穴〕・黄疸、血液疾患・膠原病・鼻血・乳腺炎・痔、脱肛・下痢、ひどい血便・皮膚疾患など

◆膀胱/腎病

成長発育不全・てんかん発作、脳神経症状、運動機能障害・統合失調症・睡眠障害・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患・脈沈遅など

◆足太陽経(筋)病

発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・肩背部の痛みや冷え・脇痛・肘痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛など

【主症主治】

『四総穴「腰背委中求」/腰背部痛(寒さで悪化・身体を揺すれない)』

『馬丹陽天星十二穴/腰背部痛・膝痛〔瀉血〕』

【弁証配穴】

『募合配穴(膀胱):委中+中極』…膀胱実証

『原合配穴(太陽経):京骨+委中』…太陽経(経筋)病

『四彎穴:委中+曲澤〔瀉血〕』…血熱証・熱毒証

【主症配穴】

+太陽〔瀉〕…髄膜炎 〔ふくらはぎの血絡瀉血〕

+承漿…出血が止まらない〔瀉法〕

+魚際…肩背のひきつれ

+前谷…尿色の異常

+水溝…劇症腰痛・下肢の炎症〔瀉法〕

+腎兪…腰痛〔委中のみ瀉〕

+白環兪…腰背部痛〔脚膝に腫痛のある場合に、至陰を加える〕

+昆侖…手足のおもだるさ

【私見】

・合穴、水経土穴(土克水)である事から、太陽経への瀉法に用いるには都合がよい。

・和漢三才図会に「禁灸穴」とある。要注意。

・-美容と健康の鍼灸(張仁編著・浅野周訳/三和書籍)-によれば、「小児の急性灰白髄炎(ポリオ)予防の常用穴」とある。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により下肢マヒを生じる。

 

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

むくみ、冷え症, 股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 脛骨神経, 腰背部痛, 膝痛, 陽蹻脈, 足太陽膀胱経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 坐骨神経, 坐骨神経痛, 後大腿皮神経

委陽(いよう)

BL39)委陽(wei3yang2)(いよう)

【取穴】

膝後外側、大腿二頭筋腱の内縁、膝窩横紋上。

・筋肉:腓腹筋外側頭・大腿二頭筋

・運動神経:脛骨神経・坐骨神経

・知覚神経:後大腿皮神経

・血管:外側上膝動脈

※軽く膝を屈曲すると、大腿二頭筋腱が顕著になる。

【名の由来】

「委=曲がる」「陽=外側」。本穴が膝窩外側に在る事から。

【要穴】

『三焦経下合穴』

『足太陽之別絡』

【交会】

・経絡(2):足太陽経-(陽蹻脈)

※一説には陽蹻脈の会とも。

【作用】

〔瀉〕舒筋利節

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪、悪風発熱・発熱による疼痛など

◆三焦実証「逆気而泄を治す」

多汗・21:00~23:00あるいは09:00~11:00の異常など

◆陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

半身不随・てんかん・統合失調症、不眠・内眼眦痛〔巨刺法〕・腰背部痛・腓骨神経痛、下肢外側のこわばり、外反足・部位がはっきりしない疼痛など

【主症主治】

膝痛・こむら返り・下肢マヒ・むくみ

【弁証配穴】

『募合配穴(三焦):委陽+石門』…三焦実証〔瀉法〕

【主症配穴】

+天池…腋窩リンパ節腫

+陰交…排尿障害〔瀉法〕

【私見】

・三焦が気の生ずる所である事を考えると、全身の気機と水道の調整に効果が高いかと思われる。

・同じ腰痛に対してでも、委中は瀉血・委陽は筋痺の要穴。

・陽が病むと寒を生ず。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

膝痛, 足太陽膀胱経, 坐骨神経, 後大腿皮神経

浮郄(ふげき)

BL38)(fu2xi4)(ふげき)

【取穴】

膝後面、大腿二頭筋腱の内縁、膝窩横紋の上方一寸。

・筋肉:大腿二頭筋・腓腹筋外側頭

・運動神経:坐骨神経(総腓骨神経幹が走る)

・知覚神経:後大腿皮神経

・血管:外側上膝動脈

※軽く膝を曲げ、大腿二頭筋腱の内縁、BL39)委陽の上方一寸にある。

【名の由来】

「浮=漂う」「郄=隙間」。本穴が膝窩の広い隙間の中に在る事から。

【作用】

〔瀉〕舒筋利節

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛な・尿道炎・便秘など

【主症主治】

股関節のこわばり・膝痛・こむら返り

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675