ED、男性生殖器疾患, 致命三十六穴, 陰部神経, 衝脈, 十三鬼穴(多動性精神疾患), 後大腿皮神経, 意識障害, 任脈

会陰(えいん)

 

CV1)会陰(hui4yin1)(えいん)・屏翳(ping2iyi4)(へいえい)・鬼蔵(gui3cang2)(きぞう)・下極・金門・海底・下陰別

【取穴】

会陰部、男性は陰嚢根部と肛門を結ぶ線の中点、女性は後陰唇交連と肛門を結ぶ線の中点。

※側臥位あるいは膝胸位で、肛門と外生殖器の中央にある。

・筋肉:会陰腱中心・外肛門括約筋

・運動神経:陰部神経

・知覚神経:後大腿皮神経の会陰枝、陰部神経

・血管:内陰部動脈

【名の由来】

「陰=二陰(ここでは生殖器と肛門)」。本穴がその間にある事から。

【交会】

・経絡(3):任脈-督脈-衝脈(一源三岐)

・経別:第一合(肛門/足太陽の別れ入る処・足少陰の別れ合する処)

【作用】

〔瀉〕醒神鎮驚・通調二陰

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・慢性の痔、脱肛・下痢、ひどい血便・糖尿病など

◆督脈病(膀胱/腎)病

溺水窒息、意識障害・※脳風、痴呆・てんかん・痙攣、チック・シェーグレン症候群、膠原病・顔色が黒い・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる(自律神経失調、更年期障害・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

内眼眦痛・喘息・股関節痛・皮膚静脈炎など

【配穴】

『十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕

+三陰交…突発性の卒倒・意識障害〔瀉法〕

【私見】

・溺水窒息の場合以外は禁鍼とある。溺水窒息の場合、「人を逆さにしてを吐水し、会陰に鍼して之を補い、屎尿が出れば活く」とある。

・十三鬼穴の第十一穴。この場合は精神疾患というより、意識障害に対して。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。骨盤腔内臓器の損傷。

・EDに対する新穴として、睾丸の下正中線上に「陽萎穴Ⅵ号」がある。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

ストレス/不安障害、パニック障害, 脛骨神経, 脳、神経症状, 腰背部痛, 衝脈, 足厥陰経筋, 足厥陰肝経, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 原穴, 各種依存症, 深腓骨神経, 代謝障害

太衝(たいしょう)

 

LR3太衝(tai4chong1)(たいしょう)・大衝

【取穴】

足背、第1・第2中足骨間、中足骨底接合部遠位の陥凹部、動脈拍動部。

※前脛骨動脈幹が弓状動脈を形成する分岐部にあたる。

※第1・第2中足骨底部に向かって擦上したときに、陥凹部にある。

・筋肉:第1背側骨間筋

・運動神経:外側足底神経(脛骨神経の枝)

・知覚神経:深腓骨神経

・血管:第1背側中足動脈

【名の由来】

「太衝=大きな要衝」。本穴が足厥陰経の原穴であり、旺盛な気血がめぐる事から。

※「太衝」には穴名以外に、「内踝の上、足三陰の交わる処(太渓・復溜・交信・三陰交・筑賓・陰谷の6穴の総称…6穴については諸説あり)」という意味もある。

【要穴】

『肝原穴』

『足厥陰経兪土穴(木経土穴/木克土)』

【交会】

・経絡(2):足厥陰経-衝脈 ※一説には衝脈との交会とも。

・経別(第二合):足厥陰の別れる処(跗上)

【作用】

〔補〕補養肝血・補益原気

〔瀉〕『四関穴/疏肝理気・平肝熄風・熄風潜陽・散寒理気・疏筋活絡』

【弁証主治】『四関穴』

◆肝/心包(小腸)病

血液疾患(黄疸)・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・※奔豚(激しい動悸・脈浮洪・呼吸困難・しゃっくり、げっぷ・吐き気・脇肋の不快感)・摂食障害(過食症・拒食症)・眼痛・耳鳴、難聴・臍左の強い拍動・過敏性腸症候群・下血・便秘・痔・手足の火照り・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆足厥陰経(筋)病「体重節痛を治す/肝主筋」

性欲の異常、EDあるいは勃起の異常継続・陰部の痒み・下腿内側~内股のひきつれ・内踝前の痛み・足母指痛・筋力低下、筋肉がつりやすいなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる〔補〕

