未分類

東洋医学版【人体ネットワーク】-NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先週末、NHKで、とても興味深いシリーズが始まりました。

NHKスペシャル『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。

一昔前の医学では、「脳が身体を支配している」というのが常識でしたが・・・ 最新の研究では、「各臓器は脳を介さず・・・むしろ脳も胃腸も同じ立場で情報をやり取りし、体内のバランスを保っている」ということが分かってきたのだとか。

(血流に情報物質を載せて会話をするそうなので、神経だけでなく血管も情報伝達路と云えるそうです)

つまり身体は、「脳による専制君主制」ではなく「全臓器の合議制」で成り立っているということ。

実は東洋医学にも・・・五臓六腑がそれぞれ官職を振り分け、お互いに影響しあい、人体という「国」を運営しているという考え方があります。

故に東洋医学では、臓器を切り取るような外科手術が発展しなかったようです。

最近の医学研究の成果は、西洋医学と東洋医学の相違を少しづつ溶かしているな気がするのは・・・自分だけでしょうか?

このシリーズ、ぜひ追っかけて・・・その時のテーマに上った臓器を、東洋医学ではどう考えているのか?

について、このブログでは書いていこうかと。

次回は【腎臓】です。

当院は皆様によりよい施術を行うため、日々勉強を怠りません。 お身体のお悩み、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

広告

“東洋医学版【人体ネットワーク】-NHKスペシャル『人体』を東洋医学の視点から-” への 3 件のフィードバック

  1. おぉ、これはよく纏めて下さいましたね。有難うございます。
    「FBにシェア」並びに「しんきゅうコンパスのコラムにご紹介」など、お許しいただけますか?
    自己紹介が前後いたしましたが、鍼灸大好き大阪のhari-bahbaこと、こばし鍼灸院 小正と申します。よろしくどうぞ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中