くらしの薬膳, ダイエット, バランス向上

『歯』が語る食のバランス -犬歯はなんのためにある?-

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年は戌年。

ハチ公の例を挙げるまでもなく、イヌの誠実さは、ヒトにとっての最上の癒しの一つ。

今年はイヌを大いに見習って・・・今までよりさらに誠実に、愚直に、皆さまの健康のお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

さて

ヒトの身体の中で「イヌ」と名がつく部位といえば・・・『犬歯』。

この『犬歯』、獲物を襲い肉を引き裂くための・・・つまり闘争と肉食に適した歯です(写真はライオン)。

草食動物にも犬歯はありますが、象やイノシシを見る限り、主に異性にもてる(これも立派な闘争)ために大きくなっているようです。

そしてヒトの歯32本のうち、肉食用の歯は4本(写真はご先祖さま、ネアンデルタール人の骨格復元。いまのヒトは親知らず抜いちゃうので・・・)。

それ以外は、柔らかい果実や草を摘み取るための切歯(前歯)が8本と、硬い繊維質のものをすりつぶすための臼歯(奥歯)が20本・・・

つまり

肉:葉物野菜や果実:穀物や根菜 = 4:8:20 = 1:2:5

 

どうでしょう?皆さんの食生活、この歯にマッチしてますか??

昨今は、低炭水化物ダイエットが大流行。

確かに過剰な炭水化物の摂取は禁物ですが、タンパク質(肉)ばかり食べれば良いってわけでもありません。

むしろ、なにを食べるかより、どんな硬さのものを食べるかを意識して。

歯をしっかり使うという行為は、

脳にとっても(噛む刺激が、認知機能を高めるという研究があります)

胃腸にとっても(消化器への負担が減ります)

免疫にとっても(繊維質の多いものは、腸内環境を調えます)

姿勢にとっても(ヒトは構造上、猫背では強い咬合力が出せません)

そしてダイエットにとっても(よく噛むことは、満腹中枢を早く刺激するので、少ない量で満足感がでます)、有意義です。

2018年。ぜひ今年は、食生活から見直してみましょう。

当院はそのお手伝いに、手間を惜しみません。

皆さま、本年も【はりきゅう治療院伍行庵】を、よろしくお願い申し上げます。

 

クービック予約システムから予約する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中