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

痴呆・自律神経失調、更年期障害・泌尿器、婦人科疾患・皮膚静脈炎など

【主症主治】

『馬丹陽天星十二穴/てんかん発作・チック・視野障害・梅核気、呼吸困難・腰痛・股関節痛、鼠径ヘルニア・下肢マヒ』

【弁証配穴】

『兪原配穴(肝):肝兪+太衝』…肝血虚証〔補法〕

『原絡配穴(肝⇒胆):太衝+光明』…肝所生病

『原募配穴(足厥陰経):太衝+期門』…足厥陰経是動病

『二原配穴(心肝):太衝+腕骨』…心肝火旺証〔瀉法〕

『二原配穴(心肝):太衝+大陵』…心肝血虚証〔補法〕

【主症配穴】

+百会…めまい・四肢の痙攣

+四神聡…頭頂部痛

+行間…頬の痙攣

+然谷…腹部の打撲、内出血〔然谷、太衝付近の静脈から瀉血〕

+大敦…陰部のひきつれ・腫脹

+関元…虫下し〔太衝は瀉〕

+中封…足がひきつれて、うまく歩けない〔爪を使う強指圧でも可〕

【私見】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の対角にある臓腑経絡も主治する。すなわち本穴は、手太陽小腸経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「肝/心包/小腸」をつなぐ病状として、心因性の胃腸障害・性欲、食欲の異常亢進などには適応と考える。

・『四関穴(合谷/太衝)』は、穴位としての類似性はあるが、臓腑のつながりとしては遠い。個人的には、配穴ではなく、それぞれ個別に使うべきかと思う。

・太衝之脈の有無で生死(予後)の判断をしたと言う。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。パニック症候群に類する。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

足少陽経筋, 足少陽胆経, 浅腓骨神経, 井(木/金)穴「心下満を治す」

足竅陰(あしきょういん)

 

GB44)足竅陰(zu2qiao4yin1)(あしきょういん)

【取穴】

足の第4指、末節骨外側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

・知覚神経:浅腓骨神経

・血管:第4背側中足動脈の枝

【名の由来】

本穴の主治が頭竅陰と同様である事から。

【要穴】

『足少陽経井金穴(木経金穴/金克木)』

『根結:足少陽之根』

『標本:足少陽之本』

【作用】

〔補瀉〕清熱養陰

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱、炎症 〔巨刺瀉血〕、往来寒熱・リンパ節腫・多汗・意識障害・萎縮性舌炎〔金針で瀉血〕・萎縮性胃炎・出血傾向・脈弦急~洪数・※癰疽など

◆胆鬱証 「心下満を治す」

几帳面な性格、イライラして怒りやすい・強迫観念・悪夢・呼吸困難・胸苦しさ・瘕聚・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・外眼眦痛・急性の難聴、耳鳴・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・皮膚の乾燥など

【主症主治】

足首痛・足第4指の痛み、マヒ

【弁証配穴】

+光明+環跳…足少陽絡脈の実証〔繆刺法…反対側を瀉血〕

【主症配穴】

+手三里…上肢痛・手指のこわばり〔瀉法〕

+強間…頭痛〔瀉法〕

【私見】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高い。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

 

※癰疽・瘍疽…癤が一カ所に群生し、互いに癒合して大きな硬結を作るもの。潰瘍の大きいもの。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

禁灸穴, 股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 膝痛, 足少陽胆経, 坐骨神経

膝陽関(ひざようかん)

 

GB33膝陽関(xi1yang2guan1)(ひざようかん)・寒府・足陽関・関陽・陽陵・関陵

【取穴】

膝外側、大腿二頭筋腱と腸脛靱帯の間の陥凹部、大腿骨外側上顆の後上縁。

・筋肉:腸脛靭帯・大腿二頭筋腱

・運動神経:坐骨神経

・知覚神経:外側大腿皮神経

・血管:外側上膝動脈

【名の由来】

本穴が大腿骨外側(陽)の関節部にある事から。「寒府=寒邪が集まる処」である為、此所に陽を導き、上陰下陽の平衡を為すとの意も。

【作用】

〔瀉〕舒筋利節・温経散痛

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】

外側大腿皮神経痛・膝痛、腸脛靭帯炎・下腿のひきつれ・リウマチ性関節炎

【主症配穴】

+侠渓…膝、股関節痛〔瀉法〕

【私見】

・甲乙経・和漢三才図会に「禁灸穴」とある。要注意。

・個人的には「関」の付く経穴は、筋骨格系の疼痛に有効なように感じる。本穴に関しては、膝痛、股関節痛に対して有効かと思う。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

神経変性疾患, ED、男性生殖器疾患, 脛街/血海, 脛骨神経, 膝痛, 衝脈, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 大腿神経・伏在神経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

陰谷(いんこく)

 

KI10)陰谷(yin1gu3)(いんこく)

【取穴】

膝後内側、半腱様筋腱の外縁、膝窩横紋上。

・筋肉:半腱様筋・半膜様筋

・運動神経:脛骨神経

・知覚神経:伏在神経

・血管:膝関節動脈網

【名の由来】

本穴が膝内(陰)側、筋腱の陥凹部にある事から。

【要穴】

『足少陰経合水穴(水経水穴/水気の強い穴)』

【交会】

・経筋:足少陰経筋の結す処(内輔の下/脛骨内側顆)

