未分類

ボケない食事?-記憶と食事の関係性-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

前回、このブログで取り上げた「記憶力と膵臓の関係」。

その後、自分でも色々しらべてみたのですが・・・なかなか興味深いはなしが脳と膵臓の間にはあるようです。

なので今回は東洋医学、あんまり関係しませんが、「記憶と膵臓の関係性 その2」を。

前回のNHKスペシャル『人体』では、膵臓からでる「インスリン」が、脳の記憶細胞を増やす働きがあるとしていました。

このインスリンというホルモンは、食事から吸収された”糖”が血中に増える・・・つまり血糖値が上がると、自動的に膵臓から分泌されます。

筋肉や脂肪や肝臓に働きかけて血糖値を下げ、さらに脳にも直接作用しているということですが・・・

このインスリンの量は記憶力と密接にかかわるらしく、空腹時(インスリン少ない)には記憶力が上がる という研究結果もあります。

つまり 「満腹で記憶細胞が増え、空腹で記憶力が高まる」 ということ。

肝腎なのはこの、メリハリ。

インスリンが記憶細胞を増やすからといって、のべつまくなし甘いモノを食べていると・・・インスリンに脳が馴れてしまい、細胞を生み出さなくなってしまいます。

最近では、アルツハイマー病も、その実態は「脳の糖尿病」である可能性が高まっているとか。

脳を健やかに保つには「膵臓に負担をかけない(適度な炭水化物とたくさんの繊維質)食事」「食事のメリハリ」。

まずは・・・間食をやめ、お菓子類は手元に届く距離に置かないこと。

食事の前には、しっかり「空腹」を実感できるよう、日々の食事の量や内容、食事の間隔を調整すること。

「空腹」もまた「良薬」です。

永く元気な生活のためにも、今一度、食習慣を見直しましょう!

 

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中