くらしのツボ, はりにまつわる物語, NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から, 動きの東洋医学

若さの門は『足首』にあり?-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ここ最近、興味深く視ている、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。

東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマは・・・『骨』でした。

番組では、骨を『若さの門番』と位置づけ、骨が放つ様々なホルモンが、「記憶力」「免疫力」「筋力」「生殖力」に対して、とても重要な役割をしている。としていました。

よもや骨までがホルモンを放出しているというのは、ちょっと驚き。

さて、番組で取り上げられていた『骨にまつわる4つの力』。

東洋医学では【骨】自体も含めて、【腎】という臓器の働きとしてまとめられます。

以前のブログでも書いたように、【腎】は精力や動作の機敏さ・・・つまり若さを司る臓。

そして、この【腎】から身体へと巡る経絡の一つに、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】という流れがあります。

この脈は古来、別名『復命関』や『死生根』、『桃康』などと呼ばれ・・・不老不死の要として、道家(仙人を目指す人々)に注目されてきました。

興味深いのは、この脈のツボとして真っ先に挙げられるのが、内くるぶしの下にある【照海(しょうかい)】であること。

骨が出すホルモンは、「走ること、歩くこと、ジャンプすることの衝撃が骨に伝わることで、放出が活性化する」とのこと。

つまり、足首に適度な衝撃が加わる生活を続けることこそ、不老不死、アンチエイジングの要ということかと。

乗り物で移動し、オフィスについたら一日中、椅子に座りっぱなし。

という生活をしていたら、いくらサプリを飲もうがエステにいこうが、『骨』は応えてくれません。

歩いて、走ってジャンプして・・・

アンチエイジングの意思をしっかりと『骨』に伝えましょう!

 

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第4回目は、明日の夜。

テーマは『腸』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

広告

“若さの門は『足首』にあり?-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中