【作用】

〔補〕滋腎清熱

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】

◆足少陰経(筋)病/気逆/衝脈病「逆気而泄を治す/逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

膝痛

【私見】

・水陰経の水穴は全経穴中、最も水陰性が強い。五行に基づけば、木性(肝/胆・筋・眼など)に対する補法にも応用できるが、【複合的臓腑連関】に基づけば、「水」と「木」の間には「もうひとつの火(心/小腸)」が挟まる。 故に本穴は、木性への波及効果はあまりないと考える。

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精-血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。 しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

発汗調整, 経(金/火)穴「喘咳寒熱を治す」, ED、男性生殖器疾患, 脛街/血海, 脛骨神経, 衝脈, 足少陰腎経, 大腿神経・伏在神経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

復溜(ふくりゅう)

 

KI7復溜(fu4liu1)(ふくりゅう)・復白・伏白・胃陽・外命・外命兪・昌陽

【取穴】

下腿後内側、アキレス腱の前縁、内果尖の上方二寸。

・筋肉:踵骨腱・長母趾屈筋・長趾屈筋

・運動神経:脛骨神経

・知覚神経:伏在神経

・血管:後脛骨動脈

※KI8)交信と同じ高さで後方にある。

【名の由来】

「復溜=伏し留る」。足少陰脈気が本穴で一度停留する事から。

※子午流注説難の「其太溪是正经之脉、复从内踝稍后、二寸此溜」に由来するとも。

【要穴】

『足少陰経経金穴(水経金穴/金生水/自経母穴)』

【作用】

〔補〕培補腎陰・滋陰宣肺・益髄健脳・滋陰降火・壮筋補虚

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・開竅腠理』

【弁証主治】

◆腎虚証/肺腎両虚証「喘咳寒熱を治す/虚すれば其の母を補う」

発熱畏寒・発汗異常・鼻、口唇、肌の乾燥・咳嗽、喘息・成長発育不全・代謝不全・排便異常・痔・脈沈遅・17:00~19:00あるいは05:00~07:00の異常など

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(不眠・泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

内踝痛・踵痛・足底痛・足5指痛

【主症配穴】

+合谷…発汗調整

+水分…お腹が張る・むくみ・腹水

+承山…痔・腹痛

+委中…腰背部痛

+腎兪…頻尿・むくみ

【私見】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精、血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・甲乙経に「刺無多見血」とある。出血は控えるべきか?

・古典では総じて、多汗には復溜を補し、無汗には復溜を瀉す記述が多い。また発汗調節には「合谷」との配穴が多くみられる。

・個人的には、肺/腎というより、肺/大腸との関係を念頭に、選穴すべきと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

神経変性疾患, 脛骨神経, 陰蹻脈, 足少陰腎経, 八宗穴/八脈交会穴, 大腿神経・伏在神経

照海(しょうかい)

 

KI6照海(zhao4hai3)(しょうかい)・陰蹻

【取穴】

足内側、内果尖の下方一寸、内果下方の陥凹部。

・筋肉:後脛骨筋腱・長趾屈筋腱・長母趾屈筋腱

・運動神経:脛骨神経

・知覚神経:伏在神経

・血管:後脛骨動脈

※KI6)に対応する外側の経穴はBL62)申脈である。

※足根洞(距骨と踵骨の間にある溝)にうまく入れば深刺も可。

【名の由来】

「照=光火」「海=流れがまとまる深処」。腎は水火の臓であり、水中に火が有る様を喩えて。

【要穴・交会】

『八脈交会穴(×陰蹻脈)/陰蹻脈発所』

※正穴中、特に奇経の性質が強い。

【作用】

〔補〕滋陰補腎

〔瀉〕利咽明目・寛胸快膈・通経安神・清熱利湿

【弁証主治】

◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

てんかん・寒熱症状、自律神経失調 ・視力低下、眼裏痛・※昌陽脈腰痛・疝痛・下肢内側のこわばり、O脚・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

◆足少陰経病

貧血、血液疾患・痴呆・喘息・老化症など

【配穴】

『八脈交会配穴:照海+列缺/さまざまな難病(パーキンソンなど)・喉の諸症(痰が喉につまるなど)』〔瀉血〕

+天突/廉泉…梅核気

+中極…陰部の掻痒〔瀉法〕

+京門…排尿障害・尿が黄色い〔瀉法〕

【私見】

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・『列缺+照海』の配穴は、肺/腎の関係というより、絡穴の性質(表裏をつなぐ)を介しての大腸/腎の卯酉関係に基づくものと考える。手陽明大腸経との配穴をもう少し研究すべきか?

・陰を病むと熱を生ず。

 

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※-素問刺腰痛篇第四十一-に記載の『昌陽之脈』を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675